DOS/V POWER REPORT 2015年12月号

DOS/V POWER REPORT 2015年12月号

¥1,000+税

品種名
雑誌
発売日
2015/10/29
ページ数
192
サイズ
A4変形判
著者
DOS/V POWER REPORT編集部 編

PCの歩みとともに24年、昔も今も最先端!

【通巻256号記念企画】「自作PCクロニクル」
【総力特集】“PC/AT互換機”の最先端はここにある!
「25年前のPC自作スタンダード」

【特別付録】「“CPU進化の系譜” ポスター」


毎月700円(税込)で最新号が読める直販電子版 月額プラン
ご購読好評受付中。詳しくは下記リンクよりどうぞ
 

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

電子版ご購入のお客様:通巻256号記念付録“CPU進化の系譜”ポスター・ダウンロードのご案内

電子版をお求めのお客様は、下記URLにて今号付録の「“CPU進化の系譜”ポスター」の印刷可能なPDFをダウンロードできます。ダウンロードには電子版の目次(p.2)に記載されているパスワードが必要です。ご購入の電子版をご確認の上ご利用ください。

ダウンロードはこちらから→ http://www.dosv.jp/special/1512/

今月号の特集・見どころ

■総力特集 25年目のPC自作スタンダード

本誌創刊号が発売されたのは1991年11月。
メーカー製デスクトップ機のCPUは386SXが主力で、上位モデルに486DXが搭載されているという時代だ。
この頃の本誌の話題は「いかに日本語を表示するか」、「SVGA/XGAで高速表示できるディスプレイアダプタはどれか」というもので、
特集記事にはベンチマークスコアが今と変わらずずらりと並んでいる。
2015年現在、PCはもはや特別なものではなくなったが、目的に合わせてパーツを選択することで、より速く、より快適な環境を得られるという図式に変わりはない。
記念すべき通巻256号の特集では、改めてパーツ選択、組み合わせ、設定を楽しむPC自作のおもしろさを提案したい。
25年目を迎えたPC/AT互換機の最先端と、その多様性をお見せする。

#主な掲載製品

その1「王道を行くSkylakeハイエンドマシン」

●CPU:Intel Core i7-6700K
●マザーボード:ASUSTeK MAXIMUS Ⅷ HERO
●ビデオカード:MSI GTX 980Ti GAMING 6G
●SSD:Intel SSD 750 SSDPEDMW400G401 ほか

その2「静かで速く省電力の新世代ミドルレンジPC」
●CPU:Intel Core i7-6700T
●マザーボード:ASRock Fatal1ty H170 Performance
●ビデオカード:MSI GTX 960 GAMING 2G
●SSD:Micron Crucial BX100 CT500BX100SSD1 ほか

その3「Skylakeの可能性を引き出す拡張性抜群の小型PC」
●CPU:Intel Core i5-6400
●マザーボード:GIGA-BYTE GA-H170N-WIFI(rev. 1.0)
●ビデオカード:ASUSTeK GTX970-DCMOC-4GD5
●SSD:Kingston HyperX Predator PCIe SSD SHPM2280P2H/480G ほか

■特別企画
最新&定番ゲーム快適プレイ環境はコレだ!!
IEEE802.11ac+1000BASE-T対応無線LANルーター
最新インクジェットプリンタ31選

■特別付録
“CPU進化の系譜”ポスター
※ 電子版をご購入の方はWebサイトからダウンロードできます。詳しくは目次ページをご覧ください。

■マザーボード完全攻略ガイド
ASRock Z170 Extreme7+

■マザーボード一刀両断
GIGA-BYTE GA-Z170X-Gaming G1(rev. 1.0)
ASUSTeK H170 PRO GAMING
ASRock Fatal1ty Z170 Gaming-ITX/ac
MSI B150M MORTAR

ほか

誌面サンプル

目次

※イメージをクリックするとPDFファイルが開きます。

関連書籍

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム