DOS/V POWER REPORT 2016年1月号

DOS/V POWER REPORT 2016年1月号

¥1,000+税

品種名
雑誌
発売日
2015/11/28
ページ数
176
サイズ
A4変形判
著者
DOS/V POWER REPORT編集部 編

マザーボード戦線に異状あり! 混戦を制すのは?

【総力特集】読者&執筆陣の投票でメーカー戦々恐々!?
「価格帯別・最強マザーをここに決定 マザーボード100選 2016」
【ダウンロード付録】プロのみに渡されていた資料を本誌限定公開
「ASUSTeKレビュアーズガイド マザーボード&ビデオカード編 英語版」
【特別付録】ドカンと大レビュー!
「マザーボード&ベアボーン超図鑑 2016」


毎月700円(税込)で最新号が読める直販電子版 月額プラン
ご購読好評受付中。詳しくは下記リンクよりどうぞ
 

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

詳細

ダウンロード特典:ASUSTeKレビュアーズガイド マザーボード&ビデオカード編(英語版)

DOS/V POWER REPORT 2016年1月号は購入特典としてASUSTeKレビュアーズガイドをダウンロードできます。ダウンロードにはP.80に記載されているパスワードの入力が必要です。お手元にお求めの雑誌・電子雑誌をご用意の上ご利用ください。

ダウンロードはこちらから→ http://www.dosv.jp/special/1601/

今月号の特集・見どころ

■総力特集 マザーボード100選 2016

マザーボード市場にとって2015年は大きな変化の年だった。Intelのメインストリーム向けCPUの対応ソケットとして新たにLGA1151が採用されたことで、マザーボードメーカーが一斉にラインナップを更新、各社が趣向を凝らした魅力的な製品を発売した。ゲーミングや耐久性重視など、ユーザーニーズに合わせたシリーズ展開が進んでおり、自分にピッタリの自作PCを作ることが容易になったのもここ最近の傾向だ。今月の総力特集では、最新マザーボードを価格やサイズによって六つの部門に分類。Webでの人気投票を行なった上で、本誌執筆陣と編集部による投票を実施してオススメの製品を決定した。各部門とも最新トレンド解説も掲載するなど、製品選びに役立つ情報を詰め込んだ。長い付き合いになるであろうマザーボードを選ぶ際の指標としていただきたい。

#主な掲載製品

・ウルトラハイエンド部門
 Micro-Star International Z170A XPOWER GAMING TITANIUM EDITION
 ASUSTeK Computer RAMPAGE V EXTREME/U3.1
 ASRock Z170 OC Formula

・ハイエンド部門
 ASUSTeK Computer MAXIMUS VIII GENE
 ASUSTeK Computer MAXIMUS VIII HERO

・アッパーミドル部門
 GIGA-BYTE TECHNOLOGY GA-Z170X-UD5 TH(rev. 1.0)
 ASRock Z170 Extreme4
 ASUSTeK Computer Z170-A

・ミドルレンジ部門
 ASRock Fatal1ty H170 Performance
 ASUSTeK Computer H170 PRO GAMING
 ASRock H170 Combo
 ASUSTeK Computer H170-PRO

・ローエンド部門
 GIGA-BYTE TECHNOLOGY GA-B150M-DS3H DDR3(rev. 1.0)
 ASRock B150M Combo-G

・スモールフォームファクター部門
 ASUSTeK Computer Z170I PRO GAMING
 ASRock X99E-ITX/ac
 GIGA-BYTE TECHNOLOGY GA-Z170N-WIFI(rev. 1.0)

■特別企画
Fire TV vs. 第4世代Apple TV
Amazonベーシック特選品
最新モバイルバッテリ28選

■特別付録
マザーボード&ベアボーン超図鑑 2016

誌面サンプル

目次

※イメージをクリックするとPDFファイルが開きます。

関連書籍

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。