かんたん合格 ITパスポート過去問題集 平成27年度春期 CBT対応

かんたん合格 ITパスポート過去問題集 平成27年度春期 CBT対応

¥1,180+税

品種名
書籍
発売日
2014/12/12
ページ数
336
サイズ
B5判
著者
間久保 恭子 著
ISBN
9784844337270

3ステップ構成でしっかり合格力が高まるiパス対策の決定版!

本書は、iパス(ITパスポート試験)を効率的にパスできるよう、出題率の高い問題を分野別に集めた「よく出る問題」244問と、最新の公開問題2回分(平成26年度秋、26春)を組み合わせた問題集です(加えて25秋、25春、24秋の3回分をダウンロード提供で計5回分の学習が可能)。どちらも3ステップ構成で展開し、一問ごとに詳細な解説が付いているので、初学者でもともて学びやすい内容となっています。さらに、計算問題対策、実力診断テスト、必修用語一覧など、合格力を高めるさまざまな仕組み採用し、学習の効率化を図っています。そのうえ購入者限定特典として、スマホで学べる単語帳と、本書全文の電子版(PDF)も無料ダウンロード提供中!(ダウンロード期間は発売から6ヶ月となっています)

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

著者からのメッセージ

 本書では、ITパスポート試験の過去の出題傾向を徹底分析して、最新の「シラバス」や「出題分野」の変化を反映した上で、出題頻度の高い問題を厳選して分野別にまとめた「よく出る問題」と、公開問題2回分を掲載しています。「よく出る問題」は、分野別(ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系)に分けられており、効率的に各分野の知識を身に付けられるようになっています。特に情報セキュリティ分野の出題強化に対応して、問題の入れ替えと増強を行いました。さらに2回分の過去問題(公開問題)も収録し、Webダウンロードでプラス3回分を提供しています。
 巻頭の「攻略ガイド」では、試験の出題形式や学習方法などを紹介しています。ITパスポート試験の受験にお役立て下さい。

著者プロフィール

間久保 恭子(まくぼ きょうこ)

ソフトメーカーで、ユーザーサポートやPC教材の開発制作に携わる。旧試験の初級システムアドミニストレータ時代から講師として活動しており、現場の声を取り入れた執筆に定評がある。

ページイメージ

 

 

目次

ITパスポート攻略ガイド
ITパスポートCBT対策講座
計算問題必修テクニック
実力診断テスト

よく出る問題
 マネジメント系
  必修用語
 テクノロジ系
  必修用語
 ストラテジ系
  必修用語

ITパスポート試験
 平成26年度 秋期
  中問形式
 平成26年度 春期
  中問形式


表計算ソフトの機能・用語
索引
過去問題の解答一覧と答案用紙
単語帳アプリ「でる語句200」の使い方

※Webダウンロードでプラスご提供する過去問題

ITパスポート試験
 平成25年度 秋期
  中問形式
 平成25年度 春期
  中問形式
 平成24年度 秋期
  中問形式

関連書籍

好評発売中

徹底攻略 ITパスポート教科書+模擬問題 2019年度

新試験範囲【シラバスVer.4.0】に完全対応!

好評発売中

徹底攻略 応用情報技術者過去問題集 2019年度

ムラのない解説と公式解答・講評準拠で捗る

好評発売中

徹底攻略 情報セキュリティマネジメント教科書 2019年度

新シラバス対応!SG対策の決定版!

好評発売中

徹底攻略 情報セキュリティマネジメント過去問題集 2019年度春期

ベテラン講師の詳細解説で効率的に合格力UP

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 11ページ ページ下「損益分岐点売上高の算出」の解説内
    • [誤]
      変動比率
      (5個所)
    • [正]
      変動費率
  • 177ページ 問2の解説文内
    • [誤]
      変動比率とは,
    • [正]
      変動費率とは,
  • 272ページ 問33の選択肢3つ目、4つ目のカタカナ
    • [誤]
      [エ] システム開発プロジェクトが……
      [オ] システムの稼働実績を基に……
    • [正]
      [ウ] システム開発プロジェクトが……
      [エ] システムの稼働実績を基に……

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム