「できるシリーズ」タグの付いた記事一覧

出版営業スタッフブログから「できるシリーズ」タグの付いた記事を表示しています。

2020年8月 7日

download.jpg
みなさまこんにちは。長い梅雨がやっと明けたと思ったら、カンカン照りの太陽が顔を出してきました。在宅勤務が続いている方も多いと思いますが、家の中にいても熱中症には注意して、こまめに水分補給をしてくださいね。
ということで、今回は仕事効率化を図れるおすすめの1冊を紹介したいと思います♪
それがこちら、シリーズ累計発行部数7,500万部を突破した「できるシリーズ」からの書籍『できる 仕事がはかどるPython自動処理 全部入り。』。
できる 仕事がはかどるPython自動処理 全部入り。

Pythonを仕事に活かそう!!

せっかく覚えたPythonを仕事に活かそう!! 機械学習やディープラーニングなどで注目を集めるPython(パイソン)を、日常の業務でも活かしてみませんか? 作業を速く・正確にできる「画像・CSV・テキスト処理」、Googleのサービス「スプレットシートとカレンダーの連携」、Excel VBA代わりにPythonを使う「Excel文書の操作」など、単純だけど時間がかかる作業を自動化するためのプログラムを集めました。サンプルプログラムは、すべて本書のサポートページからダウンロードできます。

本体:2,300円+税
発売日:2019/5/24
著者:岡田 幸大/中野 正輝/森本 哲也/池 徹
ISBN:9784295006251

Pythonって何?

では、気になる本書の内容を見ていく前に、「Python」について簡単に説明していきます。
今や小学校にまで導入されているプログラミング教育。Pythonは、そのプログラミング言語の中の1つとして周知されています。主に機械学習IoTWebサービスの分野で使用されており、1番の特長はズバリ、「コード量の少ない」点だと言えるでしょう。また、日経新聞や産経新聞によれば、Pythonは年収が高い言語だとも言われています。習得者が少ないことも起因していそうですね。
ということでPythonについてザッと説明しましたが、伝えたいことは主に「機械学習、IoT、Webサービスの分野で使用されている言語」である点と、「カンタンな言語であるため初心者の参入障壁が低い言語」である点の2点です。
本書ではそのPythonを使用して、いかに仕事を効率化するかということが説明されています。

書籍の内容

本書は、下記の11章から構成されています。
Chapter 1 Pythonのプログラムを利用する前に
Chapter 2 コマンドラインインターフェース
Chapter 3 サードパーティライブラリのインストール
Chapter 4 Pythonのおさらい
Chapter 5 ファイルの操作と圧縮・展開
Chapter 6 画像の加工
Chapter 7 CSVファイルの処理
Chapter 8 テキストデータの処理
Chapter 9 Microsoft Excelとの連携
Chapter 10 Webスクレイピング
Chapter 11 Web API
Chapter 1には開発環境の構築方法が記載されています。バージョン1.5.2b1以降のPythonには「IDLE」というテキストエディタが標準で付属していますが、本書ではそちらではなく、「Visual Studio Code」というソースコードエディタを用いていますので注意が必要かもしれません。インストール手順などはPC画面のスクショ付きで掲載されていますので、そちらを参照していただければスムーズに行えそうです♪
それでは本題に入ります。今回取り上げる本書の内容ですが、仕事で活躍しそうな(偏見)「7.CSVファイルの処理」と「9. Microsoft Excelとの連携」に焦点を当てていきたいと思います。
■ CSVファイルの処理
CSVは、複数の項目(値)をカンマで区切ったテキスト形式のファイルです。売上データや名簿など、行と列で表現できるデータのフォーマットとしてさまざまな状況で使われています。
冒頭部では、Microsoft ExcelやAccessに名刺管理ソフトの宛先を取り込む場合、互角性がないため手間(ちょっとしたデータの加工など)が発生する場合があると記述しています。そこでPythonを用い、煩わしさを解消する方法を紹介。業務の時間短縮につながります。
また、読み込んだCSVファイルを1行ずつ処理する、ヘッダー行がないCSVファイルを読み込む、文字コードを指定してCSVファイルを読み込む方法などを取得できるほか、項目(値)にクォートを付けてCSVファイルを書き込むという細かな部分までフォローしていますので、時と場合によって使い分けることができます。
■ Microsoft Excelとの連携
Excelはデータを集計・分析することのほかにも、経費精算書などの社内文書作成からスケジュール管理まで幅広く使用されています。9章ではPythonを利用したExcelファイルの自動処理について解説しています。Excelの仕組み「マクロ(作業を自動化する)」にも注目です。さらに、Excelファイルを扱うライブラリとして「openpyxl(※1)」を使用しています。

ワークブックを扱う、既存のExcelファイルを読み込む、セルを扱うことなどについてコードで対応する形で話が進みます。例えば、「セルを扱う」であれば、
  • セルの値→cell.value
  • セルの列位置→cell.column
のように記載されており、これらはワークシートからCellオブジェクトを取得することで、セルの属性を参照したり設定したりすることができるようになるのです。Pythonのライブラリopenpyxlを使うことで、Excelファイルを読み書きできるようになることが特長ですね☆彡
そのほか、CSVファイルを読み込んでグラフを作成することや、条件付き書式を扱うことなども可能です。

おわりに

駆け足での説明にはなりましたが、とにかく「Excelの動作をPythonで動かす色々が詰まっているのだな」と思っていただければ幸いです。ソースコードのダウンロードができ、注釈なども付属しているので、初心者の方もイメージしやすい1冊となっています。

「Pythonを使った自動化」に興味がある方は、ぜひ一読してみることをおすすめします。

※1・・・Pythonのモジュール。Excelを自動で操作してくれる。

◆告知
最後に1つお知らせがあります。
8月24日(月)に「できる 仕事がはかどるPython&Excel自動処理 全部入り。」が発売されますので、興味関心がある方はぜひぜひ覗いてみてくださいね★

2018年11月 9日

読者の皆様こんにちは。インプレスの書籍・ムックの人気タイトル重版情報をご案内いたします♪


◆ 世界一やさしいウィンドウズ 10 最新版

世界一やさしいウィンドウズ 10 最新版

【第2刷】11月26日(月)重版出来

本誌は、ウィンドウズ 10をはじめて使う方に向けた入門書です。2017年10月にリリースされた最新バージョン「Fall Creators Update」の新機能にも対応しています。初期設定や各種操作、インターネット/メールの使い方、写真や音楽を楽しむ方法など、この1冊でウィンドウズ 10の基本をマスターできます。 手順がわかる解説動画&いつでも読める電子書籍付き!

本体:480円+税
発売日:2017/12/8
著者:リブロワークス
ISBN:9784295002789


◆ できる やさしく学ぶExcel統計入門 難しいことはパソコンにまかせて 仕事で役立つデータ分析ができる本

できる やさしく学ぶExcel統計入門 難しいことはパソコンにまかせて 仕事で役立つデータ分析ができる本

【第4刷】12月3日(月)重版出来

統計と聞いて「難しそう......。数学が苦手。」と敬遠しがちですが、複雑な数式はパソコンが計算してくれるので、覚える必要はありません。大切なのは、統計の仕組みや落とし穴を正しく理解することです。本書では、問題解決のために何をすべきか、どういう手法を利用して統計の結果を求めるかを豊富な図解とイラストを交え、丁寧に解説しています。「営業担当の訪問回数から売上金額を予測したい」「職業や性別による行動の特徴を分析したい」など、テーマに沿って問題を解決する方法を読み進めていけば、実務に統計の手法を生かせます!

本体:1,980円+税
発売日:2015/2/3
著者:羽山 博&できるシリーズ編集部
ISBN:9784844337317


◆ できるAccess 2016 Windows 10/8.1/7対応

できるAccess 2016 Windows 10/8.1/7対応

【第2刷】12月3日(月)重版出来

本体:1,880円+税
発売日:2016/6/16
著者:広野 忠敏&できるシリーズ編集部
ISBN:9784844380665


◆ いちばんやさしい機械学習プロジェクトの教本 人気講師が教える仕事にAIを導入する方法

いちばんやさしい機械学習プロジェクトの教本 人気講師が教える仕事にAIを導入する方法

【第2刷】12月3日(月)重版出来

上司から「AIをやれ!」と言われたときに困らないための実践書。機械学習の基礎知識から、導入・運用ノウハウまでしっかり解説。数式やプログラムは一切でてこないので、非エンジニアでもやさしく読める1冊です。

本体:1,800円+税
発売日:2018/3/26
著者:韮原 祐介
ISBN:9784295003410


◆ できる Office 365 Business/Enterprise対応 2018年度版

できる Office 365 Business/Enterprise対応 2018年度版

【第2刷】12月3日(月)重版出来

Office 365を使った社内での情報共有から、音声通話やビデオ会議といったコミュニケーション方法、さらに日々の繰り返し作業の自動化まで解説。Office 365の導入で仕事のムダを減らせるテクニックとヒントが盛りだくさん!

本体:1,800円+税
発売日:2018/5/17
著者:株式会社インサイトイメージ&できるシリーズ編集部
ISBN:9784295003700



次回もご期待ください♪

2018年4月 5日

読者の皆様こんにちは。毎週木曜日はインプレスの書籍・ムックの人気タイトル重版情報をご案内いたします♪


◆ 世界一やさしいワード 2016

世界一やさしいワード 2016

【3刷】4月17日(火)重版出来

480円でやさしく学べるお得なパソコン入門ムック! 大きな文字と大きな画面で、ワード 2016の文書作成を一から解説します。「イラスト入りのシンプルな案内状」「地図や写真入りのポスター」「表が入ったビジネス向けの文書」という実際に使える3つのサンプルを通じて、ワードの文書作成に必要なひと通りの操作をしっかり身につけられます。特別付録として文書の見栄えをワンランクアップできるイラスト・カット360点を収録。ワードをはじめて使う方だけでなく、最新のワード 2016に乗り換えた方にもぴったりです。

本体:480円+税
発売日:2016/3/30
著者:デジタルプラス編集部
ISBN:9784844339694


◆ 上達やくそくBOOK すずちゃんのはじめてのカメラとレンズ

上達やくそくBOOK すずちゃんのはじめてのカメラとレンズ

【6刷】4月18日(水)重版出来

豊富なイラストを使ってカメラとレンズの撮影テクニックをやさしく解説!初心者から中・上級者まで、写真の基礎から学べて、ステップアップできます。

本体:1,600円+税
発売日:2015/10/23
著者:鈴木 知子
ISBN:9784844339410


◆ できるExcel ピボットテーブル データ集計・分析に役立つ本 2016/2013/2010 対応

できるExcel ピボットテーブル データ集計・分析に役立つ本 2016/2013/2010 対応

【3刷】4月20日(金)重版出来

膨大な売上表や受注表などから集計表を作るのに四苦八苦......。そんな経験はありませんか? そんなときに役立つ「ピボットテーブル」の使い方を「準備編」「基本編」「応用編」の3ステップで解説。本書を読めばピボットテーブルを使って、大量のデータから一瞬で集計表を作る方法が分かります。たとえ分からない操作があっても、無料電話サポートが受けられるので安心です。

本体:2,300円+税
発売日:2016/1/18
著者:門脇 香奈子&できるシリーズ編集部
ISBN:9784844339885


◆ 新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

【5刷】4月20日(金)重版出来

「書けないカギは書く前にあり」。毎月3,000本以上の記事を配信し続けるカルチャーニュースサイト「ナタリー」で実践されている文章の書き方を、一般向けに解説する初めての書籍です。通称「唐木ゼミ」と呼ばれる社内勉強会で新人育成を担当する著者が、「悩まず書くためにプラモデルを準備する」「事実・ロジック・言葉づかいの順に積み上げる」など独特の概念を通じて、文章を構造的に書くための方法をわかりやすく教えます。文章の具体的な改善ポイントも解説。企画書、報告書、レポート、ブログ、SNSなどあらゆる文章に有効です。

本体:1,300円+税
発売日:2015/8/7
著者:唐木 元
ISBN:9784844338727


◆ できる Outlook 2016 Windows 10/8.1/7対応

できる Outlook 2016 Windows 10/8.1/7対応

【2刷】4月24日(火)重版出来

Outlookでよく使われるメールの送受信から、予定表、タスク、To Do、連絡先などの使い方を詳しく解説しました。メールの基本であるプロバイダーのメールの送受信だけでなく、GmailやOutlook.comを利用するための方法も紹介しています。

本体:1,380円+税
発売日:2016/5/19
著者:山田 祥平&できるシリーズ編集部
ISBN:9784844380627



次回もご期待ください♪

2018年1月18日

読者の皆様こんにちは。毎週木曜日はインプレスの書籍・ムックの人気タイトル重版情報をご案内いたします♪


◆ できるビットコイン入門 話題の仮想通貨の仕組みから使い方までよく分かる本

できるビットコイン入門 話題の仮想通貨の仕組みから使い方までよく分かる本

【2刷】1月26日(金)重版出来

「ビットコイン」は値動きの激しさから投資・投機などで注目されがちですが、インターネット時代の「お金」として従来の通貨にはない長所を数多く持っています。本書は「ビットコインのことがよく分からない」「興味はあるけど損をしそうで心配」といった方のために、ビットコインの始まりから日本円で購入する方法、店舗での使い方まで詳しく解説。また、ビットコインを支える技術である「ブロックチェーン」のほか、コンピューターでビットコインを発掘する「マイニング」の仕組みについて図版やイラストを使って分かりやすく紹介します。

本体:1,800円+税
発売日:2017/12/18
著者:ビットバンク株式会社&できるシリーズ編集部
ISBN:9784295002956


◆ スッキリわかるSQL入門 ドリル215問付き!

スッキリわかるSQL入門 ドリル215問付き!

【9刷】2月6日(火)重版出来

豊富な図解とていねいな解説により、やさしく・楽しくデータベースとSQLを学習できる入門書です。巻末には215問のドリルを掲載。これを繰り返し解くことでSQLが着実に身に付きます。本書の購入特典として、クラウドデータベース実行環境「dokoQL」をご用意しました。dokoQLはPCはもちろんスマートフォンからも利用できますので、自宅だけでなく通勤・通学中の「すきま時間」にもSQLとデータベースを学ぶことができます。本書に掲載したすべてのSQL文をdokoQLで呼び出して実行できますので、本書を読みながら実際にデータベースを操作することで、より深くSQLが理解できます。

本体:2,800円+税
発売日:2013/4/19
著者:中山 清喬/飯田 理恵子
ISBN:9784844333937



次回もご期待ください♪