徹底攻略ディープラーニングG検定ジェネラリスト問題集

徹底攻略ディープラーニングG検定ジェネラリスト問題集

¥2,100+税

品種名
書籍
発売日
2019/2/8
ページ数
224
サイズ
A5判
著者
スキルアップAI株式会社 明松 真司、田原 眞一 著/杉山 将 監修
ISBN
9784295005667

JDLAディープラーニングG検定に対応の問題集!

いま話題の資格【ディープラーニング G検定(ジェネラリスト)】にいち早く対応した問題集/多数のG検定合格者を輩出するスキルアップAI株式会社の明松 真司氏・田原 眞一氏による執筆 。業界の第一人者 杉山 将氏(理化学研究所 革新知能統合研究センター センター長・東京大学 教授)監修。出題傾向を徹底分析した模擬問題を収録で合格力アップ。ていねいで分かりやすく解説。正答も誤答も技術解説しているので知識吸収も加速。ディープラーニングG検定の合格を狙うなら必携の1冊!

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

■明松 真司(あけまつ・しんじ)
東北大学理学部数学科卒。個人事業を経て、高専向け学習塾「ナレッジスター」の経営などを行う教育特化型企業「合同会社Haikara City」を創業。現在、高専教育、社会人向けIT教育、WEB教育コンテンツの発信等を主に行っている。現在は、画像解析システムの研究開発企業に対して、機械学習、DeepLearningに関する数理コンサルティング、数学指導なども行う。主な著書に『線形空間論入門』(プレアデス出版)がある。現在、ThinkITにてWeb記事「機械学習・ディープラーニングのための数学入門」を連載中(https://thinkit.co.jp/series/7902・2回目より執筆)。

■田原 眞一(たはら・しんいち)
東京大学大学院新領域創成科学研究科修了。新卒でスキルアップジャパン株式会社に入社後、エンジニアとプロジェクトマネジャーを経験。その後、株式会社リクルートコミュニケーションズにて複数のAI案件に携わる。現在は、機械学習を体系的に学べ、日本初のJDLA認定プログラムのディープラーニング講座を展開するAIスクール『スキルアップAI』の運営、AIに関するコンサルティング、システム開発や運用なども行う。

■スキルアップAI株式会社
東京大学系のベンチャー企業。2018年5月設立。代表取締役は田原眞一氏。2016年に同氏が設立した法人にて展開していた機械学習関連のシステム開発事業・教育事業のうち、教育事業のみを切り離して設立した法人。実務で使えることを重要視したカリキュラムをアクティブラーニングによって学べ、数学・Pythonプログラミング・機械学習・ディープラーニングなど体系化された幅広いテーマを扱っているといった特徴がある。JDLAが実施するE資格(エンジニア向け)では、受験資格を得るための「JDLA認定プログラム」を日本で最初に取得している。
https://www.skillupai.com/

■杉山 将(すぎやま・まさし)
人工知能・機械学習技術の第一人者。理化学研究所 革新知能統合研究センター センター長。東京大学教授(新領域創成科学研究科)。日本学士院学術奨励賞、日本学術振興会賞受賞。

目次

第1章 人工知能をめぐる歴史と動向

第2章 機械学習の基礎

第3章 機械学習の具体的手法

第4章 基礎数学

第5章 ディープラーニングの概要

第6章 ディープラーニングの手法

第7章 ディープラーニングの研究分野と応用

第8章 総仕上げ問題

関連書籍

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 25ページ 解答4の(ア)の正答
    • [誤]
      A
    • [正]
      B
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 25ページ 解答4の解説の2行目
    • [誤]
      …台頭しました(ア=A)。
    • [正]
      …台頭しました(ア=B)。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 25ページ 6行目
    • [誤]
      MYCIN(邁進)や、
    • [正]
      MYCIN(マイシン)や、
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 62ページ 【論理ゲートの線形分離の可否】の図の「NAND」を示す図
    • [誤]
      ※下図を参照。
    • [正]
  • 134ページ 問10の選択肢Cの2行目
    • [誤]
      AIが他人に存在を与えてしまった場合、
    • [正]
      AIが他人に損害を与えてしまった場合、
    • 【 第3刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム