• Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール

Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール

Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール

¥1,500+税

品種名
書籍
発売日
2009/10/16
ページ数
224P
サイズ
四六判
著者
山崎富美、野崎耕司、川井拓也、斉藤徹
ISBN
978-4-8443-2783-7

「Twitterはビジネスに活用できるのか?」という疑問に答えます

「ビジネスツールとしてのTwitter」「販促メディアとしてのTwitter」「顧客コミュニケーションツールとしてのTwitter」などをテーマに、ビジネスでの活用を前提としたTwitterマーケティングを解説します。実際に導入した企業の「経緯と目的、その効果、可能性」に関するレポート記事も収録するほか、Twitter米国本社の日本担当 松沢由香里氏のインタビューも掲載。


★Web担当者必携のノウハウ書がズラリ!

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

■ページイメージ



目次

第1章 ビジネスツールとしてのツイッター
ツイッターをビジネスに活用する前に/ツイッターはなぜ広まったのか/数値で見るツイッターの現状/ビジネスで活用できるツイッターの特性とリスク対策/ツイッターというツールを企業が使う上でのメリット/ツイッターを導入する前の5つのポイント/ツイッターを使う上で気をつけるべき4つのポイント/ツイッターのビジネスモデルと今後の方向性/特別インタビュー:松沢由香里氏 Twitter米国本社 Japan Country Manager etc.


第2章 販促メディアとしてのツイッター
いまのマーケティングの課題に応える「DRCA(ドルカ)モデル」/「Desire(気づく)」に向けての2つのアプローチ/「Recognition(分かる)」を促すニュース7つの要素/「Comparison(比べる)」ステップでは判断軸を提示すべし/ツイッターは「Action(買う)」をプッシュする/“特売チラシ”を超えるツイッター/ツイッターは顧客ロイヤリティー向上(CRM)にも使える/愛されるためのフレーム「TACR(タックル)」 etc.


第3章 ツイッタービジネス活用レポート
6社それぞれのツイッター担当のやり方/事例1 朝日新聞社/事例2 ヤフー・ショッピング/事例3 NAVER(ネイバー)/事例4 デル/事例5 Poken Japan(ポーケンジャパン)/事例6 フジヤカメラ


第4章 顧客コミュニケーションプラットフォームとしてのツイッター
顧客コミュニケーションツールとしてのツイッターの特性/ツイッターを活用した顧客コミュニケーションのパターン/「世界のベストブランド100」におけるツイッターアカウントの活用実態調査の実施/ベストブランドのツイッター活用状況/ツイッター運用の開始時期/ツイッターアカウントの規模とツイート頻度/ツイッター活用の目的/ツイッターによる顧客コミュニケーションの方法/業種別ツイッターの活用状況/ベスト・プラクティスに学ぶツイッター活用のゴールデンルール etc.


第5章 ビジネスに使える厳選ツイッターツール
APIを利用したツイッターを活用するためのツール群/顧客リレーション強化のためのアカウントを運用できる「CoTweet」/ツイッターアカウントの活用状況を調査できる「Twitter Analyzer」/ツイッターを使ってチーム内で情報共有を図れる「GroupTweet」/ツイートをCSVでバックアップできる「Twitter Archiver」/セールス情報やプレスリリースを自動配信、予約配信できる「SocialOomph」/ライブビデオとツイッターを連動させ、交流可能な動画配信ができる「Twitcam」 etc.

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム