できる パソコンで楽しむマインクラフト プログラミング入門 Microsoft MakeCode for Minecraft対応

できる パソコンで楽しむマインクラフト プログラミング入門 Microsoft MakeCode for Minecraft対応

¥2,300+税

品種名
書籍
発売日
2018/4/12
ページ数
224
サイズ
B5変形判
著者
広野 忠敏 著/できるシリーズ編集部 著
ISBN
9784295003519

マインクラフトで楽しくプログラミング!

マイクロソフトの「MakeCode for Minecraft」を使うと、マインクラフトの世界で自由にプログラミングができます。プレイヤーの相棒として働く「エージェント」と一緒に、建築、採掘、養鶏、農耕などをプログラミングで自動化しましょう! MakeCodeはブロックプログラミング方式だから、難しい単語や構文を覚えなくても大丈夫。本を見ながらレッスン形式の手順を追うだけで、複雑なプログラムを簡単に作れます。また、レッスンごとに練習用ファイルをダウンロードできるので、途中で分からなくなっても次のステップに進めます。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

「Code Connection for MineCraft」の起動について

2020年1月29日現在、本書の対象環境となります「Code Connection for MineCraft」と「MineCraft for Windows 10」の新しいバージョンの組み合わせで「Code Connection for MineCraft」が起動できることを確認いたしました。
「MineCraft for Windows 10」の最新のバージョンは「V1.4.20」となります。アップデートは自動で行われますが、手動で行う場合は本書201ページの「Q1 マインクラフトのWindows 10版はどうすれば買えるの?」を参考に「Microsoftストア」アプリで「MineCraft for Windows 10」を表示してください(自動的にインストールされます)。なお「購入」などのボタンが表示されている場合は別の商品ですので、クリックしないようにご注意ください。

著者紹介

広野忠敏(ひろの ただとし)

1962年新潟県新潟市生まれ。千葉県船橋市在住。三度のメシよりも天体観測とビリヤードが好きなプログラマー&テクニカルライター。コンピューターやインターネットに関する記事を多数執筆。主な著書は『できるホームページ・ビルダー21』『できるAccess 2016 Windows 10/8.1/7対応』『できる Visual Studio 2015 Windows/Android/iOSアプリ対応』『できる Windows 10パーフェクトブック 困った!&便利ワザ大全 改訂3版』(以上、インプレス)など多数。

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

第1章 MakeCodeを始めよう
第2章 丸石で階段を作ろう
第3章 エージェントに掘削させよう
第4章 効率良くマイニングしよう
第5章 ピラミッドを作ろう
第6章 養鶏場を作ってタマゴを収穫しよう
第7章 畑を作って農作物を育てよう
第8章 友達と対戦バトルを楽しもう

関連書籍

近日発売

時短しながらミス撲滅 Excel無敵のルール(できるビジネス)

Excel効率化のカギは「ルール」にあった!

近日発売

できる 仕事がはかどる文字入力高速化 全部入り。

仕事が速くてミスしない人はやっている!

近日発売

猫が教えるショートカットキー150

早く家に帰りたいなら、この猫に聞こう!

好評発売中

世界一やさしい エクセル ワード パワーポイント 2019/Office365対応

ダウンロード

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 77ページ 手順3操作画面
    • [誤]
      [チャットコマンド[mine]を入力した時]
    • [正]
      [チャットコマンド[mine]を入力した時[num1]]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 87ページ 手順2
    • [誤]
      *解説を追加
    • [正]
      レッスン22を参考に[ブロックを並べる]を接続しておく
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 161ページ 手順2操作5
    • [誤]
      同様の手順で[[x][+][21]と[y][+][1] と[z][+][21]]の組み合わせを作成
    • [正]
      同様の手順で[[x][+][21]と[y][-][1] と[z][+][21]]の組み合わせを作成
    • 備考:
      •  正しいコードは上記となります。以降の該当箇所も同様です。

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 191ページ 手順2操作1の画面キャプチャー
    • [誤]
      -
    • [正]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 206ページ 第8章コード表
    • [誤]
      -
    • [正]
    • 【 第2刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム