必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える"俺メディア"の極意

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える"俺メディア"の極意

¥1,800+税

品種名
書籍
発売日
2012/3/23
ページ数
240P
サイズ
A5判
著者
コグレマサト・するぷ 著
ISBN
978-4-8443-3177-3

ソーシャルメディア時代の「ホーム」の作り方月間100万PVを稼ぐ2人のテクニックをすべて公開!!

FacebookやTwitterといったソーシャルメディア全盛の時代だからこそ、自分の「ホーム」としてのブログが存在感を発揮します。本書は、月間100万ページビュー以上を誇るブログを運営し、ブログからの収入だけで生活している「プロ・ブロガー」の2人が執筆。ブログを軸にソーシャルメディアと連携しながら「仲間」を増やすこと、そしてアフィリエイトで「収入」を得ることの2つを目標に設定し、そのためのテクニックを惜しみなく公開します。ソーシャルメディアでのセルフブランディングをめざす方も、ブログで副収入を得たい方も、本書のテクニックで夢に近づいてください。


▼続編「プロ・ブロガーの必ず結果が出る アクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意」とのお得な合本版も一部電子書籍ストアにて販売中!

お求めは[電子書籍を買う]をクリックして[【合本版】(ストア名)]をよりどうぞ

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細


■著者からのメッセージ

 近年、マスメディアではTwitterやFacebookなどソーシャルメディアがもっぱら話題ですが、一方で、ぼくはブログの書き方や、ブログで収入を得る方法について質問される機会が増えています。Webで自分の考えや経験をしっかりと書き、伝えるには、ソーシャルメディアだけでは力不足です。厳しい時代の動きもあってか、ブログで自分のメディアを持ち、そこから、収入に限らず人脈なども含め、生きる糧を得ることを真剣に考える人が増えているのだと思います。
 また、ぼくよりもちょうどひと回り(12歳)若いするぷさんと出会ったことも、本書を執筆する大きなきっかけになりました。これからの時代、若い世代の人たちが生き方を考えるとき、ブログという手段を使いこなせることは、かなりの強みになるはずです。
 ブログの目的、ブログを書いてめざしたいことは、人それぞれです。本書ではブログで食べていくプロ・ブロガーに必要なテクニックを収録していますが、本業の役に立てるためにブログを書きたいという人、セルフブランディングのためにブログを書く人、副業としてブログから収入を得たい人など、あらゆる目的を持つブロガーに役立つものとなっています。(「はじめに」より)

■編集者からのメッセージ

 「プロ・ブロガー」と聞くと、遠い世界の話のように感じる方もいるかもしれません。実は本書では、Webが使える今の時代に、個人が趣味などの活動にどう取り組むといいか、というシンプルなテーマを扱っています。
 ブログを「ホーム」として位置づけ情報を発信し、ソーシャルメディアとうまく連携して仲間を増やす。活動を継続的なものにするために収入を得る。そうしたことの大切さと、そのための方法を、ブログを本職とするレベルにまで極めた2人がお伝えします。今を生きる多くの方たちに、参考にしていただければと思います。

目次

Chapter 01ソーシャルメディア時代に存在感を増すブログ
ブログはソーシャルメディア時代の「ホーム」になる
「仲間」と「収入」をブログの目標に設定する
「まだ自分を知らない人」に向けて書くことからすべてが始まる
ブログの環境を再点検しよう

Chapter 02ブログを書き続けるためのスタイルを身につける
[01]毎日ブログを更新するためのルールを決めよう
[02]ブログを「楽しんで書く」ことを大切にしよう
[03]ネタ集めの効率を「Googleリーダー」で上げる
[04]メールマガジンを「斜め読み」で活用する
[05]「まとめ」や「キュレーション」サービスの情報をうまく取り込む
[06]リアルタイムに「話題のネタ」をみつける嗅覚を磨く
[07]「Instapaper」にあとでまとめて読むネタを集める
[08]SEOを考えて検索されやすいキーワードをタイトルに入れる
[09]思わず本文を読みたくなるフレーズをタイトルに加える
[10]記事の中で伝えたい要素は必ず1点だけに絞る
[11]記事に視覚的なメリハリをつけて読みやすくする
[12]公開した記事を読み返してミスを修正する
[13]「ネガティブな記事は自分に跳ね返ってくる」と心得る
[14]「ブログエディター」を利用して記事の執筆や管理を効率化する
[15]よく使うフレーズの入力を「TextExpander」でラクにする
[16]Webページからの引用やリンクを「ブックマークレット」でラクにする
[17]ブログの記事作成に役立つ拡張機能でブラウザーを強化する
[18]ブログ向けのデジタルカメラは「コンパクト」+「マクロ性能」で選ぶ
[19]手軽なキャプチャーソフト「Jing」で画面写真を撮影する
[20]ブログの写真はできるだけ自分のサーバーに置く
[21]写真の編集に「Photo editor online」を利用する
[22]たくさんの写真を記事に使うときはアプリで一括処理する
[23]無料写真素材サービス「足成」の写真を使って記事をいろどる
[24]ブロガーのモバイルパソコンはバッテリー重視で選ぶ
[25]外出先でもブログを投稿するために通信回線を確保する
[26]「Dropbox」「Evernote」はブロガー必須のサービスだと心得る
[27]スマートフォンからブログを更新できるようにする
[28]スマートフォンでブログを書くために強力なテキストエディターを導入する
[29]iPhone/iPad用のブログエディター「するぷろ」を利用する
[30]ブログの表示をスマートフォン対応にする
[31]もう1本記事を読んでもらうためのブログパーツを使う
[32]「Google Analytics」でアクセス解析のレポートを毎日見る
[33]Google Analyticsの「リアルタイム」で記事公開後の反響をチェックする
[34]Googleはブログをどう見ているか「ウェブマスターツール」で確認する
[35]「ChartBeat」でリアルタイムのアクセス状況を詳しく見る
[36]スマートフォンでGoogle AnalyticsやChartBeatのデータを見る
[37]よく読まれている記事の関連記事を書く
[38]読まれなかった記事の原因を洗い出し、もういちど書いてみる
[39]コメントや質問の多かった記事の「続き」を書く
[40]力を入れて書いたテーマの「まとめ」記事を書く

Chapter 03ソーシャルメディアと連携して仲間を増やす
[41]Twitter、Facebookを中心にソーシャルメディアとブログを連携しよう
[42]ソーシャルメディアでのアイコンとアカウント名は統一する
[43]ブログのキャッチコピーや決まり文句を作る
[44]エゴサーチ+「Googleアラート」でブログへの言及を調べる
[45]Twitter、Facebook、Google+でエゴサーチをする
[46]「Klout」でソーシャルメディアでの自分の影響力を知る
[47]ソーシャルメディアで知り合った人と会うときのために「ブロガー名刺」を作る
[48]反応をたくさんもらうため「ツイート」「いいね!」「+1」ボタンを設置する
[49]Twitterから読者を獲得するため新着記事を自動投稿する
[50]Twitterで話題になった記事を「Topsy」のブログパーツで紹介する
[51]ブログのFacebook出張所として「Facebookページ」を作る
[52]「RSS Graffiti」でFacebooに新着記事を自動投稿する
[53]高機能な「Facebookコメント」をブログのコメント欄にする
[54]「FBLkit」のブログパーツで「いいね!」が多い記事を紹介する
[55]Facebookの「ソーシャルプラグイン」を利用する
[56]ブログの「Google+ページ」や「mixiページ」を作る
[57]はてなブックマークのボタンをブログに設置する
[58]他のブログの記事をソーシャルメディアで積極的に共有する
[59]複数のソーシャルメディアとつながる「zenback」を設置する
[60]多機能なツールバー型ブログパーツ「Wibiya」を設置する
[61]ローソン「シェアして♪ガジェット」で記事を共有しやすくする
[62]みんながソーシャルメディアにアクセスする時間帯を狙う
[63]記事への反応に対して返事を送り、コミュニケーションする
[64]ソーシャルメディアのスマートフォンアプリで反応をチェックする
[65]コメントに対応しすぎて疲れてしまうことを防ぐ
[66]個人的でささいなことを、ソーシャルメディアで共有する
[67]気になるブロガーと思い切って実際に会う
[68]ブロガー仲間と楽しいコラボレーション企画をする
[69]献本やレビュー依頼などは本当に興味のあるものだけを受ける
[70]苦手な相手とは距離を取りストレスを避ける

Chapter 04アフィリエイトでブログから収入を得る
[71]ブログのアフィリエイト「動的広告」+「商品紹介」を中心にしよう
[72]最重要の広告「Google AdSense」をブログに設置する
[73]より収入が増える広告ユニットのデザインや位置を工夫する
[74]「検索向けAdSense」で便利なサイト内検索を提供する
[75]「フィード向けAdSense」でフィードの中に広告を表示する
[76]Google AdSenseで不適切な広告のブロックと代替広告の設定をする
[77]Google AdSenseのパフォーマンスレポートで広告の効果測定をする
[78]Google AdSenseとGoogle Analyticsをリンクさせて詳細な分析をする
[79]Google AdSenseの効果測定をGoogle Chrome拡張機能で快適にする
[80]書籍やCD、ガジェット系商品に強い「Amazonアソシエイト」を利用する
[81]「アソシエイトツールバー」でAmazonアソシエイトを簡単に利用する
[82]「ブログ画像ゲッター」でAmazonの商品画像を利用する
[83]自動で紹介する商品が変わる「Amazonおまかせリンク」を設置する
[84]Amazonアソシエイトのレポートで、紹介した商品の売れ行きを見る
[85]約9000万点の商品が選べる「楽天アフィリエイト」を利用する
[86]楽天アフィリエイトのリンクを「楽チンリンク作成」で簡単に作る
[87]楽天アフィリエイトの成果レポート、確定・報酬レポートを確認する
[88]ブログのテーマに合わせた専門性の高いアフィリエイトサービスに登録する
[89]「AppStoreHelper」でiPhone/Macアプリのリンクを簡単に作成する
[90]「Live!Ads」でYahoo!オークションなどの商品を紹介する
[91]高度な管理ができる「DoubleClick for Publishersスタンダード」を利用する
[92]強力なショップ横断リンク作成ツール「カエレバ」「ヨメレバ」を利用する
[93]よく使うアフィリエイトのタグはEvernoteにまとめてラクをする
[94]商品の紹介リンクは、読者の利便性を考えて設置する
[95]アクセス解析で検索キーワードを調べ、売れそうな商品をさがす
[96]商品が売れる記事を分析して「響いた言葉」は何だったのかを考える
[97]有料での記事執筆依頼には注意して対応する
[98]デザインと広告のバランスを取るため、納得できる方針を決める
[99]変化を先取りして広告の入れ替えやデザインの模様替えをする
[100]アフィリエイトの収入を確定申告する

Chapter 05ブロガーがめざすゴールの形
定期的に振り返りながらブログを成長させよう
「ブログで食べる」ことは誰にでも可能?



■著者プロフィール

コグレマサト(@kogure
気になるモノとコトをひと回り拡張する『ネタフル(月間150万PV)』管理人。1972年生まれ。アルファブロガー2004/2006、第5回WebクリエーションアウォードWeb人ユニット賞受賞。浦和レッズサポーター。二児の父。「月刊浦和レッズマガジン」(フロムワン)で「コグレマサトのネタフル・スタジアム改」連載中。著書に『できるポケット+ Dropbox』『マキコミの技術』(共著:インプレスジャパン)、『ツイッター 140文字が世界を変える』(共著:毎日コミュニケーションズ)『クチコミの技術』(共著:日経BP社)、『“知りたい情報”がサクサク集まる!ネット速読の達人』(青春出版社)など。

ネタフル http://netafull.net/
するぷ(@isloop
「Apple」「水樹奈々」「食べ歩記」を3本柱にしたブログ「和洋風◎(月間100万PV)」管理人。1984年生まれ。ブログのネタ探しに、福井より2010年に上京。毎日、都内のカフェでブログを書きながら生活している。2010年からプログラミングを始めて、「するぷろ for iPad」でiPhone & iPadアプリ大賞2010の尾田和美賞、「するぷろ for iPhone」でiPhone & iPadアプリ大賞2011のギズモード・ライフハッカー賞を受賞。共著に『できるポケット+ Dropbox』(インプレスジャパン)がある。

和洋風◎ http://wayohoo.com/

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム