• Ustreamと超テレビの時代 -ユーザーライブ中継の威力-

Ustreamと超テレビの時代 -ユーザーライブ中継の威力-

Ustreamと超テレビの時代 -ユーザーライブ中継の威力-

¥2,000+税

品種名
書籍
発売日
2010/6/25
ページ数
240P
サイズ
A5判
著者
山崎 秀夫
ISBN
978-4-8443-2885-8

インターネットライブ中継サービスの進撃!

オバマ政権や、民主党の「事業仕分け」における積極活用で注目を浴びるインターネットライブ中継。個人や企業が、次々に自主的かつ画期的な放送をはじめた!最先端ソーシャルテレビを徹底解説。

2010年のトレンドとなりつつあるUstream。米国をはじめとして日本でも、政財界や芸能界、企業、個人に至るまで、このインターネットライブ中継サービスはありとあらゆる方面で利用され始めました。本書では「ソーシャルテレビ」という言葉でこれらのサービスを定義し、ツイッターやフェースブックと連携して発展し続ける各サービスが、社会にどのような影響を与え、将来どこへ向かうのかを詳しく解説。野村総研シニア研究員が、社会学・心理学・経済学などあらゆる切り口からソーシャルテレビを徹底分析します!

本書の無料ダウンロードキャンペーンは終了いたしました。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

詳細

■著者からのメッセージ

 2011年7月24日の地上波テレビの完全デジタル移行(地デジ)が、約1年あまりに迫ってきています。そしてインターネット上では、欧米だけではなく日本でもUstream、そして国産のニコニコ生放送のようなライブストリーミングが急速に存在感を増しています。一方、伝統的なテレビを見ながらスマートフォンからツイッター投稿を行う人々も増えています。
 このような傾向は世界的に「ソーシャルテレビ」と言われています(本書のタイトルではそれをわかりやすく「超テレビ」と呼んでいます)。本書では、そのソーシャルテレビの概要、歴史、そしてソーシャルテレビがもたらす大きな社会変化について解説しています。
 折りしもインターネットとテレビが融合したグーグルテレビ(コネクトテレビの一種)が発表され、スマートフォンや電子書籍端末の次に、新たにテレビ機器が、インターネットの第二の波に巻き込まれ始めました。本書で述べている新しいテレビの視聴スタイルは、今後まちがいなく日本社会に定着していくことでしょう。
(「はじめに」より)

■編集者からのメッセージ

米国発の各種インターネットライブ中継サービスについて、その成り立ちと社会に与えている影響が、この一冊で一通り網羅できる書籍となっています。
Ustreamをはじめとして、Livestream、Hulu、Justin.tv、スティッカムなどの「ソーシャルテレビ」サービスを提供する各社が、TwitterやFacebookなどと連携することで、人と人とのつながり方自体に影響を与えている社会状況を、ありとあらゆる角度から解説しています。
今流行のUstreamについて、とりあえず知っておきたい人に必携の一冊です!

■著者プロフィール

山崎 秀夫
1949年生まれ、約10年間ネットコミュニティの研究調査、導入運営指導に関わる。政府関係のCIO補佐官も経験。野村総合研究所シニア研究員として活躍中。日本ナレッジマネジメント学会専務理事、メタバース協会理事。著書に『ミクシィで何ができるのか?』(青春出版社)、『ネット広告がテレビCMを超える日』(毎日コミュニケーションズ)、『知識コミュニティーで浮上せよ!』(インプレス)、『SNSマーケティング入門』(インプレスR&D)、『Google vs セカンドライフ』(アスキー)などがある。

目次

■目次■

第1章 アメリカにおけるライブストリーミングの誕生から定着まで
 1-1 オバマ大統領就任式のライブ中継ーすべてはここから始まった
 1-2 マイケル・ジャクソン葬儀のライブ中継-米国にソーシャルテレビが定着した時
 1-3 CBS、CNNなど米国テレビ局のライブストリーミングへの対応
 1-4 Ustreamの誕生と成長
 1-5 その他のライブストリーミングサービスの成長
 1-6 Ustreamはなぜクラウドと一体化するのか?
 1-7 生活者が支える微笑ましいライフキャスティング
 1-8 ライブストリーミングとYouTubeは何が異なるのか、なぜYouTubeは焦るのか
 1-9 見逃し放送のHuluがソーシャルテレビに熱心なわけ

第2章 日本のライブストリーミングの現状
 2-1 バンクーバーオリンピックでの日欧米韓のソーシャルテレビの現状比較
 2-2 民主党による記者会見オープン化政策の大きな影響
 2-3 Ustream、「衝撃」の日本登場
 2-4 ニコニコ動画の果たした大きな役割
 2-5 古い歴史を持つステイッカムジャパン!
 2-6 楽しみなニコニコ動画とステイッカムそしてUstreamの競合
 2-7 Ustreamによる仮想社会セカンドライフ日本人町のダダ漏れ
 2-8 東京スカイツリーは新旧メディア交代の象徴になるのか?
 2-9 インターネット選挙解禁への期待

第3章 ライブストリーミングとマーケティング
 3-1 ソーシャルテレビの発展ステップと仕組み
 3-2 グーグル中心時代の終焉
 3-3 クラウド上のマーケティングの形
 3-4 マイクロ取引としてのアップス販売
 3-5 物理的な商品の購買から仮想ランチへ(カールスJR)
 3-6 マイクロファイナンスの活用と店舗呼び込み作戦、T-コマース
 3-7 広告のちら見と知り合いへの口コミによるアプローチ

第4章 ライブストリーミングの海外および国内の事例
 4-1 海外の事例
 4-2 国内の事例
 4-3 ネット以外の事例

第5章 ソーシャルテレビがもたらす超テレビの時代
 5-1 テレビの果たす役割-家族やコミュニティの維持
 5-2 マスコミ型からネットコミュニティ型への視聴スタイルの変化
 5-3 ソーシャルテレビの未来

関連書籍

好評発売中

できるマインクラフト建築パーフェクトブック 基本&便利ワザ大全

てんやわんや街長直伝!街づくりのワザ満載

好評発売中

最新ドローン空撮入門

最新ドローンと空撮の基本がよくわかる!

好評発売中

Python機械学習プログラミング 達人データサイエンティストによる理論と実践

分類/回帰問題から深層学習までを解説。機械学習の考え方とPython実装法がわかる!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 10ページ 19行目
    • [誤]Dになるといういうのが
    • [正]Dになるというのが
  • 19ページ 図2のキャプション
    • [誤]図2:ABC放送とフェースブックが組んだマイクロジャクソンさんの葬儀
    • [正]図2:ABC放送とフェースブックが組んだマイケルジャクソンさんの葬儀
  • 45ページ 最終行
    • [誤]2010年5月から始まった
    • [正]2009年5月から始まった
  • 57ページ 下から9行目
    • [誤]アリカ・キース
    • [正]アリシア・キーズ
  • 61ページ 1行目
    • [誤]クラウド型(ネットコミュンティ型)のサービスが
    • [正]クラウド型(ネットコミュニティ型)のサービスが
  • 75ページ 下から13行目
    • [誤]コ動画の中にあるラブ中継の仕組み
    • [正]コ動画の中にあるライブ中継の仕組み
  • 79ページ 中段画像のキャプション
    • [誤]佐々木俊尚んさん
    • [正]佐々木俊尚さん
  • 90ページ 1行目
    • [誤]「ボーカロイド」の初音ミクが作曲した楽曲を、
    • [正]「ボーカロイド」の初音ミクで制作した楽曲を、
  • 97ページ 11行目
    • [誤]ントキャストとCG株式会社CGMマーケティングが
    • [正]ントキャストと株式会社CGMマーケティングが
  • 100ページ 下から4行目
    • [誤]がや、わいわいチャットで
    • [正]や、わいわいチャットで
  • 120ページ 下から3行目
    • [誤]予想される不正行ために対しては、
    • [正]予想される不正行為に対しては、
  • 124ページ 下から2行目
    • [誤]社会変動機に生まれる
    • [正]社会変動期に生まれる
  • 128ページ 下から6行目
    • [誤]2ちゃんねる実況版や
    • [正]2ちゃんねる実況板や
  • 134ページ 6行目
    • [誤]スカイプを活用して思考している事例は
    • [正]スカイプを活用している事例は
  • 136ページ 下から12行目
    • [誤]メタバース協会参加企業のよる
    • [正]メタバース協会参加企業による
  • 138ページ 6行目
    • [誤]皆さんは「2ちゃんねる実況版」や
    • [正]皆さんは「2ちゃんねる実況板」や
  • 141ページ 6行目
    • [誤]19億7,410万ドル
    • [正]純利益が19億7,410万ドル
  • 163ページ 5行目
    • [誤]その他、LGコミニュケーションが
    • [正]その他、LGモバイルコミュニケーションが
  • 180ページ 1行目
    • [誤]この番組には21世紀フォックス映画とともに
    • [正]この番組には20世紀フォックス映画とともに
  • 182ページ 下から7行目
    • [誤]の映像をライブス中継しました。
    • [正]の映像をライブ中継しました。
  • 183ページ 10行目
    • [誤]アリカ・キース
    • [正]アリシア・キーズ
  • 183ページ 14行目
    • [誤]アリカ
    • [正]アリシア
  • 183ページ 下から8行目
    • [誤]アリカの
    • [正]アリシアの
  • 183ページ 下から5行目
    • [誤]アリカ・キースの
    • [正]アリシア・キーズの
  • 184ページ 図6のキャプション
    • [誤]アリカ・キース
    • [正]アリシア・キーズ
  • 191ページ 10行目
    • [誤]今後目が話せないと考えられます。
    • [正]今後目が離せないと考えられます。
  • 194ページ 下から4行目
    • [誤]"Fringe"and"Glee":という2つの
    • [正]"Fringe"および"Glee"という2つの
  • 200ページ 図3のキャプション
    • [誤]ライブチャットのpluerchaseを
    • [正]ライブチャットのPlurchaseを
  • 213ページ 10行目
    • [誤]Governing Endorse ments, Testimonials
    • [正]Governing Endorsements, Testimonials
  • 217ページ 最終行
    • [誤]基本形を作り出した。
    • [正]基本形を作り出しました。
  • 219ページ 2行目と13行目
    • [誤]「アイデアアゴラ」
    • [正]「アイデアゴラ」
  • 221ページ 2行目
    • [誤](アイデアアゴラ)、
    • [正](アイデアゴラ)、
  • 221ページ 下から5行目
    • [誤]AOL(aol anywhere)という
    • [正]AOL(AOL Anywhere)という
  • 229ページ 下から9行目
    • [誤]物語りではなく、
    • [正]物語ではなく、
  • 232ページ 下から9行目
    • [誤]認められた認知要求、
    • [正]認められたいという認知要求、
  • 237ページ 索引
    • [誤]アリカ・キース 183
    • [正]アリシア・キーズ 183