新・データベースメディア戦略。

新・データベースメディア戦略。

¥1,800+税

品種名
書籍
発売日
2008/3/28
ページ数
208P
サイズ
B5変型判
著者
橋本大也、宇佐美進典、潮 栄治、佐藤 崇、山田進太郎 著
ISBN
9784844325321

データベースをきっかけとしたWebビジネスのアイディアに気づく本。

独自性の高いデータベースを構築し、それをオープンにしてユーザー同士のコミュニケーションによって価値を高めていく。これからのWebビジネスにとって“価値のあるデータ”が成功の秘訣である。レコメンデーションエンジン、オープン化、ソーシャルグラフ、「Facebook」の躍進……。日本のWebビジネスの勝者が明かす新しいビジネスモデル。そして、米国で注目されるポストグーグルの最新動向を追う。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

■著者からのメッセージ
O'Reilly氏はそのことを踏まえて、今後Webサービスサイトが発展するために必要な2つのことを示唆したのだ。つまり、データこそがWebサービスにおける重要な『パーツ』」であること。そして、独自性の高いデータベースを構築し、運用しているサービスこそが、インテル社のような成功を手にすることができること、である。
実際に、AmazonやGoogle、Wikipediaなど勢いのあるサービスは、有用なデータを蓄積し、付加価値を与えることで成長を続けている。また、SNSやブログ、ソーシャルブックマークなどのソーシャルサイトは、ユーザーによってもたらされるあらゆるデータの宝庫といえるだろう。このように独自性のあるデータベースを構築している、あるいは蓄積したデータを活用しているWebサービスを、本書では「データベースメディア」と定義する。(本書「はじめに」より抜粋)

■著者プロフィール
橋本大也|データセクション株式会社|
はしもと・だいや●起業家、ブロガー。データセクション株式会社 代表取締役、株式会社早稲田情報技術研究所 取締役、株式会社ネットエイジ 取締役、株式会社メタキャスト 取締役、株式会社日本技芸 取締役、デジタルハリウッド大学 准教授「リサーチ&プランニング」、多摩大学大学院 経営情報学研究科 客員准教授「知識イノベーション論」、NPO法人オーバルリンクI/O 理事。ブログ「情報考学 Passion For The Future」を運営。

宇佐美進典|株式会社ECナビ
うさみ・しんすけ●トーマツコンサルティングを経てアクシブドットコム(現ECナビ)を創業し、懸賞サイト、価格比較サイト、ソーシャルブックマーク等のネットメディアを展開。2005年から株式会社サイバーエージェントの取締役(兼務)に就任し、メディア事業の副統括およびシステム全般を担当。

潮 栄治|株式会社きざしカンパニー|
うしお・えいじ●早稲田大学政治経済学部経済学科卒。マツダ株式会社、株式会社ベネッセコーポレーションを経て、2005年株式会社シーエーシーに入社。きざしプロジェクトに参画、同年9月kizasi事業推進室を設立、2007年1月、株式会社きざしカンパニーとして分社化。代表取締役社長。

佐藤 崇|エフルート株式会社|
さとう・たかし●エフルート株式会社 代表取締役社長。慶応義塾大学大学院社会学研究科修士課程卒業。2003年ビットレイティングス(現エフルート)を設立。モバイル検索サイト(froute.jp/エフルート)を中心にモバイルメディア事業を展開。著書に「ケータイ・ビジネス成功の新常識」。

山田進太郎|ウノウ株式会社|
やまだ・しんたろう●早稲田大学在学中に、楽天株式会社にて「楽天オークション」の立上げなどを経験。大学卒業後、フリーのWebディレクター&プログラマーに。2004年よりシリコンバレーに拠点を移す。日本から世界的サービスを作るため帰国し、ウノウ株式会社に組織変更。「フォト蔵」などの立ち上げでディレクションを行う。

目次

chapter
1 ユーザーがつくるデータベースメディア
       (データセクション株式会社/橋本大也)
1-1 データベースメディアとは?
1-2 データベースからコンテンツを生み出す技術
1-3 データベースメディアの未来


chapter
2 オープンDBを中心としたビジネスモデル
       (株式会社ECナビ/宇佐美進典)
2-1 データベースメディアの発展
2-2 既存サービスの常識を覆すオープン化
2-3 データベースメディアの収益構造
2-4 データベースメディアの運営


chapter
3 検索エンジンのチカラ
       (株式会社きざしカンパニー/潮 栄治)
3-1 「検索エンジン」の特性
3-2 データベースをもとにした新たな情報の生成
3-3 生み出した情報のコンテンツ化
3-4 生成した情報を活用したマッチング
3-5 今後の可能性


chapter
4 モバイルデータベースメディアの可能性
       (エフルート株式会社/佐藤 崇)
4-1 モバイルデータベースの種類
4-2 閉じた世界を開くモバイル検索サービス
4-3 モバイルデータベースの具体事例
4-4 データベースメディアのアプローチの手法


chapter
5 ソーシャルグラフが牽引する新たな領域
       (ウノウ株式会社/山田進太郎)
5-1 進化するデータベースメディア
5-2 構築するデータベースの選び方
5-3 データベースの見せ方
5-4 最強のデータベース「ソーシャルグラフ」
5-5 今後のデータベースメディアに求められるもの


付録 インタラクティブトーク
「データベースメディアのゆくえ」

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム