書き損じ・使い残しはがきチャリティ

世界中で支援を必要としている子どもたちを救うため、皆さんのお手元にある書き損じはがきや使い残しはがき・切手を事務局まで送ってください。ご協力をよろしくお願いいたします。

「書き損じ・使い残しはがきチャリティ」について

(c) UNICEF/HQ05-0323/Jose Estey

© UNICEF/HQ05-0323/Jose Estey

皆さんのお手元の書き損じ・使い残しはがきを当社へお送りいただきます。送っていただいたはがきは郵便局で新しい切手に交換(手数料は20万円まで当社負担)後、業者に売却し、換金額全額を公益財団法人日本ユニセフ協会を通じてユニセフ基金として寄付(※)し、世界の子どもたちのために役立てます。世界各国で行われているユニセフ活動を支援するために、この企画にご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

※万が一寄付時までに大きな災害等が起こってしまった場合、寄付金の用途が限定される「緊急募金」に寄付先を変更させていただく場合があります

なお、「書き損じ・使い残しはがき、未使用の切手」のみ受け付けております。現金や古着などはお送りいただかないようにお願いします。

「ユニセフ募金」について

ユニセフでは、子どもたちの生命と健やかな成長を守るため、主に以下のような分野で活動を行っています。皆さんからのご協力は、これらの活動のために使用されます。

乳幼児総合ケア 乳幼児の死亡率を減らし、健やかな成長を目指して、ワクチンやマラリア予防用の蚊帳などを提供したり、きれいな水の確保と衛生環境の改善などに取り組んでいます
教育 男子も女子も等しく、すべての子どもが学校に通い、修了できるよう、教材・ノートなどの文房具や学校備品などの提供、井戸やトイレなど学校の衛生環境の整備、教員の育成などを行なっています
エイズとの闘い 母子感染や若者の感染拡大を防ぐための教育を行い、エイズで親を亡くした子どもの支援や母子感染を防ぐためのサービスの提供、感染者の治療などのサポートを行っています
子どもの保護 虐待、搾取、暴力、有害な労働などから子どもを守るための支援を行っています
子ども最優先を目指して すべての子どもが健やかに成長し、教育を受けることのできる、子どもを最優先に考える世界の実現を目指して、子どもを守る法律の整備などに各国政府や他の国連機関などと協力して取り組んでいます

皆さんから送っていただく52円のはがきが募金に生まれ変わると、例えば次のようなことができます(はがき1枚の換金額を約40円、1米ドル= 107円で計算 2015年3月現在)。

■ポリオから子どもを守るためのワクチン......2回分
ポリオは、熱を伴う風邪のような症状から、足腰の痛み、手や足の麻痺などがあらわれ、生涯にわたって運動障害が残ったり、最悪の場合には死に至ったりすることもあります。一度ポリオに感染してしまうと有効な治療法がほとんどありませんが、ワクチンの投与によって感染を予防することが可能です。
■下痢で体から水分が奪われて命を失うことを防ぐ経口補水塩......4袋分(1袋は1リットル用)
汚染された水を飲み、下痢を繰り返すと水分が体から大量に出て行ってしまいます。下痢による脱水症状は、5歳未満の子どもの主な死因のひとつになっています。これを防ぐのが経口補水塩(ORS)です。袋に入っている粉末を安全な飲み水に溶かして飲ませるだけで、子どもたちを脱水症状から守ることができます。
■失明(目が見えなくなること)を防ぐビタミンAのカプセル......40錠分
ビタミンAが極度に不足すると、取り返しのつかない失明の恐れがあります。また、免疫システムの機能に不可欠な栄養素であるビタミンAが欠乏すれば、免疫力が低下し、はしかやマラリア、下痢などのごく普通の病気で死に至る危険が25%も高くなります。しかし、5歳までの子どもに、高単位ビタミンAのカプセルを半年ごとに1つずつ飲ませるだけで、ビタミンA欠乏症を防ぐことができます。

昨年のはがきチャリティの募金実績の5,207,178円は、幼児が遊んだり学んだりするためのアイテムをつめた「幼稚園キット」(1キット50人分)なら279キット分に相当します。 ご家庭の引き出しで眠っているはがきや切手が、世界の子どもを支援するための大きな力となります。
ぜひ、本企画を通じて、ユニセフと世界の子どもたちをご支援ください。直接ユニセフに募金されたい方、より詳しい援助の内容を知りたい方は公益財団法人日本ユニセフ協会のホームページをご覧ください。

書き損じ・使い残しはがき、切手について

事務局に送っていただくはがき・切手は、「郵便局発行」の「使用していないもの(未投函のもの)」に限ります。未使用であれば、発行年数や額面金額などは関係ありません。
なお、これらのはがき・切手は、全国の郵便局の窓口で所定の手数料(1枚につき5円。ただし、額面が10円未満の場合の手数料は合計額の半額)を払えば新しいもの(収入印紙を除くはがき・切手類)に替えてもらえますが、事務局に送っていただければ、ユニセフの活動を支援する費用として寄付されます。

参加要項(必須)

※近年の送付枚数増加により、集計作業が困難になっています。早期募金と活動継続のため、下記のとおりご協力をお願いいたします。

ご送付時のサンプル

はがき・切手を額面ごとに仕分けして枚数がわかるよう直接枚数を記入し、送付用紙にも同内容を記入してください。

送付用紙は以下のリンクからダウンロードすることができます。

» 送付用紙のダウンロードはこちら

プリンターをお持ちでない場合は、別紙に送付用紙の内容を記載していただいても構いません。

【送付準備が整ったら、下記宛先までお送りください】
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング
株式会社インプレス 「インプレス年賀状編集部/チャリティ」係

※上記参加要項を必ず遵守いただいた上でご送付ください。

【締切】
2016年1月25日(月) 当日消印有効

ご協力いただいた結果は、2016年4月~5月に本ホームページで報告させていただく予定です。なお、学校や学級単位でご協力いただいた場合は、学校名を掲載させていただきます。掲載をご希望されない場合は、お手数ですが、その旨お知らせください。

» よくある質問と回答

インプレスのおすすめ書籍

インプレスの本、雑誌と関連Webサービス