DevOps を支える HashiCorp ツール大全(Think IT Books)

DevOps を支える HashiCorp ツール大全(Think IT Books)

¥2,200+税

品種名
書籍
発売日
2015/10/22
ページ数
120
サイズ
B5変形判
著者
前佛 雅人 著/クリエーションライン株式会社 監修
ISBN
978-4-8443-3926-7

HashiCorp公認パートナーが解説するインフラ構築運用のベストプラクティス!

Vagrantの開発元として知られるHashiCorpは、DevOps向けのツール群を提供しています。どのツールもシンプルながら開発にも運用にも使え、日々の業務に役立つ便利なものばかりです。本書では、それぞれのツールに対する知識だけでなく、実際に手を動かしながら理解を深めていくことを目指しています。本書は、インプレスが運営するWebメディア「Think IT」で、「HashiCorpのツール群からみるインフラ構築運用の未来」として連載された技術解説記事を電子書籍およびオンデマンド書籍として再編集したものです。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

著者プロフィール

前佛 雅人

クリエーションライン株式会社Technology Evangelist。ホスティングサービスで運用保守サポートに携わった後、現職へ。サポート業務や新技術検証や開発業務を行う傍ら、実家で農作業のため東京と富山を往復する日々。趣味で監視や自動化に関するOSS検証や翻訳を行う。とりわけ運用・監視の省力化・最適化に興味。辛口の日本酒が大好き。

Twitter: @zembutsu

目次

はじめに
第1章 コード化でDevOpsを支えるHashiCorpのツールと開発背景
第2章 開発環境の構築・共有を簡単にするVagrant
第3章 マシン・イメージを自動構築し、作業効率を高めるPacker
第4章 インフラの構成管理を自動化するTerraform
第5章 自動化・省力化のためのSerf
第6章 サービス・ディスカバリのためのConsul
第7章 ツールのまとめと使い方の勘所
付録 コマンドオプションリファレンス
著者紹介

関連書籍

好評発売中

OpenStack 構築手順書 Mitaka 版(Think IT Books)

OSSクラウドの大本命、OpenStack(Mitaka版)を構築しよう!

好評発売中

OpenStack-Ansible で作る HA 環境構築手順書 kilo版(Think IT Books)

OSSクラウドの大本命、OpenStackをAnsibleで構築しよう!

好評発売中

OpenStack 構築手順書 Kilo版(Think IT Books)

OSSクラウドの大本命、OpenStack(Kilo版)を構築しよう!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 98ページ D.1 コマンド・オプション
    • [誤]-config-file : (中略)、JSON形式のファイルを良い込むことが
    • [正]-config-file : (中略)、JSON形式のファイルを読み込むことが
  • 100ページ D.1 コマンド・オプション
    • [誤]-rpc-auth : (中略)、このオプションは環境変数SERFRPCAUTH`でも利用できます。
    • [正]-rpc-auth : (中略)、このオプションは環境変数SERF_RPC_AUTHでも利用できます。
  • 104ページ D.10 sef leave
    • [誤]D.10 sef leave
    • [正]D.10 serf leave
  • 107ページ D.15 serf tags
    • [誤]変更が適用されるときにmembe-updateイベントが発生します。
    • [正]変更が適用されるときにmember-updateイベントが発生します。
  • 109ページ 付録E Consulコマンド・リファレンス
    • [誤]Consulを使うにはConsulという単一のコマンドのみです。
    • [正]Consulを使うにはconsulという単一のコマンドのみです。
  • 112ページ E.1 コマンド・オプション
    • [誤]このログはConsul monitor コマンドによって参照できます。
    • [正]このログはconsul monitor コマンドによって参照できます。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム