Windows PowerShell超入門 [4.0対応]

Windows PowerShell超入門 [4.0対応]

¥2,000+税

品種名
書籍
発売日
2014/7/23
ページ数
256
サイズ
A5判
著者
新丈 径 著
ISBN
9784844336235

WindowsユーザーのためのPowerShell活用術

Windows PowerShellは、Windows環境におけるオブジェクトベースの管理ツールとして、非常に有用なツールです。すでにWindowsシステムの管理者にとっては、なくてはならない存在です。しかし、高機能であるがゆえに、一般ユーザーにとっては、使いこなすのが難しいのも事実です。そこで本書では、一般ユーザーがPowerShellを利用し、ファイルやテキスト処理を効率よく行うために必要な知識として、PowerShellのコマンドラインでの操作や、文法解説や関数、スクリプトの作成について、数多くの事例を交えながら解説します。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

■著者からのメッセージ

Windows上の操作やアプリケーションの操作で、同じことを何度も繰り返すことに焦燥感を抱いたことはありませんか? そういう経験のある方には、PowerShellはかなり役立つツールになるでしょう。繰り返しの処理が面倒だと思ったら、ちょっと立ち止まってPowerShellの関数やスクリプトを使ってみてください。意外なほど簡単に問題が解決するかもしれません。おそらく、ものぐさな人にとってこそ、PowerShellは有効なツールです。


■編集者からのメッセージ

Windows PowerShellの書籍は、IT Proを対象とした書籍がほとんどですが、本書は、コマンドプロンプトの操作ができるパワーユーザーや若手ITエンジニアでも理解できるように解説されています。しかも、この種の解説書としては2000円という、手に取りやすい価格に設定しました。


■著者プロフィール

新丈 径

情報工学系の大学在籍中にコンピュータ関連書籍の編集などに関わることになる。その後、IT業界とつかず離れずの関係を続けること数十年。現在は、主にIT関連のOS、プログラミング、システム管理などのIT技術書の執筆/編集/翻訳を生業としている。

目次

はじめに

第1章Windows PowerShellとは
1.1 仮想的なOS環境の管理ツール
1.2 PowerShellの進化の履歴
1.3 Windowsユーザーにとっての用途
1.4 PowerShellの特徴
1.5 PowerShell 4.0のインストール

第2章PowerShellを使ってみよう
2.1 コマンドレットを使ってみよう
2.2 もう少し高度な使い方をしてみよう

第3章変数とオブジェクトを操作する
3.1 変数の使い方
3.2 PowerShellが扱えるオブジェクト

第4章さまざまな演算子と式の使い方
4.1 演算子 ?四則演算、比較、ビット演算?
4.2 式 ?変数や演算子を組み合わせる?
4.3 文 ?処理を制御する?

第5章関数とフィルタを作る
5.1 関数定義文
5.2 変数のスコープ

第6章スクリプトを書いてみよう
6.1 スクリプトを書くための準備
6.2 wcを自分で作ってみる
6.3 whichを作ってみる
6.4 touchを作ってみる
6.5 Wordドキュメントを操作してみる

索引

関連書籍

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム