徹底攻略ネットワークスペシャリスト教科書 平成26年度

徹底攻略ネットワークスペシャリスト教科書 平成26年度

3,058円(本体 2,780円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2014/4/10
ページ数
616
サイズ
A5変形判
著者
株式会社わくわくスタディワールド 瀬戸美月 著
ISBN
9784844335740

最新の技術動向と出題傾向に対応! 昨年度売上ナンバー1の新定番書!!

最新のネットワーク技術動向と出題傾向に対応し、実際に出題された問題を解きながら学ぶ、知識が定着しやすい構成が支持され、昨年度版売上ナンバー1※の人気を博したわくスタ先生のNW教科書が、仮想化技術やインフラ技術などの重要ポイントをさらに強化して改訂しました。シラバスに登場する用語を暗記するような学習では高度の試験の問題は解けません。本書は、関連度の高い周辺知識も合わせて解説し、より記憶に残りやすく、実務現場でも役立つ、真の実力が身に付く内容となっています。本年度版では、購入者限定特典として、スマホで学べる単語帳と、本書全文の電子版(PDF)を無料ダウンロード提供し、合格力向上を徹底サポートしました(ダウンロード期間は発売から1年となっています)。[※大手取次データ25年度版調べ]


第1章「ネットワーク基礎知識」お試し版PDF無料公開中!

お手元にダウンロードしてお読みください。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

■著者からのメッセージ

 本書は、ネットワークスペシャリスト試験に必要な知識をできるかぎり基本から順に説明し、しっかりと基礎を固めて付け焼き刃ではない実力を付けていただくことを意図して執筆しました。また、情報の新しさにもこだわり、昔の技術よりも「現在使われている技術」を優先して掲載しています。特に、近年よく使われるようになり、試験でもよく出題される仮想化技術については、インフラ技術と合わせて、重点を置いて説明しています。さらに深く理解できるように動画による解説も用意していますので、あわせてご活用ください。

 


 

■著者プロフィール

瀬戸 美月(せと みづき)
株式会社わくわくスタディワールド代表取締役。
わくわくする学びをテーマに、企業研修やオープンセミナーなどで、単なる試験対策にとどまらない学びを提供中。情報処理技術者試験を中心としたブログ「わく☆すたブログ」はファンも多く、「試験対策なのに癒された」「日々やる気がもらえる」と大好評。また、ITの全般的な知識を動画で学べるサイト「わくわくアカデミー」を運営し、多くの人がITスキルを身につけられる環境を作るための活動も展開中。
保有資格は、情報処理技術者試験全区分、高等学校教諭一種免許状(情報)他多数。著書は、『徹底攻略 データベーススペシャリスト教科書』『徹底攻略 応用情報技術者教科書』(以上、インプレスジャパン)『新 読む講義シリーズ 8 システムの構成と方式』『インターネット・ネットワーク入門』『新版アルゴリズムの基礎』(以上、アイテック)他多数。

 


 

■ページイメージ(クリックすると拡大表示されます)

 

 

目次

はじめに
合格のポイント

◇第1章 ネットワーク基礎知識
●1-1 ネットワークとは
1-1-1 通信の仕組み
1-1-2 OSI基本参照モデル
1-1-3 TCP/IPプロトコル群
1-1-4 通信方式の種類
コラム●人と人とを安全につなぐネットワーク
コラム●パケット解析のすすめ
●1-2 ITインフラ
1-2-1 ITインフラとは
1-2-2 サーバ
1-2-3 ストレージ
1-2-4 ネットワークの構成要素
1-2-5 データセンタ
●1-3 演習問題
1-3-1 午前問題
1-3-2 午前問題の解答

◇第2章 ネットワークインタフェース層
●2-1 データリンク
2-1-1 イーサネット
2-1-2 無線LAN
2-1-3 PPP
2-1-4 その他のデータリンク
2-1-5 物理層
●2-2 LAN間接続
2-2-1 スイッチングハブ
2-2-2 スパニングツリー
2-2-3 VLAN
コラム●スイッチングハブは壊れやすい
●2-3 通信サービス
2-3-1 通信サービスの種類
2-3-2 IP-VPN
2-3-3 広域イーサネット
2-3-4 無線通信技術
2-3-5 インターネット接続技術
●2-4 演習問題
2-4-1 午前問題
2-4-2 午前問題の解説
2-4-3 午後問題
2-4-4 午後問題の解説

◇第3章 インターネット層
●3-1 IP
3-1-1 IPの役割
3-1-2 IPアドレス
3-1-3 ICMP
3-1-4 ARP
3-1-5 NAT
3-1-6 VRRP
3-1-7 IPv6
3-1-8 モバイルIP
コラム●パソコンに設定する四つのIPアドレス
コラム●VRRPとSTP
●3-2 ルーティング
3-2-1 ルータ
3-2-2 RIP
3-2-3 OSPF
3-2-4 BGP
●3-3 演習問題
3-3-1 午前問題
3-3-2 午前問題の解説
3-3-3 午後問題
3-3-4 午後問題の解説

◇第4章 トランスポート層
●4-1 トランスポート層の役割
4-1-1 トランスポート層のサービス
4-2 TCPとUDP
4-2-1 TCP
4-2-2 UDP
コラム●TCPは働き者
●4-3 演習問題
4-3-1 午前問題
4-3-2 午前問題の解説
4-3-3 午後問題
4-3-4 午後問題の解説

