100年使える「箱の家」をつくる

  • Amazonで購入
  • 楽天ブックスで購入

100年使える「箱の家」をつくる

  • 著者名: 渡辺 晃 著
  • 発売日:2018/09/14
  • 判型: 四六判
  • ページ数: 192P
  • ISBN:9784295402114
  • 価格: 1480 円

このあと経済がぐんぐん伸びることは期待できず、30代・40代の所得の伸びが鈍っている中で、いま多くの人が住まいに望む大きな条件は、次の2つではないでしょうか。
つまり、「長く住める家」であり、「無理せず手の届く価格の家」であることです。

自身も不動産鑑定士として、これまで3万軒以上の家を見てきた著者が提唱するのは、OL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の高い家を建てること。

結果、たどり着いたのは、本書でお話しする「箱の家」です。
これは、構造の面でも空間の利用効率でも優れた「箱型(直方体)」の住宅のことです。
シンプルで頑丈な構造を持っていて、建てるための費用やメンテナンスの費用も安く、空間を最も無駄なく使えるのが、「箱型」の住宅です。
それさえあれば、あとは自由にカスタマイズできるようにすることで、流行に左右されない住宅になります。
こうして経済性と合理性を備えた家こそ、建てる人の人生の質、つまりQOLを高めることのできる住宅なのです。

「リビングを中心に考える」
「家族構成の変化に合わせられるようにつくる」
「初期コストだけで考えずランニングコストを含めて抑える」

など、孫の代まで使えて、QOLを高めるコンパクトな家づくりのノウハウを凝縮した一冊。 あなたの家づくりにも、ぜひお役立てください。