HOME > ニュースリリース

(株)インプレス ニュースリリース

2016年08月31日

国内最大級の自作PCコンテスト、本年もスタート
『Windows 7杯 自作PCの祭典 2010』開催のお知らせ

2010年12月3日

 インプレスグループでIT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を展開する株式会社インプレスジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:土田米一)は、12月3日よりWindows 7を使った自作PCを対象としたユーザー参加型企画、「Windows 7杯 自作PCの祭典 2010< http://www.dosv.jp/contest/7cup2010/ >」を開催します。

 本大会は、インプレスジャパンが発行する月刊PC情報誌「DOS/V POWER REPORT」の誌面連動企画で、同誌のWebサイトである「www.dosv.jp」にて展開します。

 個性的な自作PCが集まるユーザー参加型コンテスト、「自作PCの祭典」も今年で3回目を迎えました。年々盛り上がりを見せているこの祭典には、ベンチマークで最高の性能を目指す高性能マシンはもちろん、コストパフォーマンスを追求したマシンや、自分の好きなゲームタイトルを楽しむことだけに特化したマシン、クリエイティブ用途やビジネス用途での実用性を追求したマシン、マシンのサイズや見た目にこだわったマシンなど、自作PCの多様性を凝縮したさまざまなPCが集います。

 昨年はWindows 7発売を受けて、この新OSをいかに活用するかが全体を通したテーマでしたが、今年はこれに加えて新しいキーワードが二つあります。まずは「新世代Webブラウジング」。PCユーザーならだれもが行なうWebブラウジングは、快適であるに越したことはありません。そのWebブラウジングの速度と美しさを追求した次世代ブラウザ“Internet Explorer 9”(以下、IE9)は、Direct 2DやDirect WriteをはじめとするWindows 7の機能を駆使し、最新GPUによるハードウェアアクセラレーションを大いに活用することで、飛躍的な速度と表示能力の向上を果たしました。そしてこのIE9は、最新OSとハードウェアを使いこなし、日々新しい情報を求める自作PCユーザーに最適なツールと言えるでしょう。「自作PCの祭典 2010」では、IE9を使ってWebブラウジングの速度を競う部門を新設しました。Webブラウジングという日常的な作業をどこまで快適にできるのか、どんなハードウェア構成がベストなのか、ぜひあなたの手で解き明かしてください。

 もう一つのキーワードは「自作デビュー」。近頃各地で行なわれているパソコン自作教室が盛況であることからも分かるように、多くの若年層がPC自作に興味を持っています。DOS/V POWER REPORTと「自作PCの祭典 2010」協賛各社は、この新しい仲間たちに向け、昨年好評だった「祝デビュー! PC自作ビギナー部門」に加えて、学校の部活・サークルでのPC自作やキッズのPC自作を応援する特別賞を用意しました。また、若年層の自由な発想を次世代のPC自作に活かすべく「PCアイデア部門」も新設します。

 多様な発展を遂げる自作PCの世界。あなたのマシンをエントリーすることで、自らの腕を磨き、自作の楽しさを伝えてください。総額100万円を超える豪華な賞品が待っています。

7cup2010.jpg











主催: DOS/V POWER REPORT(株式会社インプレスジャパン)
http://www.dosv.jp/
協力: AKIBA PC Hotline!(株式会社Impress Watch)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/
後援: マイクロソフト株式会社
http://www.microsoft.com/japan/


【募集部門】
参加者は、エントリー時に任意の参加部門を選ぶことができます。部門ごとにもっとも優れていると判断されたマシンに部門賞が贈られます。各部門の参加条件の詳細は祭典Webサイト( http://www.dosv.jp/contest/7cup/ )をご覧ください。

<究極パフォーマンス部門>
オーバークロックOK! 究極性能のWindows 7マシンを作成せよ!

<定格パフォーマンス部門>
基本中の基本、“定格動作”での最強を目指す!

<最速Webブラウジング部門>
みんな大好きWebクルーズ! もっとも快適なWebブラウジング環境を構築するのはだれだ!

<ゲームPC部門>
ゲームにこだわったスペシャルな1台で勝負!

<コストパフォーマンス部門>
安くて快適、これこそ自作の醍醐味!そのポイントをあなたのマシンで証明!

<勝手にオレが一番!部門>
DTM、3DCG、動画作成、etc. あなたがこだわるその分野で、自らが一番であることの証を示せ!

<バカPC&痛PC部門>
祭典名物部門! 笑えるマシンと萌え系ビジュアルにこだわった「痛PC」に贈られる賞。おもしろければなんでもアリ!!

<祝デビュー! PC自作ビギナー部門>
1年以内にPC自作を始めた方なら誰でも参加OK! 貴方のマシンをお披露目しよう!

<PCアイデア部門>
18歳以下限定!「こんなPCがあったらいいな」、「未来のPCはこうなる!」というアイデアを募集します。パソコンを持っていなくても応募可!
(本部門は“小学生の部”、”中学生の部“、“高校生の部”に分かれ、それぞれの部より入賞者を選出します)


【グランプリ&特別賞】
上記の部門にかかわらず、選考基準を満たした優秀なマシンに対して特別賞を多数ご用意しております(参加者が任意の賞を希望することはできません)。今年は期間中にさらに賞が増えるかも・・・?

<グランプリ>
全エントリーの中で最高の自作Windows 7マシンと認めた1台に贈られる賞です。

<Pro&Ultimate賞>
Windows 7 ProfessionalもしくはUltimateを使ったマシンから選ばれる賞です。これらのエディションの独自の機能をうまく使いこなせているかも評価のポイント。

<DOS/V POWER REPORT賞>
PC自作専門誌「DOS/V POWER REPORT」編集部が選ぶ魅力的なマシンに贈られる賞。

<AKIBA PC Hotline! 賞>
秋葉原のPC系ニュース専門サイト「AKIBA PC Hotline! 」編集部が選ぶ魅力的なマシンに贈られる賞。

<きっずナビ賞>
キッズのパソコン活用情報をお父さんとお母さんにお伝えする情報サイト「マイクロソフト きっずナビ」が選ぶ1台。子供、親子でのエントリー作品から優秀なものを選びます。

<部活&サークルで自作PC賞>
学校の部活やサークルで自作PCを活用している方から選ばれる賞です。部員みんなでアイデアを出し合ったPCや少ない部費をやりくりして作ったPC、古いPCにWindows 7 を入れたら快適になった!などという体験談もお待ちしております。(小学生、中学生、高校生限定)

<神様賞>
PC自作派の神様、インテル天野氏が三度降臨! 神が選ぶ栄光の1台はどれだ!?


<協賛メーカー賞>
協賛メーカーのパーツ・ソフトを組み込んだマシンが対象。協賛メーカー製パーツ、ソフトの魅力をとくに引き出していると判断されたマシンに贈られます。今年も業界を代表する20社以上の協力を得て、多くの賞を用意いたします。協賛メーカー賞は12月中旬に祭典Webサイトにて公開される予定です。

【賞品について】
グランプリ、部門賞、特別賞、協賛メーカー賞の受賞エントリーには賞品を進呈します。AV機器、商品券、最新PCパーツ、レアグッズなど総額100万円超の豪華なアイテムを多数用意しております。詳細は祭典Webサイトにて発表。


【参加資格】
Windows 7 Ultimate / Professional / Home Premium (32bitもしくは64bit)のいずれかを、自分でインストールしたPCであること。(本年度はメーカー製PCに自分でWindows 7をインストールしたマシンも可)

【参加方法】
自分のブログで自由にマシンをアピールできる「ブログエントリー」方式を採用。詳細は祭典Webサイト ( http://www.dosv.jp/contest/7cup2010/ )をご確認ください。

【応募期間】
2010年12月3日(金)~2011年1月31日(月)
【結果発表について】
2011年2月中旬に上記祭典Webサイトにて発表予定。また、DOS/V POWER REPORT 4月号(2011年2月末発売)にも掲載される予定です。

【DOS/V POWER REPORT】 http://www.dosv.jp/
業界最古参の月刊PC自作情報誌(毎月29日発売)。PCパーツのレビューや性能比較、使いこなし方法の解説、トラブルシューティングなどを中心に、独自の視点で最新のPC自作シーンを深く掘り下げています。

【株式会社インプレスジャパン】 http://book.impress.co.jp/
シリーズ4,000万部を突破したパソコン解説書「できるシリーズ」などの書籍や、「DOS/V POWER REPORT」「デジタルカメラマガジン」などの雑誌の発行を行い、IT、PC、デジタル製品等を使いこなすための情報を求める一般消費者向け(B to C)事業として、IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を展開しています。

【インプレスグループ】 http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

≪本件に関するお問い合せ先≫
株式会社インプレスジャパン 広報担当
 TEL:03-5275-9200
E-mail:ij-info@impress.co.jp

イベント・セミナー情報


Twitter

impress

Facebook

facebook
  • できるネット+
  • DOS/V POWER REPORT
  • GANREF
  • デジタルカメラマガジン
  • 年賀状web2014
  • おしゃれ年賀状OHAGAKI