Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

¥2,300+税

品種名
書籍
発売日
2013/4/19
ページ数
240P
サイズ
B5変型判
著者
近田伸矢・植木悠二・上田寛
ISBN
978-4-8443-3384-5

IEを思い通りに操作するノウハウが満載! Webサイトのデータ収集や自動操作できるテクニックが仕事でも役立つ。

IEのデータ収集&自動操作のノウハウはこの1冊だけ! IEの外観や部品を制御する基本編から、食べログのデータ収集やYahoo!メールの自動送信など、実際のWebサイトを操作できる応用編までを解説。マイクロソフトMVPを受賞した著者陣らが執筆!

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

詳細

電子書籍版 アップデート情報

本書の電子書籍版は本文のデータを2015年7月11日発行の第1版第7刷の内容に順次アップデートしております。
誤字脱字の修正等のほか、図版画質の向上等の各種改善を行っておりますので、お客様はお求めのストアの手順に従ってデータの更新してご利用ください。
なお、4刷以前は33ページ以降もフルカラーでしたが、第6刷以降は紙の本と同じ最新の内容とするため2色印刷相当となります。ご了承ください。

▼ インプレス直販 ファイルのダウンロード方法
1.[こちらのリンク]をクリックしてCLUB Impress会員アカウントサービスを表示します
2.[ダウンロード商品をダウンロードする]をクリックします
3. CLUB ImpressのIDとパスワードを入力します
4. 商品ダウンロードの一覧より「Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術
  Excel 2013/2010/2007/2003対応 PDF版」をクリックします
5. まもなくダウンロードがはじまります

紹介マンガ「ただのExcelがこんなにIEを操作できるわけがない。」(イラスト:わかば)

※イメージをクリックすると大きいサイズでご覧いただけます。

著者からのメッセージ

本書は、Excel VBA(マクロ)を利用したIEの自動制御に特化して解説する日本でオンリーワンの書籍です。
CHAPTER 2〜4では、初めてIE制御に触れる方でも理解しやすいよう、その手法をわかりやすく体系的に解説しました。サンプルはすべてWebサイトからダウンロードでき、そのままコードとして利用いただけます。
また、CHAPTER 5で解説している実践サンプルは、すぐにでも仕事やプライベートに役立つ選りすぐりの実践的なツールとしました。
さらに、CHAPTER 6では独自のHTML解析ツールを用意、極意と真髄を解説した、まさにIE自動制御に関する決定版というべき内容となっています。
Excelマクロを経験したことのある方であれば、それにより業務が大幅に効率化し仕事が楽になることをご存知かと思います。そして、これから本書を読んでくださるあなたは、この魔法のようなテクノロジーを手に入れることができるのです。
Excelをこよなく愛する著者にとって、多くの方がIE制御を使いこなし、単純作業からの解放により人生が豊かになれば、こんなに嬉しいことはありません。

目次

まえがき
本書の読み方
サンプルについて
Excelの基本操作

CHAPTER 1 初めてのIE制御
1-1 IE制御の魅力を知ろう
1-2 IE制御でどんなことができるかを知ろう

CHAPTER 2 理解しておくべき基礎知識
2-1 Excel VBAの基礎知識
2-2 データ型を明示して入力補完を活用する
2-3 Win32APIを使用する

CHAPTER 3 IEの動作や外観を制御する
3-1 IEを起動する
3-2 指定したURLに移動する
3-3 画面移動の完了を待つ
3-4 起動済みのIEを制御する
3-5 ポップアップウィンドウや通知バーを制御する
3-6 IEの表示を制御する

CHAPTER 4 HTML画面部品の制御
4-1 DOMを理解する
4-2 テキストボックスを操作する
4-3 テキストエリアを操作する
4-4 セレクトボックスを操作する
4-5 チェックボックスを操作する
4-6 ラジオボタンを操作する
4-7 ハイパーリンクを操作する
4-8 ボタンを操作する
4-9 画像を操作する
4-10 表形式のデータを取得する
4-11 フォームの内容を送信する
4-12 フレームで分割された画面を操作する
4-13 スクリプトを実行する

CHAPTER 5 Webサイトを自動操作する
5-1  TSUTAYA ONLINEでレンタル作品の在庫を店舗ごとに検索する
5-2 TSUTAYA ONLINEで発売予定の作品をチェックする
5-3 Yahoo!メールでひな形メールを一括送信する
5-4 食べログの検索結果一覧を収集する
5-5 Webサイトの隅々までキーワードをチェックする

CHAPTER 6
6-1 Webページの情報を根こそぎ保存しよう
6-2 Webページ解析ツールを作成しよう

付録 厳選Excel VBAサイト紹介
INDEX

関連書籍

好評発売中

できるポケットExcelマクロ&VBA 基本マスターブック 2013/2010/2007対応

好評発売中

できるExcelマクロ&VBA 2013/2010/2007/2003/2002対応

豊富な事例と丁寧な解説で挫折しない!

好評発売中

基礎Visual Basic 2012

豊富なサンプルで応用力が身に付く。Windowsデスクトップアプリ開発定番の一冊!

好評発売中

できる逆引き Excel VBAを極める勝ちワザ700 2010/2007/2003/2002対応

実践的な700のワザから、使いたいExcel VBAの機能がすぐに探せる!

ダウンロード

  •  本書のサンプルはExcel 2013/2010/2007/2003の32bit版で動作することを前提に制作しており、Excelの64bit版については動作しないサンプルコードがあります。

     
    Excelの64bit版で動作させるためのコード修正点などについては検討しておりますが、本書との解説内容との対応や過去のExcelの互換性の問題もあるため、すべてのサンプルを64bit対応することは難しいと考えております。対応については、今しばらくお待ちくださるようお願いいたします。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 50ページ COLUMN全般
  • 57ページ 「3-2 指定したURLに移動する」内の2番目のコードの8行目
    • [誤]ie.navigate "http://search.yahoo.co.jp/search?p=" ActiveSheet.Cells(1, 1).Value

    • [正]ie.navigate "http://search.yahoo.co.jp/search?p=" & ActiveSheet.Cells(1, 1).Value

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 64ページ 13行目のコードの説明文
    • [誤]変数ieに取得したwinを格納
    • [正]変数objIEに取得したwinを格納
  • 65ページ 15行目のコードの説明文
    • [誤]変数ieに取得したwinを格納
    • [正]変数objIEに取得したwinを格納
  • 65ページ 本文
    • [誤]タイトルプロパティを持たないエクスプローラーに対して、タイトルを取得する処理を行うとエラーとなりますので、タイトルを一時的に変数に格納し(1)、その格納する処理をOnErrorステートメントではさみ、エラーが発生しても処理が継続するようにします(2)。
    • [正]タイトルを一時的に変数に格納します(2)。タイトルプロパティを持たないエクスプローラーに対してタイトルを取得する処理を行うとエラーとなりますので、格納処理(2)を、OnErrorステートメントではさみ(1)、エラーが発生しても処理が継続されるようにします。
  • 67ページ 「3-4 起動済みのIEを制御する」の本文10行目から11行目
    • [誤]関数化したCallステートメントを呼び出します(4)
    • [正]この部分を説明しているコードの掲載がないため、この文は削除となります。
  • 116ページ 4-9 サンプルとしてた食べログサイトのリニューアルのためコード全般、原稿の修正ならびにサンプルページの変更
  • 118ページ 19~21行目のコード
    • [誤]Do While ie.Busy Or ie.ready.State < READYSTATE_COMPLETE

      DoEvents

      Loop

    • [正]Call waitNavigation(IE)

      Set Doc = IE.document
  • 129ページ 6行目と7行目のコード
    • [誤]c = c + 1

      Cells(r, c) = Doc.all(i).innerText
    • [正]Cells(r, c) = Doc.all(i).innerText

      c = c + 1
    • 備考:

       6行目と7行目が間違って逆で掲載されていました。

      2014/09/16付けのサンプルファイルで対応済み

  • 146ページ 5-1と5-2までツタヤオンラインのリニューアルのためコード全般の修正と原稿の修正
  • 186ページ 下段のコード3行目
    • [誤]Template = TextBox1.Text
    • [正]Template = DataSheet.Cells(2,9).Value
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 190ページ 5-4 食べログサイトのリニューアルのためコード全般の修正と原稿の修正
  • 191ページ 17行目のコードの説明文
    • [誤]変数ieに取得したウィンドウを格納
    • [正]変数objIEに取得したウィンドウを格納
    • 【 第2刷にて修正 】