徹底攻略 LPIC Level3 304 教科書+問題集[Version 2.0]対応

徹底攻略 LPIC Level3 304 教科書+問題集[Version 2.0]対応

3,520円(本体 3,200円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2016/4/28
ページ数
272
サイズ
A5判
著者
米山 学 著/株式会社ソキウス・ジャパン 編
ISBN
9784844380542

最新の304 Version 2.0試験に完全対応!

この1冊で合格力MAX!最新試験LPIC Level3 304 Version 2.0に対応した試験範囲を完全網羅。【詳細解説】【実践問題】【模擬試験問題 2回分】のすべてが1冊に収録されているので、確実に実力が身に付きます!受験者は必携です!

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

著者プロフィール

◎ 米山 学(よねやま・まなぶ)

20代半ばに独学でプログラミングやデータベースなどのIT技術を習得し、建築関係の仕事から転身。プログラマ、SEとしてさまざまなシステム開発に携わった後、システム開発と技術教育を専門とする会社を立ち上げ、当時まだ始まったばかりのLPIC資格試験の普及にも努める。その後会社を離れ、現在はフリーランスとして企業研修の講師と書籍の執筆をメインに活動中。
専門はJavaやC#などを中心としたプログラミングとオブジェクト指向分析・設計、Webアプリケーション開発など。10種類以上のプログラミング言語を使いこなすことができ、データベースからネットワーク、サーバー構築、最近では仮想化やクラウド技術、ビッグデータ処理やNoSQL DB、機械学習までありとあらゆるIT技術を対象にLinuxサーバーに接続して実際にコマンドを打ったり、プログラムを書いて動かしたりすることで「体で覚える」実践的なワークショップ形式の研修を実施している。
仕事以外では音楽、読書、映画、玉撞き、登山、トレランなど多趣味、現在はフリークライミングに専念し、数年前から年間の約3分の1は海外クライミングに遠征している。

目次

第1章 仮想化
第2章 高可用クラスタ管理
第3章 高可用クラスタストレージ
第4章 総仕上げ問題(1)
第5章 総仕上げ問題(2)
用語集
索引

関連書籍

好評発売中

2022年版 合格しようぜ!宅建士 テーマ別よく出る問題333 音声解説付き

見開き式だから効率的に分野別学習ができる

好評発売中

2022年版 合格しようぜ!宅建士 基本テキスト 音声講義35時間付き

好評発売中

徹底攻略 情報処理安全確保支援士教科書 令和4年度

スモールステップ学習で効率的に合格力UP!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 28ページ 【参考】の4行目
    • [誤]
      2006年頃にGoogleの元CEOであり現会長のEric Schimdt氏によって・・・
    • [正]
      2006年頃にGoogleの元CEOであり現会長のEric Schmidt氏によって・・・
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 37ページ 解答3の正解
    • [誤]
      C
    • [正]
      C、D
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 37ページ 解答3の解説の5行目
    • [誤]
      したがって、選択肢Cが正解です。
    • [正]
      したがって、選択肢CとDが正解です。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 37ページ 解答3の解説の6〜7行目
    • [誤]
      選択肢AとDはホストOS型仮想化方式の説明です。
    • [正]
      選択肢AはホストOS型仮想化方式の説明です。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 38ページ 解答9の解説、4〜5行目
    • [誤]
      選択肢Bのエミュレーションモードや選択肢DのカーネルモードというCPUのモードは存在しません。
    • [正]
      選択肢BのエミュレーションモードというCPUのモードは存在しません。Linuxにはユーザーアプリケーションも含まれるため、選択肢Dは誤りです。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 43ページ 最終行
    • [誤]
      ・・・その後、システムでxendomainsサービスが自動起動するように設定します。
    • [正]
      ・・・その後、システムでxendomainsサービスが自動起動するように設定します。
      あるいは次ページの例のように、設定ファイルのシンボリックリンクを/etc/xen/autoディレクトリ下に作成します。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 48ページ 3個目の「試験対策」内の例
    • [誤]
      # xm console -c domain1
    • [正]
      # xm create -c domain1
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 67ページ 表【サブオプション】の6行目のサブオプション
    • [誤]
      media=disk | media
    • [正]
      media=disk | cdrom
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 95ページ 【例】ゲストの起動
    • [誤]
      # virsh start
    • [正]
      # virsh start domain1
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 98ページ 「●仮想マシンの復元」の下の1行目
    • [誤]
      virst saveコマンドによって……
    • [正]
      virsh saveコマンドによって……
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 106ページ 「試験対策」内の1行目
    • [誤]
      「仮想マシンのNova」、……
    • [正]
      「仮想マシン管理のNova」、……
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 111ページ 解答2の解説の2行目
    • [誤]
      下記を参照
    • [正]
    • 備考:

      【誤】選択肢DのSwift…… 

      【正】選択肢DのSwift……

       ※「D」を太文字にする

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 116ページ 3行目の囲みの式
    • [誤]
      稼働率 = MTBF / MTBF+MTTR
    • [正]
      稼働率 = MTBF / (MTBF+MTTR)
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 153ページ 図【Pacemakerの基本アーキテクチャ】
    • [誤]
      ※下図を参照
    • [正]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 163ページ 表【order制約のプロパティ】内のsymmetricalの説明
    • [誤]
      デフォルトはtrueであり、起動した逆順でリソースを停止。falseを指定すると逆順にリソースを停止
    • [正]
      デフォルトはtrueであり、起動した逆順でリソースを停止する制約を設定。falseは、制約の設定をしない
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 170ページ 問題10の選択肢C
    • [誤]
      0以上の値を指定することができる
    • [正]
      0以上の値のみ(正の値のみ)を指定することができる
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 223ページ 解答8の2~3行目
    • [誤]
      最初の引数には、2番目の引数にイメージファイルを指定します。
    • [正]
      最初の引数にはデバイス名を、2番目の引数にはイメージファイルを指定します。
    • 【 第2刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム