最強のパソコン仕事 時短術 Windows・Excel・Word・PowerPoint

最強のパソコン仕事 時短術 Windows・Excel・Word・PowerPoint

¥880+税

品種名
ムック
発売日
2017/3/29
ページ数
128
サイズ
A4変形判
著者
ケイズプロダクション 著
ISBN
9784295001003

驚くほどパソコン仕事が速くなる!ワザ満載

デスクワークの1つ、パソコンを使った仕事がなかなか終わらなくて困っている人必見!少し憂鬱なパソコン作業も、ちょっとしたコツを知ることで、残業せずに帰宅できるほどサクサク進められるはず。本誌は、時短につながりそうなWindows、Excel、Word、PowerPointのコツとワザを全部で205個解説!アプリをすばやく起動するためのTipsから、数式やグラフ、書式のコピーやおせっかい機能のオフなどOfficeソフトの使いこなしまで、ちょっとした設定や操作を知れば、パソコン仕事は確実に時短できる!

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

巻頭特集●使いこなしたい時短5大ワザ
Windows 検索ボックスを使ってアプリを超速で起動!
Excel 「=」を使いこなせば資料作りも時短できる!
Word 書式コピーを使いまくって文書作成を効率化!
PowerPoint 「アウトライン表示」でプレゼン資料作成を時短!
共通ワザ [Ctrl]キーを使って操作スピードを大幅アップ!

●Chapter1 ウィンドウズの時短術
最新Windows 10 Creators Updateほか、8.1、7に対応。スタートメニューをカスタマイズしてアプリやファイルの起動を早める方法や、エクスプローラーの使いこなし、重くなったパソコンの原因を知る方法、ブラウザーの変更方法、PINを使ったすばやいサインイン方法など、Windowsの操作をより効率よくなる方法を中心に解説。

●Chapter2 エクセルの時短術
Excelには、表やグラフを正確に間違いなく作るための機能が数多く用意されている。オートフィル、「=」でセルを参照した計算、大量のデータから自分が欲しいものだけを抽出したり、関数を使って求めたい結果を表示させる方法など、Excelの機能の中から、仕事で役立つ機能を中心に解説。

●Chapter3 ワードの時短術
ビジネス文書作成ツールとして必須のWord。効率よく見栄えのする文書を作成する肝は「書式のコピー」にある。そんな文字装飾や図形の書式のコピー、連続して図形を描く方法から、おせっかいな機能のオフ設定、印刷するする際のヘッダー・フッターのすばやい設定方法、ラベル印刷やはがき印刷なども解説。

●Chapter4 パワーポイントの時短術
機能が豊富なPowerPointでスライドをすばやく作成するには、図形やテキストボックスを上手に扱うことがマスト! また、パワポといえば、写真の調整や箇条書き、グラフ機能を知っておくことも大切だ。テンプレートを使ったり、複数ページが入った配布用の印刷方法など、スライド作成が時短できる方法を解説。

関連書籍

好評発売中

できる Office 365 Business/Enterprise対応 2018年度版

Office 365の導入から活用方法まで、ビジネスを効率化する方法やヒントが盛りだくさん!

好評発売中

できるDocuWorks 9

オフィスの机上環境をパソコンでそのまま再現!

ダウンロード

  • 本誌のサンプルファイルは下記よりダウンロードしてご使用ください。
    1116102063.zip

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 79ページ 【表現修正】テクニック118「金額の端数を切り捨てて指定した桁数に合わせるには」内 手順1「ROUNDDOWN関数で数値と桁数を指定する」の解説文
    • [誤]
      入力場所(C2)を選択し、[関数の挿入]から[ROUNDDOWN]を選択。[数値]には消費税を含めた計算式「B2*(1+$E$2)」と入力し、[桁数]は一の位なら「0」、十の位なら「-1」と指定して[OK]をクリックする
    • [正]
      入力場所(C2)を選択し、[関数の挿入]から[ROUNDDOWN]を選択。[数値]には消費税を含めた計算式「B2*(1+$E$2)」と入力し、小数点以下を切り捨てる場合は[桁数]に「0」と指定して[OK]をクリックする

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム