田中長徳 PENの本

田中長徳 PENの本

¥1,600+税

品種名
ムック
発売日
2009/9/5
ページ数
160P
サイズ
A5判
著者
田中長徳
ISBN
9784844327547

PEN愛好家に贈る一冊

デザイン、機能、カスタマイズ、哲学、旅…。 オリンパス「E-P1」を中心に往年の名機「PEN」の魅力をチョートクが語りつくします!

○田中長徳さんがブログにて本書の近況を随時更新中!
「KCチョートクカメラ日記」
http://chotoku.cocolog-nifty.com/blog/



「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

■ページイメージ



■著者からのメッセージ
 3週間前は「PENのデジタル」と呼んでいた。2週間前に「ペンデジ」と言い直した。今ではただ「PEN」と呼んでいる。

 本書は、PENを使いこなすための基本操作マニュアルとしての一面もあるが、それ以上に「PENにいかに惚れるか」について精神を注いで執筆した。いわば、本書は現代カメラ人類連の「PENへの恋歌」である。
 PENはデジタルカメラではない。1959年に登場したフィルムを使う、あの革命的PENの2009年における「現在進行形」なのである。
 慌ただしい3週間で、ここにいささか変わったタイトルのPENの本ができた。その呼称の変化は、そのままこのモデル「PEN E-P1」がどのように自分の心に沁みたのか、その時間経緯の記録でもある。

(本書「はじめに」より 抜粋)


■著者プロフィール
田中長徳(たなか ちょうとく)
1947年東京生まれ。写真家、随筆家。写真集、カメラの著書多数。偽ライカ同盟メンバー(片岡義男、坂崎幸之助、東儀秀樹、黒田慶樹、なぎら健壱、福田和也、石川直樹氏ら)

主な著書
『銘機礼讃』シリーズ 1?3(日本カメラ社)/『チョートク 六本木ヒルズ』『我楽多屋で買ったモノ・マガジン』(以上、東京キララ社)/『偽ライカ同盟入門』(原書房)/『カメラ悪魔の辞典』(光文社)/『ライカを買う理由』(東京書籍)/『晴れたらライカ、雨ならデジカメ』(岩波書店)/『二眼レフワークショップ』(・文庫)など
近刊予定に 『チョートク佃九年日記』(仮題、扶桑社)
現在、季刊文系誌『en-Taxi』(扶桑社)に「東京大周遊」を、文芸誌『新潮』(新潮社)にエッセイ「屋根裏プラハ」を連載中

チョートクカメラ日記」(http://chotoku.cocolog-nifty.com/blog/)は毎日更新

目次

はじめに ~ 3 Weeks with my PEN~
 Photo Gallery  PENのある生活
最初に知っておきたい PEN E-P1の基礎知識



第1章 PEN、モノとしての魅力


デザイン・外観
サイズ・重量
キットレンズ
カメラスタイル
Column 1 あたしが深くかかわった忘れ得ぬ“オリンパスの神々”

第2章 PENに受け継がれた伝統


あたしとオリンパス
旧PENから継承された染色体
オリンパスとライカ
Column 2 伝説的設計者のオリンパス米谷さん、新たなPEN人類へメッセージを贈る

第3章 PENのパフォーマンスはどうだ?


マイクロフォーサーズ
液晶モニター・操作性
アートフィルター
マルチアスペクト
ムービー撮影
Column 3 PENに搭載されている電子水準器は利用すべきか?

第4章 PENで日常という旅に出る


Photo Gallery 東京×PEN
通勤カメラとして使う
斜めがけとストラップ
Column 4 デジタルのPENのおかげでクラシックのPENを再発見!

第5章 カスタマイズであたし流のPENに


オールドレンズ
外部ファインダー
多種多様なアクセサリー
Column 5 PEN E-P1で使える オススメ! アクセサリーカタログ

第6章 PENは海外だって飛び回る


 Photo Gallery  プラハ×PEN
 Photo Gallery  スクエアで撮るプラハ
PENと旅行
TPOによるカスタマイズ
Column 6 20年で大きく変化した旧東側諸国のスナップ術

第7章 PENとの旅、そして。


PENとの旅を終えて
未来のPENに期待すること



PEN談議


田中長徳 × 坂崎幸之助 × 福田和也
PEN E-P1 言いたい放題 座談会

田中長徳 × オリンパス
PEN E-P1 本音対談



PEN E-P1の機能と性能
読者プレゼント
著者プロフィール
チョートク流 注釈

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム