いちばんやさしいWebマネジメントの教本 人気講師が教える最強のサイト運営チームの作り方

いちばんやさしいWebマネジメントの教本 人気講師が教える最強のサイト運営チームの作り方

¥1,780+税

品種名
書籍
発売日
2016/3/11
ページ数
176
サイズ
B5変形判
著者
桐谷 晃司 著/石井 力重 著/吉澤 富美 著
ISBN
978-4-8443-3998-4

複雑化する企業のWeb案件を成功させる秘訣とは?

大好評「いちばんやさしい教本」シリーズから、Web担当者向けの“チーム作り”の実践書が登場! 「Webマネジメント」とは、企業のWebプロジェクトをやり遂げるための「強いチーム」を作るための手法や考え方のこと。社内の異なる部署・部門の意見をまとめ、Web制作会社に「意志のある発注」をすることが本書のゴールになります。チームの意見をまとめるには、全員が参加する「ワーク」を活用。リーダーがファシリテーターとなってメンバーを盛り立て、問題の洗い出しやアイデアの発想に取り組むテクニックやノウハウを解説します。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

詳細

著者プロフィール

◎ 桐谷 晃司(きりたにこうじ)

デジパ株式会社 代表取締役社長
1964年大阪府生まれ。1988年関西大学卒業。1991年、人材コンサルティング会社の創業に始まり、3度の起業、1度の倒産、2度の事業売却を経験。2001年にWeb制作会社・デジパを創業し、15年間で社員10名が起業するプロ集団に成長させる。サイト制作におけるチームビルディングが得意領域。2010年より南房総と東京都の二拠点生活を始め「半農半起業家」としてのライフスタイルを選択。現在ではデジパのほか、NPO法人あわ地球村、株式会社ココロザスの計3社の代表を務める。著書に『検索せよ。そして、動き出せ。』(ビジネス社、2014年)など。デジパ:http://digiper.com/

◎ 石井 力重(いしいりきえ)

アイデアプラント代表
アイデア創出支援の専門家。1973年千葉県生まれ。東北大学大学院・理学研究科修士課程卒業。商社勤務、独立行政法人のフェロー、ベンチャー企業駐在を経て、2009年にアイデアプラントを創業。ブレインストーミングや創造技法の実践と理論の両面に強い興味を持ち、創造工学(Creative Problem Solving、TRIZ)を研究中。「アイデア発想を支援するツール」の作家として多様なアイデア発想ツールを開発。全国各地の企業、大学、公的機関などでワークショップを実施。2014年4月より、早稲田大学・人間科学部での非常勤講師も務める。著書に『アイデア・スイッチ 次々と発想を生み出す装置』(日本実業出版社、2009年)。アイデアプラント:http://ideaplant.jp/

◎ 吉澤 富美(よしざわよしみ)

デジパ株式会社 ディレクター
1980年静岡県生まれ、神奈川育ち。幼少期をサウジアラビアで過ごす。Web制作会社勤務を経て、2004年よりフリーランスとしてWeb制作業務などを行う。2010年よりデジパに所属、ディレクターおよびマークアップエンジニア職に従事。HTML、CSS、JavaScriptなどのWeb系フロントエンド技術が主な専門分野。2012年の立ち上げ時からWP-Dへ参加。HTML Japan Cup 2014 by html5j 部門賞受賞。2016年にD-77.LLCを設立、同社代表も務める。好きなものはガジェットとライブ。著書に『現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド』(共著/MdN、2013年)など。

目次

イントロダクション チームのまとまりこそWebプロジェクトの「成功の条件」
Chapter 1 サイト運営におけるチームの重要性を知ろう
Chapter 2 キックオフでチームの結束力を高めよう
Chapter 3 問題や要望を洗い出して共有・整理しよう
Chapter 4 課題を達成するためのアイデアを発想しよう
Chapter 5 すべての決定事項を発注要件に落とし込もう
Chapter 6 制作中のやりとりを円滑に進めるために

ダウンロード

  •  『いちばんやさしいWebマネジメントの教本』のダウンロード特典ファイルです。

    Webマネジメントのワークや発注資料の作成に役立つ各種テンプレートが含まれています。
    ファイルの一覧は本書の165ページをご覧ください。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム