ノート・日記・手帳が楽しくなる ゆるスケッチ

ノート・日記・手帳が楽しくなる ゆるスケッチ

¥1,200+税

品種名
書籍
発売日
2017/3/10
ページ数
112
サイズ
A5判
著者
corekiyo 著/スギタメグ 著
ISBN
9784295000891

よく見て描くだけでスケッチは上手くなる!

手帳や絵日記、ノートに自分が見たモノ・考えたコトをちょっぴり上手に、センスよく描くヒントがいっぱい詰まってます。「上手にスケッチするにはどうやって描けばいいでしょう?」この質問には、まず「よく見て描いてください。」と答えます。ただ「よく観察する」と言われても、最初はどう観察したらよいのか戸惑うかもしれません。描きたいものを「それらしく」描くためには、観察するポイントがあるのです。全部をすべて同じに描く必要はありません。難しく考えないで、まずはゆるーく、楽しく、自由に描いてみましょう。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

SNSにて情報発信中!

イラストの描き方動画やスタッフのイラストなどを投稿中です!
ぜひフォローしてくださいね♪

著者プロフィール

◎ corekiyo/スギタメグ
イラストレーター。2009 年よりフリー。主に女性向けと子ども向けの雑誌と書籍の表紙や挿絵、素材集などのイラストを制作。子ども向けのキャラクターイラストから、女性向けのガールズイラスト、趣味のおやつスケッチまで日々何か描いています。「かわいくおしゃれで分かりやすい」を心がけています。「手作りツールで売上UP !まるごとPOP 素材集」(インプレス)など、著書多数。

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

【はじめに】
【PART1】はじめる前に

・ペンの種類
・線の太さ・濃さ
・紙選び
・色を塗る道具

【PART2】きほんのスケッチ

・覚えておくと上手くいく ゆるスケッチ6 か条
・まずは手を慣らしてみよう 線を描く
・平らなものから描いてみよう トランプを描く
・立体のきほん① 箱を描く
・立体のきほん② 円柱を描く
・光と影のはなし 影を観察
・文字を描くときのきほん① 平面に文字を入れる
・文字を描くときのきほん② 立体に文字を入れる

【PART3】いろいろなもの

・ふんわりサクサクなもの パンを描く
・甘くて美味しいもの お菓子&スイーツを描く
・フレッシュなもの 野菜&フルーツを描く
・生きてる植物たち グリーン&フラワーを描く
・中身が透けて見えるもの ガラスを描く
・ピカピカ光っているもの 金属製品を描く
・ふんわり柔らかいもの 布小物やぬいぐるみを描く

【PART4】いろいろな組み合わせ

・植物同士の組み合わせ 小さな寄せ植えを描く
・お皿と料理の組み合わせ 美味しいランチを描く
・高さと重なりがあるもの お気に入りの雑貨を描く
・小さな風景に挑戦 ちょっとしたコーナーを描く

【PART5】いろいろなシーン

・SCENE.01 カフェ
・SCENE.02 街中の人
・SCENE.03 旅
・SCENE.04 手作りMAP
・SCENE.05 ファッション
・SCENE.06 お料理レシピ
・SCENE.07 絵日記
・SCENE.08 お部屋
・SCENE.09 間取り

【PART6】応用編 いろいろなアレンジ

・ゆるスケッチで作る 簡単オリジナル雑貨
・オリジナルのイラストを描いてみよう

【COLUMN】SNS で「いいね!」がもらえるちょっとしたコツ

・Instagram 編
・Twitter 編
・トリミングでよく見せる!
・写真の撮り方アイデア
・写真加工のアイデア

関連書籍

好評発売中

手作りツールで売上UP!まるごとPOP素材集

パソコンで誰でもかんたんに「売れる」POPが作れる!

好評発売中

スケジュールやメモを楽しく可愛く彩る3色ボールペンで描く乙女の手帳イラストレシピ

可愛くてカンタンな作例がたくさん! マネするだけで誰でもかんたんに素敵なイラストが描けるようになる

好評発売中

Sense up 「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック

センスは才能ではなく「情報力」! 大人女性に贈るセンスアップのルール

好評発売中

できるポケット メルカリ&メルカリアッテでかしこく稼ぐ本

フリマの達人が購入・出品のワザを解説!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム