• 誰でもかんたん! Wordでパソコン絵画を楽しもう - マウスアート入門

誰でもかんたん! Wordでパソコン絵画を楽しもう - マウスアート入門

誰でもかんたん! Wordでパソコン絵画を楽しもう - マウスアート入門

¥2,300+税

品種名
書籍
発売日
2009/2/26
ページ数
144P
サイズ
B5変型判
著者
辻 琢治・著/株式会社ZUGA・編
ISBN
9784844326847

下絵をWordでなぞるだけでステキな絵が誰でも描ける

本書のCD-ROMに収録された下絵を上からなぞって描くことで、誰でもかんたんにパソコンで立派な絵が描けるようになります。必要なものはワープロソフトのWordだけ。特別なグラフィックソフトなどは必要ありません。パソコンさえあれば、すぐに始めることができます。本書で解説しているテクニックをマスターすれば、誰もが驚く立派なパソコン絵画を描けるようになるでしょう。パソコンを使った知的な遊びを求めているシニアの方にお薦めの一冊です!

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

■ページイメージ




■著者からのメッセージ
「絵は頭で描くもの、手はそれを表現する道具に過ぎない」
これが私の持論です。

幼児は「お馬さんがいて、黄色いお花さんがいっぱい咲いていて…」と頭の中でいろいろなものを見ながら、即興の歌を可愛く歌ってクレヨンで色付けをします。楽しさいっぱいの生き生きした絵ができあがります。

野外に出てスケッチします。
草は緑、山は青墨色、雲は白、ただ単に決まりきった色を施したのでは、感動は生まれません。スケッチも本の模写も、季節、遠近、風、音、香りなど頭で探りながら手を動かして、初めて観る人に状況、季節、天候を伝え、感動を与えることができるのです。

マウスアートを始めた方がよく言われます。
「絵は小学校以来描いたことがありません。」
「どうしたら上手くなりますか?」
今日から始めて明日すぐに上手くなるわけはありません。上達の秘訣は、マウスで絵を描く楽しみを早く覚えてそれを持続させることです。模写良し、写真の描画良し、いろいろな画材に数多く挑戦して数多く描き、作品の出来栄えに自分で惚れ込むことです。

「描いた絵を誰かに見せたい」「誰かに評価してもらいたい」と思うとき、この時期が一番上達しているのです。
基本を習得したら、その先は思いのままに描き、世界に一つしかない自分の作品を大きく飾ってみましょう。

著者:辻 琢治

■著者プロフィール
ハンドルネーム「自由ヶ丘の爺さま」。よく東京の自由ヶ丘の住人と間違えられますが、九州福岡の博多と小倉の中間地点に存在する宗像市に住んでいます。大正末期の生まれで尋常小学校は懐かしい「ハナ・ハト・マメ・マス」で育ったポンコツ爺ぃ。それでも自分ではいつまでも青春気分を自負しています。パソコンを始めるきっかけは、友人に誘われ地元のパソコン同好会をチョイのぞきに行ったことでした。同好会に入り、初めは真面目に習っていましたが、ひょんなことからWord の図形描画で絵を描くことを覚え、パソコン本来の常道から大きく外れ、がむしゃらマウスアートにのめり込んでしまいました。現在は、朝7時にスイッチON、昼食を経て夕方5時までマウスアート三昧の日々を送る現在です。

目次

作品集
はじめに
本書の使い方

●第1章 「マウスアート」とは
マウスアートの特長
マウスアートに必要なもの
制作手順を確認しよう
マウスアートの準備をしよう

●第2章 図形を組み合わせて絵を描こう
Wordを起動しよう
絵を描く準備をしよう
「かぶと」を描こう
「とんぼ」を描こう
いろいろなイラストを描こう

●第3章 お手本を見ながら絵を描こう
「葉っぱ」を描こう
「雪だるま」を描こう
「竹」を描こう
「桜」を描こう
「コスモス」を描こう
作品に名前を入れよう

●第4章 下絵を基に絵を描こう
「月の沙漠」を描こう
「佐渡おけさ」を描こう
「スノーフレーク」を描こう
「安芸の宮島」を描こう
「紫木蓮」を描こう

●第5章 作品を発表しよう
印刷しよう
カレンダーにしよう
絵手紙にしよう
画像ファイルにしよう

マウスアート作品発表の場「おとな愉快団!」のご案内
索引

関連書籍

近日発売

写真がもっと上手くなる ポートレートテクニック事典101+

大人気シリーズ「写真がもっと上手くなる101+」にポートレート編が登場!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 21ページ 付録CD-ROMのインストールの不具合について
    • [誤]
      インストールメニューが正常に動作しない場合の対策方法のご案内です(OSがWindows XP/ Vista/Windows 7のいずれかで、WebブラウザがInternet Explorer 8の環境で発生します)。
    • [正]
      ①表示されているメニューを閉じる(「メニューの終了」ボタンが動作しない場合には、メニューのウィンドウの右上にある閉じるボタン(×ボタン)をクリックして閉じてください)。

      ②デスクトップまたはスタートメニューにある「コンピュータ」をクリックしてドライブの一覧を表示させてください。そして、その一覧からマウスアートのCDを探してください。

      ③そのマウスアートのアイコンを右クリックします(ダブルクリックはしないでください。またマウスアートのメニューが表示されてしまいます)。右クリックメニューが表示されますので、その中から「開く」をクリックしてください(「自動実行」は選ばないでください)。

      ※もし間違ってダブルクリックしてマウスアートのメニューが表示されてしまった場合には①に戻って操作し直してください。

      ④マウスアートのCD-ROMの内容の一覧が表示されますので、その中の「setup」フォルダをダブルクリックして開いてください。

      ⑤その中にあるsetup.cmd(単に「setup」と表示される場合もあります)をダブルクリックして起動してください。

      ⑥本書、22ページの左上に載っている画面(手順の6です)が表示されますので、後は画面のメニューおよび本書22ページの操作手順に従ってインストールしてください。

      ⑦インストール後にドキュメントフォルダを開いて「マウスアート入門」のフォルダが作成され、その中に必要なファイルが入っていることを確認してください。

      ⑧以降は本書の内容に沿ってマウスアートをお楽しみ下さい。
  • 113ページ 手順「4」の2行目
    • [誤]
      (4)から(7)までは[曲線]ボタンを
    • [正]
      (6)から(8)までは[曲線]ボタンを
    • 【 第2刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム