ニコン D810完全ガイド

ニコン D810完全ガイド

¥2,000+税

品種名
ムック
発売日
2014/9/3
ページ数
128
サイズ
A4変形判
著者
デジタルカメラマガジン編集部 編
ISBN
9784844336648

「大人気・デジタルカメラマガジン責任編集の機種別カメラムックシリーズ」に ニコン D810完全ガイドが登場!約3,635万画素による圧倒的“解像感”が撮影者の感性を呼び覚ます!“史上最高画質”を最大限に引き出すためのテクニックが満載!!(詳細をみる

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

「大人気・デジタルカメラマガジン責任編集の機種別カメラムックシリーズ」にニコン D810完全ガイドが登場!

約3,635万画素による圧倒的“解像感”が撮影者の感性を呼び覚ます!
“史上最高画質”を最大限に引き出すためのテクニックが満載!!

■スペシャルギャラリー
霊峰鳥海山水紀行(萩原俊哉)
STRANGE CUTIE(立花奈央子)
Night on Earth(丸田あつし)
Jamhuri ya Kenya(野口純一)
Paris Snap(藤田一咲)

■注目新機能
D810を現場でどう生かすのか
新機能の基本&活用ガイド

・解像感を高めるために最大限ブレを抑える
・新機能を便利に使うライブビュー撮影テクニック
・超低感度で実現できる長秒やボケを生かす表現
・写真が変わる! ピクチャーコントロール徹底活用術

■ハウツーガイド
D810だからこそ味わえる
圧倒的な画質と優れた操作性

・史上最高画質を体感せよ!! D810の解像力
・D800/D800Eから何が変わったのか? D810の注目トピック
・外観から分かるD810の性能 各部の名称と機能
・D810に搭載されている各種メニュー一覧 メニュー完全ガイド
・5カ所のボタンに多彩な機能を割り当てる ボタンカスタマイズ

■全機能解説
D810の機能と実践的な便利ワザ
全機能ビジュアルガイド

1.露出モード
2.露出補正
3.レリーズモード
4.画質モード
5.ISO感度/高感度ノイズ低減
6.ホワイトバランス
7.アクティブD-ライティング
8.オートフォーカス
9.ヴィネットコントロール
10.測光モード
11.自動ゆがみ補正
12.クロップ
13.オートブラケティング
14.HDR
15.再生

■フォトテクニック
被写体別にフレーミングがよくわかる!!
5シーン超実用テクニック

・自然風景×萩原俊哉
・都市風景×小野寺宏友
・ポートレート×立花奈央子
・飛行機×中野耕志
・夜景・星景×茂手木秀行

■RAW現像テクニック
Capture NX-Dで変わる新RAW現像ワークフロー

■レンズインプレッション
D810のポテンシャルを最大限に生かせる
おすすめレンズ18本

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR ?
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR

■Q&A
D810の「困った!」がスッキリ解決 Q&A形式トラブルシューティング

■インタビュー
D810で見えてきた高画素モデルの進化の方向性

関連書籍

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム