いちばんやさしいGoogleアナリティクスの教本 人気講師が教えるWeb解析と広告計測の基本

いちばんやさしいGoogleアナリティクスの教本 人気講師が教えるWeb解析と広告計測の基本

¥1,980+税

品種名
書籍
発売日
2018/5/25
ページ数
256
サイズ
A5判
著者
山浦直宏 著/村山佑介 著/コガン・ポリーナ 著/高田和資 著
ISBN
9784295003724

データ活用の正しいステップを解説

Webサイトの分析・改善に欠かせないアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」の活用方法を、講演やコンサルティング経験の豊富な講師陣がやさしく解説します。Googleアナリティクスの利用方法を正しく理解するために、データ活用のステップを「取る」「見る」「使う」の3段階で整理。Webサイトの集客、ネット広告の改善、ECサイトの売上アップなど、サイトの種類や施策の目的別に、活用のポイントをわかりやすく解説しています。これからGoogleアナリティクスを使いはじめる人にも、知識を整理しスキルアップしたい人に役立つ1冊です。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

目次

著者プロフィール
はじめに

Chapter 1 Googleアナリティクスのデータ活用の流れ
01 Googleアナリティクスを何のために使いますか?
02 目的のための目標数値=コンバージョン目標を持とう
03 いきなり「分析」しようとしていませんか?
04 データ活用の3つの基本「取る」「見る」「使う」とは
05 データ計測の仕組みを理解す
06 「集計」と「分析」の違いを理解する
07 ビューフィルタで集計されるデータを整える
08 セグメントを使って集計データを深く分析する
09 広告最適化とサイト改善でできること

Chapter 2 Googleアナリティクスを使う準備
10 Googleアナリティクスのアカウントを作成する
11 Webサイトにトラッキングコードを設置する
12 Googleアナリティクスを起動する

Chapter 3 ユーザー理解のためのレポート活用
13 ユーザーを理解するために何を知るべきか?
14 ユーザーの年齢・性別やその割合を知る
15 ユーザーがどの地域からアクセスしているかを知る
16 ユーザーがどんなデバイスを使っているのかを知る
17 訪問者が新規ユーザーかリピーターかを知る
18 ユーザーの閲覧状況や滞在時間を正しく知る
19 訪問したユーザーとサイトとの関わりの深さを知る
20 ユーザーごとの価値「ライフタイムバリュー」を知る
21 「ベンチマーク」と自社のデータを比較してみよう

Chapter 4 集客最適化のためのレポート活用
22 サイト集客をアップするために知るべき数値は何か?
23 ディメンションと指標を理解する [チャネルの分類]
24 サイトへの流入状況の全体像をチャネル別に確認する
25 流入の「参照元」と「メディア」を理解する
26 どのようなソーシャルメディアから流入があるか知る
COLUMN (not set)、(not provided)や(other)は何か?

Chapter 5 広告の計測と分析レポート
27 Googleアナリティクスで広告計測・分析をする流れ
28 GoogleアナリティクスとAdWordsを連携する
29 「AdWords」レポートでキャンペーンの効果を測定する
30 キャンペーンパラメータを設置して流入元を区別する
31 ヤフーの広告のキャンペーン計測と分析のための設定
32 メールやソーシャル広告のキャンペーン計測と分析
33 Google以外の広告でもROAS集計を可能にする
34 「広告向け機能」で広がる計測データの広告活用
35 リマーケティング広告でユーザーリストを活用する
36 「ユーザーリスト」レポートでより正確な広告効果を見る
COLUMN AIによるユーザーリスト「スマートリスト」を使ってみよう

Chapter 6 SEOのための分析
37 ユーザーがWeb検索から流入する意味を考える
38 Search Consoleと連携して検索キーワードを確認する
39 「検索アナリティクス」のデータを確認する
40 コンテンツグループでランディングページを分析する
41 検索流入の内訳を確認してページ改善に役立てるには
42 他サイトからの被リンクの内容と効果を確認する
COLUMN Googleアナリティクスの「データ保持期間」の設定について

Chapter 7 Webサイト改善のための分析
43 改善点の発見目線でページ閲覧状況を把握する
44 ページ経路を確認してサイト内遷移の課題を発見する
45 直帰率の高いランディングページを探して改善する
46 ユーザーの離脱した箇所から改善すべきページを把握する
47 「イベントトラッキング」でアクションを計測しよう
48 ユーザーが求めている内容をサイト内検索から把握する
49 ページの読み込み速度改善で直帰・離脱を減少させる
50 スマホサイト改善のヒントを見つけるには
51 A/Bテストを実行してページの最適化をする
COLUMN AMPページをGoogleアナリティクスで計測するには

Chapter 8 目標設定とeコマース計測
52 Webサイトの種類に合わせたコンバージョン設定を行う
53 コンバージョンを計測するための「目標設定」を行う
54 「eコマース」レポートでECサイトの集計をするには
55 ECサイトの収益状態を確認する
56 商品ごとの売り上げや収益率を確認する
57 「販売実績」レポートで売上の傾向を確認する
58 トランザクション(決済)状況を確認する
59 「eコマース」計測と「拡張eコマース」の違い
60 拡張eコマースで「商品一覧」ページを分析する
61 「ショッピング行動」で購入までのステップを確認する
COLUMN 「サイト内プロモーション」でバナー効果を計測

Chapter 9 便利で伝わるレポート作成術
62 レポートタブと指標グループ、ビジュアルを切り替えるには
63 レポートデータをエクスポートして自由に活用するには
64 定期レポートや異常の通知をメールで受け取るには
COLUMN リアルタイムレポートで「いま」をチェック
65 よく使うデータだけをいつでも希望の形式で表示するには
66 カスタムレポートで自由に集計レポートを作るには
67 データスタジオでカッコいいダッシュボードを作るには

付録
01 Google タグマネージャによるトラッキングコードの設置
02 トラッキングコードの設置と計測の確認
03 アカウント、プロパティ、ビューの使い分け
04 管理画面で新しいユーザーを登録
05 集計の目的に合わせたビューの設定
06 サイト状況に応じたプロパティとビューの設定
07 eコマースタグの実装
08 クロスドメイントラッキング設定
09 カスタムディメンションとカスタム指標
10 ビューフィルタを使ったデータ整型
11 カスタムセグメントの作成と活用
12 データインポートによる外部データの統合
COLUMN GAIQにチャンレンジしよう!

用語集
索引

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム