新しいアナリティクスの教科書 データと経営を結び付けるWeb解析の進化したステージ [アナリティクス アソシエーション公式テキスト]

新しいアナリティクスの教科書 データと経営を結び付けるWeb解析の進化したステージ [アナリティクス アソシエーション公式テキスト]

¥2,000+税

品種名
書籍
発売日
2015/6/19
ページ数
224
サイズ
A5判
著者
アナリティクス アソシエーション 著
ISBN
978-4-8443-3793-5

データ分析はできるけれど、ビジネスの成果はなかなか上がらない……。
そのような悩みを抱えるWeb担当者、アナリティクス担当者のために、国内最大級の業界団体「アナリティクス アソシエーション」が、これまでの7年にわたる活動の中で蓄積した知見をまとめました。(詳細はこちら

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

本書の詳しいご案内

データ分析はできるけれど、ビジネスの成果はなかなか上がらない……。

そのような悩みを抱えるWeb担当者、アナリティクス担当者のために、国内最大級の業界団体「アナリティクス アソシエーション」が、これまでの7年にわたる活動の中でに蓄積した知見をまとめました。

これから「改善」に取り組む担当者のためにはスモールスタートによる改善の取り組みを具体的に解説。Webサイトから企業のビジネス全体へと範囲を広げ、DMP、データ統合といった最新の取り組みにも触れながら、アナリティクスの本質と、現実的な問題への対処法を明らかにしていきます。
また、アナリティクスによる改善の成否に大きな影響を及ぼす「組織」の問題についても、数多くの事例をもとに考察。アナリティクスに取り組むチームの編成、企業内での位置付け、他部門との関わり方などを論じていきます。

本書はツールの使い方を解説する本ではありませんが、ツールの使い方以外のあらゆるノウハウを盛り込んだ、企業の成長を牽引するアナリティクス担当者のための本です。

このような方におすすめ

・効果的なサイトの改善方法を模索しているWeb担当者
・今以上の成果を求められているアナリティクス担当者
・データ活用を成長戦略に取り入れたい経営者

本書について(はじめに より)

「なぜ、データ分析に取り組んでいるのに成果が出せないのか?」
本書は、そんな悩みに答えるために、私たちアナリティクス アソシエーションが7年間の活動から得たエッセンスをまとめた書籍です。Webサイトのアクセス解析に携わる方を中心に、データ分析によるビジネスの改善に取り組む方々を対象としています。

 第1章では私たちが取り組む「アナリティクス」を概観し、第2章〜第4章では「アクセス解析はしているが、どこから改善すればいいのかわからない」「サイト外も含めてお客様とのコミュニケーションを改善したい」「DMPやマーケティング自動化チャレンジしたい」と考えている方に向けて、事例も交えて、わかりやすく解説していきます。そして、第5章ではアナリティクスを生かして成長する組織のあり方について、日本の企業組織の現状に合わせた形で考察します。

著者プロフィール

アナリティクス アソシエーション

2008年12月「アクセス解析イニシアチブ」として活動を開始し、2009年4月に正式に発足。2014年6月より「アナリティクスアソシエーション」に改称。2015年4月現在、約5,500人の会員を抱える。
アナリティクスに取り組む人々がビジネス現場のキーマンとして活躍できるよう、スキルアップの支援、経験や事例の共有、交流のサポートなどを実施。成長やキャリアアップの場作りとして、セミナーや相談会など各種イベントの開催、メールマガジンの発行、人材の交流支援などを行っている。

◆主なスタッフ

代表:大内範行
副代表:衣袋宏美
副代表:大前創希
副代表:中嶋淳
副代表:安川洋
プログラム委員:いちしま泰樹

サイトURL: http://a2i.jp/

目次

第1章 「アクセス解析」から「アナリティクス」への進化
第2章 ユーザー心理を捉えたサイト改善の始め方
第3章 カスタマージャーニーによるユーザーの深い理解
第4章 データ統合が実現するマーケティング自動化
第5章 アナリティクスを生かす組織の作り方

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム