日本史に学ぶ一流の気くばり

  • Amazonで購入
  • 楽天ブックスで購入

日本史に学ぶ一流の気くばり

  • 著者名: 加来 耕三 著
  • 発売日:2019/02/22
  • 判型: 四六判
  • ページ数: 224P
  • ISBN:9784295402794
  • 価格: 1280 円

日本史の勝敗は、「人間関係」で9割決まった!

日本史の勝者に共通するのは、周りへの気くばりや気づかいが徹底していること。
例えば、豊臣秀吉は生涯、他人の悪口を言わなかったといいますし、平清盛はけっして人前で部下を叱らなかったそうです。天下人徳川家康は、短気な性格をグッと堪えて、部下に寛容であり続けました。
彼らは人間関係こそが大切と考え、どれほど偉くなってもその姿勢を変えませんでした。
結果、周りから信頼を得て、大事な場面で多くの味方を得て、結果を出していったのです。

一方で、才能があるのに失脚し、脱落していった人の多くは、周りへの配慮が足りず、
足を引っ張られ、裏切られ、自滅していきました。

現代社会においても、この真理は同じでしょう。
むしろ人間関係が難しい今こそ、気くばりの重要性は増しています。
本書は、日本史の偉人たちが行っていた気くばりを通して、仕事も人生もうまくいくヒントをまとめました。
チームをまとめる立場の人から、職場の人間関係で悩む人まで、参考になる行動・考え方・姿勢は多いはずです。

第一章 今も昔も、できる人は気くばりを大切にしている
第二章 こんな上司と仕事がしたい! 歴史に学ぶ「理想の上司」とは?
第三章 気づかいができる部下は誰からも愛される
第四章 最高の人間関係が最高のチームをつくる