◇第5章 アプリケーション層
●5-1 Web関連のプロトコル
5-1-1 HTTP
5-1-2 プロキシ
5-1-3 Webアクセス技術
●5-2 メール関連のプロトコル
5-2-1 SMTP
5-2-2 POP,IMAP
5-2-3 その他のメール関連プロトコル
●5-3 アドレス・名前解決
5-3-1 DNS
5-3-2 DHCP
●5-4 その他のプロトコル
5-4-1 FTP
5-4-2 SNMP
5-4-3 IP電話
5-4-4 コンテンツ配信
5-4-5 その他のプロトコル
●5-5 演習問題
5-5-1 午前問題
5-5-2 午前問題の解説
5-5-3 午後問題
5-5-4 午後問題の解説

◇第6章 セキュリティ
●6-1 セキュリティ技術
6-1-1 暗号化技術
6-1-2 認証技術
6-1-3 アクセス制御技術
6-1-4 セキュリティ攻撃
●6-2 セキュリティプロトコル
6-2-1 SSL/TLS
6-2-2 IPsec
6-2-3 IEEE 802X
6-2-4 無線LANのセキュリティ
6-2-5 その他のセキュリティプロトコル
●6-3 演習問題
6-3-1 午前問題
6-3-2 午前問題の解説
6-3-3 午後問題
6-3-4 午後問題の解説

◇第7章 ネットワーク設計
●7-1 ネットワーク設計
7-1-1 ネットワーク設計
7-1-2 電話,電源設備
7-1-3 信頼性設計技術
7-1-4 負荷分散
コラム●信頼性を上げるために
●7-2 通信に関する技術や計算
7-2-1 符号化・データ伝送技術
7-2-2 通信に関する計算
7-2-3 トラフィックに関する理論
コラム●計算問題の鉄則
●7-3 演習問題
7-3-1 午前問題
7-3-2 午前問題の解説
7-3-3 午後問題
7-3-4 午後問題の解説

◇第8章 運用管理
●8-1 ネットワーク運用管理
8-1-1 運用管理
8-1-2 システムの導入,現行システムからの移行
8-1-3 事業継続マネジメント
●8-2 演習問題
8-2-1 午後問題
8-2-2 午後問題の解説

◇第9章 仮想ネットワーク
●9-1 仮想化
9-1-1 仮想化機構
9-1-2 仮想化の方式
コラム●仮想化は様々な場面で使われている
●9-2 ストレージ
9-2-1 SAN
9-2-2 NAS
●9-3 仮想ネットワーク
9-3-1 クラウド
9-3-2 仮想ネットワークの方式
コラム●仮想化を体験してみよう
●9-4 演習問題
9-4-1 午後問題
9-4-2 午後問題の解説

◇付録 平成25年度秋ネットワークスペシャリスト試験
午前? 問題 午前? 解答と解説
午前? 問題 午前? 解答と解説
午後? 問題 午後? 解答と解説
午後? 問題 午後? 解答と解説

索引
「でる語句200」の使い方

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 72ページ ページ上部の図「MACアドレスのフォーマット」
    • [誤]
      (図の下に、下記の注意書きを追加する)
    • [正]
      ※注:正確には,ネットワークのパケットは1バイトごとに下位ビットから(8,7…1)と送られるため,I/Gビットは8番目,G/Lビットは7番目のビットに該当します。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 89ページ ページ下段「解説」文の2行目
    • [誤]
      リングアグリゲーション
    • [正]
      リンクアグリゲーション
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 132ページ 本文中程、「サービスタイプ(TOS)」の説明
    • [誤]
      DSCP(Differentiated Services Code Point)フィールドとして再定義する提案がなされており,DiffServと呼ばれる品質制御で利用されます。
    • [正]
      DSCP(Differentiated Services Code Point)フィールドとECN(Explicit Congestion Notification)フィールドとして再定義されています。DSCPはDiffServと呼ばれる品質制御で,ECNはネットワークの輻輳通知で利用されます。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 172ページ 本文上から6行目
    • [誤]
      182.168.1.252
    • [正]
      192.168.1.252
  • 189ページ 見出し「RIPで経路……」の本文5行目
    • [誤]
      ポイズンリバース
    • [正]
      ルートポイズニング
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 222ページ 表「各フラグの役割」内、CWRとECEの解説文文頭
    • [誤]
      CWR:IPヘッダのDSCPフィールド
      ECE:IPヘッダのDSCPフィールド
    • [正]
      CWR:IPヘッダのECNフィールド
      ECE:IPヘッダのECNフィールド
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 255ページ ページ上部の表「リクエストヘッダの主なパラメータ」内
    • [誤]
      Referrer
    • [正]
      Referer
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 338ページ 本文下から3行目
    • [誤]
      インターネットと外部ネットワークの間に
    • [正]
      インターネットと内部ネットワークの間に
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 353ページ 図SSLハンドシェイクプロトコルの中央やや下
    • [誤]
      Client Key Exchange*
    • [正]
      Client Key Exchange
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 464ページ 8-2-2午後問題の解説、設問4(3)、7-8行目
    • [誤]
      各ブリッジで最もルートブリッジに近いSW2のP1とSW3のP1がルートポート,
    • [正]
      各ブリッジで最もルートブリッジに近いSW4のP1とSW2のP1とSW3のP1がルートポート,
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 573ページ 図4、(2)の説明文1行目
    • [誤]
      MNのホームページのHA宛てに
    • [正]
      MNのホームネットワークのHA宛てに
    • 【 第2刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム