IoT技術テキスト基礎編 改訂2版[MCPC IoTシステム技術検定基礎対応]公式ガイド

IoT技術テキスト基礎編 改訂2版[MCPC IoTシステム技術検定基礎対応]公式ガイド

¥2,500+税

品種名
書籍
発売日
2020/4/10
ページ数
244
サイズ
A5判
著者
MCPCモバイルコンピューティング推進コンソーシアム 監修
ISBN
9784295008750

IoTの導入・構築・活用に必須!

2020年のMCPC IoTシステム技術検定(基礎編)に完全準拠した公式テキストが登場! 本書は、IoT技術とIoTデバイスの節を増やし、ローカル5Gなど通信の新方式に関する記述を追加しました。また、セキュリティ関連の法制度変更に対応したほか、「IoTデバイス」で使用する温度センサや湿度センサについて詳しく解説。RaspberryPiを利用した実例もよく分かります。章末のコラムでは「ナノコン」「5G」「GAN」といった注目の最新トピックも紹介。詳しい図説と用語解説でIoT技術の概要から検定試験に合格するための知識が無理なく身に付きます。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

<監修>岡崎正一 モバイルコンピューティング推進コンソーシアム
1975年3月東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。同年三菱電機株式会社入社、基本ソフトウェア開発、ネットワークシステム開発等に従事。主な著書『UNIX -基本操作から実践活用まで-』、翻訳『PCパーフェクトガイド』等。2012年より、MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)。電気学会会員。日本工学教育協会会員。技術士(情報工学)。博士(情報学)。

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

巻頭言(発刊に当たって)
「MCPC IoTシステム技術検定」について
第1章 IoTの概要を知る
1-1 IoTの本質とは
1-2 付加価値の変遷
1-3 IoTシステムの仕組み
1-4 IoTシステム構成
1-5 クラウドコンピューティングとは
1-6 エッジコンピューティングとは
1-7 IoTシステムのビジネス展開
1-8 IoTエコシステムとは
第2章 IoTのエコシステムを知る
2-1 IoTサービスの全体像
2-2 IoTプラットフォームとは
2-3 異業種連携とは
2-4 第4次産業革命とは
2-5 Web APIの活用
2-6 IoT活用によるサービス展開
2-7 位置情報の活用
2-8 シェアリングエコノミーとは
2-9 車とクラウドの連携
2-10 フィンテックとは
第3章 IoTデバイスを理解する
3-1 IoTデバイス概要
3-2 環境センサを使って測定するには
3-3 物理センサ・化学センサとは
3-4 位置検知センサとは
3-5 画像センサとは
3-6 MEMSとは
3-7 エナジーハーベスティングとは
3-8 プロトタイピング環境
3-9 マイコンとプログラミング環境
3-10 プロトタイピングの適用例
column 超小型の「ナノコン」がIoTの世界を広げる
第4章 IoT応用システムを理解する
4-1 IoT応用システムとは
4-2 ロボットの活用
4-3 産業用ロボットとは
4-4 新しいロボットとは何か
4-5 オートノマスカーとは
4-6 ドローンの現状
4-7 画像応用システム
4-8 スマートデバイスとは
4-9 ウェアラブルデバイスとは
column CVとロボット関連のオープンソース製品群
第5章 IoTにおける通信方式を知る
5-1 IoT 通信方式の概要
5-2 IoTエリアネットワーク(有線)とは
5-3 IoTエリアネットワーク(無線)とは
5-4 無線LANによる通信
5-5 省エネ通信方式とは
5-6 セルラー網の仕組み
5-7 省エネ広域通信方式とは
5-8 電波の特性
5-9 IoTプロトコルとは
column ローカル5Gで変わる世界
第6章 IoTでデータを活用する
6-1 IoTでデータを活用
6-2 データ分析とアプローチ手法
6-3 統計と確率
6-4 相関と回帰
6-5 統計と機械学習
6-6 機械学習とは
6-7 深層学習とは
6-8 深層学習の適用例
column GAN -Generative Adversarial Networks-
第7章 情報セキュリティを知る
7-1 IoTセキュリティ対策の概要
7-2 ネットワークのセキュリティ対策
7-3 デバイスのセキュリティ対策
7-4 運用のセキュリティ対策
7-5 著作権とは
7-6 プライバシー保護の留意点
7-7 匿名化技術とは
7-8 暗号化技術とは
索引/スタッフリスト/奥付

関連書籍

好評発売中

徹底攻略OSS-DB Silver問題集[Ver.2.0]対応

249問を収録した合格のための試験対策書!

好評発売中

マンガで合格!アロマテラピー検定1級・2級 テキスト+模擬問題 第2版

好評発売中

試験にココが出る!乙種第4類危険物取扱者 教科書+実践問題 第2版

好評発売中

徹底攻略PHP7技術者認定[初級]試験問題集

最新のPHP7技術者認定初級試験に完全対応!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 215ページ 5行目
    • [誤]
      アカウントは、その対象者が利用できるサービスや個人情報などの重要データとひも付いています。そのため、対象者がそのアカウントの所有者であることを確認する、つまり認証の仕組みが必要となります。次の3つの情報は、認証の手段として利用でき「認証の3要素」と呼ばれます。
    • [正]
      ②アカウント情報の保護
      アカウントは、その対象者が利用できるサービスや個人情報などの重要データとひも付いています。そのため、対象者がそのアカウントの所有者であることを確認する、つまり認証の仕組みが必要となります。次の3つの情報は、認証の手段として利用でき「認証の3要素」と呼ばれます。
    • 備考:

      本文5行目で「②アカウント情報の保護」という小見出しが抜けておりました。

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 232ページ 本文1行目
    • [誤]
      GDPRでは、個人データを第三国または国際機関へ移転することを禁止しており、データの移管が必要な場合は個別に強化を得る必要があります。
    • [正]
      GDPRでは、個人データを第三国または国際機関へ移転することを禁止しており、データの移管が必要な場合は個別に許可を得る必要があります。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 236ページ 図版
    • [誤]
      [図7-7-1 k-匿名化]と[図7-7-2 代表的匿名加工の例]
    • [正]
      (図版内容が逆)
    • 【 第2刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム