いちばんやさしいPythonの教本 人気講師が教える基礎からサーバサイド開発まで

いちばんやさしいPythonの教本 人気講師が教える基礎からサーバサイド開発まで

¥2,200+税

品種名
書籍
発売日
2017/8/10
ページ数
272
サイズ
B5変形判
著者
鈴木 たかのり 著/杉谷 弥月 著/株式会社ビープラウド 著
ISBN
9784295002086

講義+実習のワークショップ形式の学習書!

講義+実習のワークショップ形式で、会話bot「pybot」を作りながら楽しく学べる「はじめてでも挫折しない」Pythonの入門書を作りました。なぜそうするのかを知りたい、仕組みが知りたい、応用できる基礎を身に付けたい、そんな読者のさまざまな要望に応える新しい教本です。少しずつ新しいことを学びながら進み、プログラムに機能を追加していくので、いま自分は何をやっているのかを、ちゃんと理解しながら進められます。ぜひ本書でPythonのプログラミングの楽しさを実感してください!

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

著者プロフィール

◎ 鈴木たかのり(すずき たかのり)
株式会社ビープラウド Python Climber
前職で部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い、その後必要にかられてPythonを使い始める。
2012年3月よりビープラウド所属。主な活動はPyCon JP 2014-2016座長、一般社団法人PyCon JP理事、Pythonボルダリング部(#kabepy)部長、Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催など。
主な著作に『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第2版(共著、2015年 秀和システム刊)』
『Pythonエンジニア養成読本(共著、2015年 技術評論社刊)』『Pythonライブラリ厳選レシピ(共著、2015年 技術評論社刊)』などがある。趣味は吹奏楽とレゴとペンシルパズルとボルダリング。
◎ 杉谷弥月(すぎや みつき)
株式会社ビープラウド Application Developer
かつてはRuby/PHPでアプリ開発をしていたが、2015年4月よりビープラウドへ入社してから本格的にPythonを触り始め、Python漬けの日々を送る。Webアプリケーション全般の開発、Python研修講師業に従事。
最近は、PyCon JP 2016への登壇やPython関連イベントでコーチを行ったりしている。
趣味はバイク、PythonistaでiOSアプリ開発、ピアノとチェロ演奏。
◎ 株式会社ビープラウド
ビープラウドは、2008年にPythonを主言語として採用し、さまざまなシステムを開発している。
その経験を活かし、オンライン学習サービス「PyQ(パイキュー)」を2017年4月にリリースした。
https://www.beproud.jp/

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

Chapter1 Pythonを学ぶ準備をしよう
Chapter2 コマンドプロンプトに慣れよう
Chapter3 基礎を学びながらプログラムを作成しよう
Chapter4 繰り返しと条件分岐を学ぼう
Chapter5 辞書とファイルの扱いを学ぼう
Chapter6 会話botを作ろう
Chapter7 ライブラリを使いこなそう
Chapter8 サードパーティ製パッケージを使いこなそう
Chapter9 Webアプリケーションを作成しよう
Chapter10 さらに知識を身に付けるための学び方

ダウンロード

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 112ページ 「データの上書き」図の3行目
    • [誤]
      ~,format(overwrite~
    • [正]
      ~.format(overwrite~
  • 131ページ コードの019行目
    • [誤]
      score_dict[student_name] = (total, average)
    • [正]
      score_dict[student_name] = (total, average, subject_number)
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 206ページ pipコマンドの書き方
    • [誤]
      pip install requests
    • [正]
      macOSではpip3コマンドを使用するため、pip3 install requestsと入力します。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 208ページ 1:パッケージをインストールする
    • [誤]
      手順1
    • [正]
      macOSでは「pip3 install requests」と入力します。
    • 【 第2刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム