文系女子のためのはじめての日商簿記3級 合格テキスト&仕訳徹底マスター問題集 第2版

文系女子のためのはじめての日商簿記3級 合格テキスト&仕訳徹底マスター問題集 第2版

¥1,300+税

品種名
書籍
発売日
2016/8/25
ページ数
488
サイズ
A5判
著者
江頭 幸代 著
ISBN
9784844381310

新出題範囲完全対応! 数学が苦手でも大丈夫!

新出題範囲完全対応! 算数レベルからていねいに解説した、唯一の文系女子向けの日商簿記3級テキストの改訂版。仕訳を徹底的にマスターする専用問題集も引き続きセット。短大を卒業したばかりのまゆこさんがお母さんと一緒に酒屋経営のための簿記を学ぶストーリー仕立てで、日商簿記3級の知識が飽きずに着実に身につきます。初挑戦のあなたにも最後まで読み進められます。さらに、ながら学習に便利な音声講義や全文PDFに、181ページ超の自習問題集が無料ダウンロードできるほか、動画解説も用意。合格力が身に付く読者特典が盛りだくさん!

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

著者プロフィール

◎ 江頭 幸代(えがしら さちよ)

福岡県生まれ
1993年 福岡大学商学部商学科卒業 民間企業に就職
1999年 福岡大学大学院商学研究科卒業
2003年 博士(商学)(九州産業大学大学院)
2003年 国立広島商船高等専門学校助手就任
2006年 大原大学院大学准教授就任
2014年 関東学院大学経済学部准教授就任

主な著書
『文系女子のための日商簿記3級 合格解き方ナビ問題集』(インプレス)
『リベンジBOOK 日商簿記シリーズ』(とりい書房)
『ライフサイクルコスティング』(税務経理協会)

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

本書の特長
まえがき -文系女子のために-
文系女子の学習法
3級に出る勘定科目一覧
登場人物のプロフィール
日商簿記3級試験の出題傾向と対策

●Chapter 1 簿記の基本
会社って何? -会社は、何のためにあるの?-
簿記って何?
今、会社にはいくらお金があるの?
いくら、儲かっているの?
簿記の流れ
複式簿記って何?
取引って何?
仕訳とは?

●Chapter 2 期中取引に使う勘定科目(1)
はじめに
有形固定資産の購入
商品の仕入
商品の販売
後日支払う・もらうべき代金(買掛金・売掛金)
運賃
商品の返品・値引き -仕入編-
商品の返品・値引き -売上編-
先にお金を支払った・もらった(前払金・前受金)
仕入勘定と売上勘定の記入

●Chapter 3 期中取引に使う勘定科目(2)
現金
当座預金
当座借越
当座勘定
手形(約束手形)
手形の割引
手形の裏書
自己振出に関するもの
現金過不足 -期中編-

●Chapter 4 期中取引に使う勘定科目(3)-その他の取引編-
貸付金(手形貸付金)
借入金(手形借入金)
未払金・未収入金
仮払金・仮受金
有価証券
立替金
預り金
商品券・他店商品券

●Chapter 5 帳簿について
主要簿・補助簿
仕訳帳・総勘定元帳
現金出納帳・当座預金出納帳
仕入帳・売上帳
受取手形記入帳・支払手形記入帳
小口現金出納帳
売掛金元帳(得意先元帳)と買掛金元帳(仕入先元帳)
商品有高帳

●Chapter 6 伝票について
伝票とは
三伝票制

●Chapter 7 決算で行われる仕訳
試算表について
決算とは
決算整理仕訳① -売上原価の計算-
決算整理仕訳② -貸倒引当金の計上-
決算整理仕訳③ -減価償却の計算-
決算整理仕訳④ -費用・収益の修正-
決算整理仕訳⑤ -消耗品-
決算整理仕訳⑥ -現金-
決算整理仕訳⑦ -引出金-
その他の仕訳① -固定資産の売却-
その他の仕訳② -償却債権取立益-

●Chapter 8 決算
総勘定元帳の締切
精算表の作成
損益計算書の作成
貸借対照表の作成

仕訳徹底マスター問題集

索引
本書の特典のご案内

関連書籍

好評発売中

文系女子のための日商簿記3級 合格解き方ナビ問題集

どんな出題にも対応できる解法が身に付く!

好評発売中

文系女子のための電卓操作入門

電卓操作がゼロからわかる入門書の決定版!

好評発売中

文系女子のための日商簿記 2 級[商業簿記]合格テキスト&問題集

好評発売中

文系女子のための日商簿記 2 級[工業簿記]合格テキスト&問題集

音声講義付きテキストで目指せ最短合格!

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 0ページ 本全体に関するお知らせ
    • [誤]【特記】
    • [正]下記の正誤表のうち[正]の末尾に★がついたページについては、修正した紙面のPDFデータ(単ページPDF。印刷可)をダウンロード提供しています。ダウンロードリンクはこの記述の上にあります。また、「読者限定特典」ページの「本書全文PDF(2/21更新 19.1MB 印刷不可)」も同じく★部分は修正済みとなっています。
  • 1ページ 特典問題集の99ページ EXERCISE 38 商品有高帳、解答「商品有高帳」内
    • [誤]25日の残高欄 4 700 2,800(下から6行目)
    • [正]30日の残高欄 4 700 2,800(下から3行目に移動)
  • 236ページ ページ下「現金勘定」内、1行目、左から「日付」「摘要」の次の欄
    • [誤]1
    • [正]仕丁

  • 236ページ ページ下「現金勘定」内、2行目、「借入金」の右の欄(4月1日の仕丁)
    • [誤]※空白
    • [正]1

  • 237ページ ページ中程「現金勘定」、1行目、左から「日付」「摘要」の次の欄
    • [誤]1
    • [正]仕丁

  • 237ページ ページ中程「現金勘定」、2行目、「借入金」の右の欄(4月1日の仕丁)
    • [誤]
    • [正]1

  • 245ページ ページ上「先生の講義05」の見出し
    • [誤]※見出し抜け
    • [正]現金出納帳の記入の仕方

  • 250ページ ページ下段「当座預金出納帳」内「摘要欄」下から2行目の赤文字「次月繰越」の位置
    • [誤]赤文字「次月繰越」の位置:下から2行目
    • [正]赤文字「次月繰越」の位置:下から3行目

  • 311ページ ページ中程、「解説01」の(2)、「取引」内、2行目
    • [誤]/売掛金880,000
    • [正]/買掛金880,000

  • 406ページ ページ中段「精算表」内の「勘定科目」列
    • [誤]1行目(空白)

      2行目(空白)
    • [正]1行目 引出金

      2行目 資本金

  • 429ページ ページ下方、「(13)売掛金の回収等」内、ポイント「簿記上で現金として扱うもの」の4番目
    • [誤](4) ※空欄 → 貸方は「有価証券利益」(収益)
    • [正](4)支払期日の到来した公社債の利札 → 貸方は「有価証券利益」(収益)

  • 434ページ 「仕訳問題2」の解答、問4の(2)
    • [誤](未収金)
    • [正](未収入金)

  • 435ページ 「仕訳問題2」の解答、問14
    • [誤](未収金)
    • [正](未収入金)

  • 438ページ 「仕訳問題2」の解説「(4)有価証券の購入と売却」解説文、下から3行目
    • [誤]「未収金」
    • [正]「未収入金」

  • 443ページ 「仕訳問題2」の解説「(14)固定資産の売却」、上方の仕訳表、2行目
    • [誤](未収金)
    • [正](未収入金)

  • 443ページ 「仕訳問題2」の解説「(14)固定資産の売却」、中ほどの仕訳表、2行目
    • [誤](未収金)
    • [正](未収入金)

  • 458ページ ページ下方、「売掛金元帳」の「大分商店」左欄
    • [誤]※空欄
    • [正]8/1 前月繰越 800

       7 ( ⑨ )1,400

  • 462ページ 「小口現金出納帳」内、6/30
    • [誤]『同じ日のときは「〃」を記入』がなされていない(下記参照)
    • [正]
  • 463ページ ページ上の「小口現金出納帳」内
    • [誤]『同じ日のときは「〃」を記入』がなされていない(下記参照)
    • [正]
  • 463ページ ページ下の「小口現金出納帳」内
    • [誤]『同じ日のときは「〃」を記入』がなされていない(下記参照)
    • [正]
  • 474ページ ページ下方、「(ロ)移動平均法」の図内、6/21の「残高」「単価」
    • [誤]28.25
    • [正]58.25

  • 474ページ 「(イ)先入先出法」内、6/21「仕入返品」の「払出」「残高」列、数字の文字色
    • [誤]数字の文字色が赤文字になっているが黒文字に正す(下記参照)
    • [正]

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム