お賽銭はいくらがいいのか?ストーリーでよくわかる、経営と会計の実践

  • Amazonで購入
  • 楽天ブックスで購入

お賽銭はいくらがいいのか?ストーリーでよくわかる、経営と会計の実践

  • 著者名: 長谷川 浩之 著
  • 発売日:2015/06/15
  • 判型: 四六判
  • ページ数: 256P
  • ISBN:9784844374152
  • 価格: 1480 円

利益の出ないを仕事をしていませんか?

会計を知ることで、あなたの仕事はもっと儲かるようになります。

借金だらけの会社を継ぐことになった主人公、凌介。次から次へと難題が降りかかり、八方塞に。
途方に暮れた主人公が、藁をも掴む思いで立ち寄った神社で体験したこととは......
本書は、「物語」と「解説」の二部構成となっており、会計初心者の主人公と一緒に、ステップアップ方式で会計を学ぶことができます。
誰もが勘違いしてしまうような会計の基本的な知識から、経営を行う上で必要な上級者向けのノウハウを詰め込みました。
これから会計を勉強しようと思っている方はもちろん、会計に苦手意識がある方にもぜひ読んでいただきたい1冊。
主人公がどうやって会社を立ち直らせていくのか、物語の終わりを知る頃には、あなたの会計知識もばっちり身についているはずです。