Redmine -もっと手軽にプロジェクト管理!

Redmine -もっと手軽にプロジェクト管理!

¥2,100+税

品種名
書籍
発売日
2009/7/24
ページ数
232P
サイズ
A5判
著者
倉貫義人 栗栖義臣 並河祐貴 前田直樹
ISBN
9784844327301

煩雑なプロジェクト管理を一刀両断。使いやすいツールで見通しのよい管理を!

Redmineは、オープンソースのプロジェクト管理ツールです。ソフトウェア開発プロジェクトでの大きな課題(バグ解消、機能開発、サポート対応)の進捗管理を効率良く行えます。本書では、プロジェクト管理入門から、Redmineの導入・運用、プラグインの追加・開発までをわかりやすく解説します。WindowsやLinuxへの導入方法だけではなく、インストール作業が不要なAmazon EC2の利用方法も紹介しています。新人SEの入門に、プロジェクトマネージャや開発者の実務に、幅広い局面でご活用いただけます。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細




■著者からのメッセージ
筆者たちは、「Redmineを使い始める際の後押しになれば」という思いで執筆しました。本書では、Redmineのセットアップや使い方を知ることができて、日々の運用の仕方などもわかります。導入から運用までよりスムーズに実施できるようになるでしょう。そうすれば、Redmineの数多くのメリットをより簡単に享受できるようになるはずです。

---「はじめに」より抜粋

目次

■著者プロフィール
倉貫義人 Yoshihito Kuranuki(1章担当)
TIS株式会社/社内ベンチャーSonicGarden代表
1974年生まれ。1999年、TIS(旧東洋情報システム)に入社。2003年に同社の基盤技術センターへ異動後、社内SNS「SKIP」の開発を行う。2008年11月にSKIP事業を専業とする社内ベンチャー「SonicGarden」の代表に就任。XP日本ユーザグループ代表。趣味は料理と犬の散歩。著書は『バグがないプログラムのつくり方』(翔泳社、2004年)。ブログは、http://kuranuki.sonicgarden.jp/


栗栖義臣 Yoshiomi Kurisu(2/4/5章担当)
株式会社はてな
1978年生まれ。大阪大学原子力工学科卒。大学卒業後にTISに入社。Webサイトや基幹系システムの構築などを経験した後、一念発起して、はてなへ。エンジニアリングディレクターとして「うごメモはてな」の開発を行っている。休日は子供と遊んだり映画を観たり。ブログは、http://d.hatena.ne.jp/chris4403/


並河祐貴 Yuki Namikawa(3/6章担当)
TIS株式会社/社内ベンチャーSonicGarden
1979年生まれ。立命館大学大学院修了。2004年にTIS入社。基盤技術センターに配属後、オブジェクト指向開発や、数々のオープンソースソフトウェアのほか、Xenなどのサーバ仮想化技術の検証・導入に注力。2008年よりSonicGardenでクラウドコンピューティングを活用したサービス構築・運用を実践。趣味はドライブとラーメン食べ歩き。ブログは、http://d.hatena.ne.jp/rx7/


前田直樹 Naoki Maeda(7章担当)
TIS株式会社/社内ベンチャーSonicGarden
1980年生まれ。富山大学工学部知能情報工学科卒。VimとRubyをこよなく愛するプログラマ。大学卒業後に大手SIerに就職するが、より高いスキルを身につけるために単身上京してITベンチャーに転職。現在はフリープログラマであり、SonicGardenでSKIPのコミッタとして活動。余暇にもプログラミングをしているので、最近はどこまでが仕事でどこまでが趣味か区別がつかなくなってきている。ブログは、http://d.hatena.ne.jp/maedana/



■もくじ

Chapter 1 ● プロジェクト管理をもっと楽に! 楽しく!
        [プロジェクト管理とRedmine]

    1/01 プロジェクト管理に効くRedmine
    1/02 Redmineの課題管理と考え方
    1/03 Redmineで得られる効果
    1/04 Redmine導入のポイント

Chapter 2 ● Redmineの使いどころ・勘どころ

    2/01 進捗状況を管理する
    2/02 個々人のタスクを管理する
    2/03 情報を一元管理する

Chapter 3 ● どうやって導入する?
        [Windows/Linux/Amazon EC2編]

    3/01 Redmineを使うためには
    3/02 Redmineをセットアップする手順
    3/03 Redmineのホスティングサービスを利用する
    3/04 クラウド上でRedmineを利用する

Chapter 4 ● プロジェクトメンバーはどう使う?

    4/01 ユーザの登録と削除
    4/02 プロジェクトの作成とメンバーのセッティング
    4/03 チケットの作成からウォッチ機能まで
    4/04 バージョンとロードマップ
    4/05 ガントチャートとカレンダー
    4/06 Wikiページの作成や編集
    4/07 文書
    4/08 ニュースの作成からコメントまで
    4/09 フォーラムとマイページ
    4/10 ソース管理システムとの連携

Chapter 5 ● システム管理者はどう設定する?

    5/01 管理者パスワードの変更
    5/02 ユーザの詳細設定
    5/03 プロジェクトの詳細設定
    5/04 ロール(役割)の詳細設定
    5/05 チケットの詳細設定
    5/06 カスタムフィールドの設定
    5/07 列挙項目の設定
    5/08 Redmineサイト全般の設定

Chapter 6 ● どう工夫して運用する?

    6/01 より良い運用を行うための設定
    6/02 データのバックアップ/リストア
    6/03 Redmineのバージョンアップ
    6/04 運用アプリケーションサーバの変更
    6/05 Amazon EC2仮想サーバのバックアップ

Chapter 7 ● プラグイン、どう追加する? どう作る?

    7/01 プラグインの追加
    7/02 プラグイン作りの流れ
    7/03 プラグインの雛形作り
    7/04 メニューへの登録と各MVCの編集

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム