マンガと図解でよくわかる つみたてNISA&iDeCo&ふるさと納税 ゼロからはじめる投資と節税入門

マンガと図解でよくわかる つみたてNISA&iDeCo&ふるさと納税 ゼロからはじめる投資と節税入門

1,430円(本体 1,300円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2021/10/20
ページ数
176
サイズ
A5判
著者
酒井富士子 著
ISBN
9784295012733

賢いお金の増やし方、ツボとコツが丸わかり

本書は、国の3大節税制度「つみたてNISA」「iDeCo」「ふるさと納税」を活用して、投資と節税の基本を学び、初心者を抜け出すための書籍です。3大制度を利用する際、難しいと思われがちな投資と節税について、①マンガで自分ごと化しやすく、②図解で理解しやすい、③具体的に何をしたらよいのか答えがわかる、という3つの柱からやさしく解説します。人生100年時代と言われ、「貯金や年金だけでやっていけるの…?」という不安を抱く人も多いでしょう。たんに貯蓄するだけではなく、資産運用から形成へ、とお考えの方へオススメです。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

酒井富士子(さかい・ふじこ)
経済ジャーナリスト、金融メディア専門の編集プロダクション・株式会社回遊舎 代表取締役。日経ホーム出版社(現日経BP社)にて「日経ウーマン」「日経マネー」副編集長を歴任。リクルートの「赤すぐ」副編集長を経て、2003年から現職。「お金のことを誰よりもわかりやすく発信」をモットーに、暮らしに役立つ最新情報を解説する。

目次

第1章 「貯金と年金だけでやっていけるの?」の“もやもや”を解消しよう
第2章 つみたてNISAの仕組みと活用法
第3章 iDeCoの仕組みと活用法
第4章 つみたてNISA・iDeCoで使う「投資信託」って何?
第5章 ライフステージ別 つみたてNISA&iDeCoの賢い運用法
第6章 ふるさと納税の仕組みと活用法
第7章 投資スタート後の“もやもや”を解消しよう

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 39ページ 図の下の文言
    • [誤]
      これらを簡単に実現できるのが「投資信託」
    • [正]
    • 備考:

      誤りではありませんが、上記文言の「投資信託」の文字に縁が付いており、読みづらくなっております。

       
      電子版および「購入者限定特典PDF版電子書籍」では、この縁を外し、読みやすく調整済みです。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 115ページ 図表2 B列「買付口数(口)」
    • [誤]
      11,111
    • [正]
      10,000
    • 備考:

       左ページの一番下の図表「2 毎月1万円ずつ定量購入の場合」のB列「買付口数(口)」の金額を訂正いたします

  • 116ページ 1位の「信託報酬」の割合
    • [誤]
      3124億5700万円
    • [正]
      0.0938%
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 116ページ 1位の「純資産総額」
    • [誤]
      2982億8000万円
    • [正]
      3124億5700万円
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 116ページ 1位 本文
    • [誤]
      「バンガード・S&P500ETF」を通じて、米国を代表する企業500社の株式にまとめて投資。2021年5月に設定されたばかりですが、米国株インデックス型投信では最速で純資産残高が200億円に到達した話題の投信です。
    • [正]
      米国の主要企業500社から構成される指数「S&P500」に連動を目指すインデックス型投信。設定は2019年9月と日は浅いものの、純資産総額を順調に伸ばしている売れ筋商品です。低コストなので長期運用にもおすすめ。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 119ページ 5位 投資信託のタイプ
    • [誤]
      イネックス
    • [正]
      インデックス
    • 【 第2刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム