Ethereum+Solidity入門 Web3.0を切り拓くブロックチェーンの思想と技術

Ethereum+Solidity入門 Web3.0を切り拓くブロックチェーンの思想と技術

¥3,500+税

品種名
書籍
発売日
2019/3/18
ページ数
328
サイズ
A5判
著者
ウイリング 訳/Chris Dannen 著/ICOVO AG 監訳
ISBN
9784295005735

進化するブロックチェーン「イーサリアム」

過大な期待と幻滅が入り混じるブロックチェーンの中で、「イーサリアム」は、契約を自動化するスマートコントラクト、Dappsと呼ばれる分散アプリケーションといった技術を生み出し、ブロックチェーンを新世代のビジネス基盤へと進化させた―本書は、その普遍的な技術思想と基本要素を知るための格好の一冊です。仮想マシン、ウォレット、暗号資産の移動、プログラミング言語、社会的役割まで。ノンプログラマーの方もプログラマーの方も、ブロックチェーンをビジネスに導入する前に知っておきたいイーサリアムの基本をたっぷり解説。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

◆著者
Chris Dannen(クリス・ダネン)
暗号通貨取引とシードステージのベンチャー投資に焦点を当てた
ハイブリッドな投資ファンドIterative Instinctのパートナー兼創立者。
最初は、マイナーとしてビットコインとイーサリアムで作業することから始めた。
その後は次第に、スマートコントラクトをどのように使用すれば
ビジネスロジックを自動化し、ソフトウェアで新たな経験を作り出すことができるか
ということに熱中していった。かつては、フォーチュン500企業の企業戦略家であった。
Objective-CとJavaScriptを独学で習得するほか、コンピューターハードウェアの特許を
1つ保有している。本書は、同氏による4冊目の著作に当たる。旅行が大好きで、
これまで20か国を訪れた。30日かけてローマからバルセロナまで自転車で縦断、
6時間かからずに富士山に登頂したこともある。以前はFast Companyの編集主任、
今はQuartzやBloombergなど主要な出版社の技術コンテンツの相談役を担っている。
バージニア大学卒で、現在ニューヨークに暮らす。

◆翻訳者
ウイリング
大手IT系企業の翻訳を中心に行っている翻訳/編集プロダクション。IT系の翻訳者を
多く抱え、ソフトウェア、マニュアル、ヘルプ、マーケティングマテリアルなど、
多岐にわたるローカライズをグローバルに手がける。書籍の編集/DTPも行っている。

◆監訳者
ICOVO AG
新規プロジェクトによる資金調達のエコシステムをテクノロジーの力で健全化し、
正しく普及させることをミッションに掲げて2018年、スイスに設立。投資家保護の仕組みを
実装したプラットフォームICOVOを提供。透明性を確保して投資家に利益分配するプロトコル
「DAICO Reflux」を考案し、そのSolidityコードをオープンソース化するなど、
ブロックチェーン市場の活性化に貢献する。

目次

第1章 イーサリアムはなぜ経済を作るのか
ブロックチェーンの知識ギャップを埋める
イーサリアムが実現するもの
ブロックチェーンを構成する3つの要素
通貨や商品・サービスとしてのイーサ


第2章 ウォレットから理解するトランザクション
ウォレットをコンピューティングの比喩で説明する
銀行の窓口係
従来の銀行業務との決別
暗号化はどのように信頼をもたらすのか


第3章 EVMが世界を1つの巨大なコンピューターにする
これまでの中央銀行ネットワーク
仮想マシンとはいったい何か
EVMは何を行うのか
EVMアプリケーションはスマートコントラクトと呼ばれる


第4章 スマートコントラクトのためのSolidityプログラミング
グローバルバンキングが(ほぼ)現実のものに
補完通貨
EVMのプログラミングを学ぶ
設計の根拠


第5章 スマートコントラクトとトークンの発行
バックエンドとしてのEVM
どんなものによっても裏付けられる資産
暗号通貨は時間の単位
人類のシステムで収集品が果たす役割


第6章 イーサのマイニングとコンセンサスのプロセス
ポイントは何か
イーサの原点
マイニングの定義
どれが本物か


第7章 クリプトエコノミクスのインパクト
これまでの道のり
なぜクリプトエコノミクスは有用なのか
ブロックの速度がなぜ重要なのか
イーサの発行方式


第8章 分散型アプリケーションのデプロイ
スマートコントラクトについて考えるための7つの方法
分散型アプリケーションコントラクトデータモデル
EVMバックエンドはJSフロントエンドとどのように対話するか
ウェブ3がまもなく登場


第9章 プライベートチェーンとパブリックチェーン
プライベートチェーンとパーミッションドチェーン
ローカルプライベートチェーンのセットアップ
新しいチェーンで使用するオプションのフラグ


第10章 イーサリアムの応用領域
至るところにチェーン
イーサリアムのIoT
小売りと電子商取引
コミュニティーと政府の融資


第11章 イーサリアムが約束する未来
誰がソフトウェア開発者を分散化の世界に導いているのか
イーサリアムのリリーススケジュール
今後どうなるのか
その他の面白そうなイノベーション
イーサリアムロードマップの全体像

関連書籍

好評発売中

スッキリわかるPython入門

なぜ?がわかるから初めてでも楽々身に付く

好評発売中

できる 仕事がはかどるPython自動処理 全部入り。

好評発売中

Python機械学習ライブラリ scikit-learn活用レシピ80+

Python機械学習のレシピ集80超!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 0ページ 32ページの1.10.2項の内容など
    • [誤]
      GNU財団によると、「ソフトウェアが無料であるというとき、それはソフトウェアがユーザーの本質的な自由に敬意を示しているという意味である。ソフトウェアを実行する自由、ソフトウェアを調べて変更する自由、変更の有無にかかわらずコピーを再配布する自由である」
    • [正]
      GNU財団によると、「ソフトウェアがフリー(free)であるというとき、それはソフトウェアがユーザーの本質的な自由に敬意を示しているという意味である。ソフトウェアを実行する自由、ソフトウェアを調べて変更する自由、変更の有無にかかわらずコピーを再配布する自由である」

      (備考:GNUのオープンソースのソフトウェアにおいて「フリー(free)」は"自由"を意味しており、上記以外の部分も該当する可能性があります)
  • 0ページ 第4章の章タイトル(目次と第4章。電子版は訂正済み)
    • [誤]
      スマートコントラクトのためのSolidityブログラミング
    • [正]
      スマートコントラクトのためのSolidityプログラミング
  • 0ページ 本文中のURL表記のhttp://〇〇〇.eth.guide
    • [誤]
      http://〇〇〇.eth.guideというURLにアクセスすると、http://solidity.eth.guideの内容が表示されます。
    • [正]
      正確なURLは、下記のようにhttp://solidity.eth.guide/#resources-〇〇〇となるようです(2019年3月時点)。
    • 備考:

       【例】

      http://clients.eth.guide
       
  • 49ページ 本文の下から3行目(電子版は訂正済み)
    • [誤]
      (1873~1879年の恐慌を含めけ)
    • [正]
      (1873~1879年の恐慌を含めて)
  • 74ページ 本文の1行目(電子版は訂正済み)
    • [誤]
      そのトランザクションはが処理される
    • [正]
      そのトランザクションが処理される
  • 113ページ 表3-2の下から2行目。3列目の内容の2-3行目
    • [誤]
      ジ呼び出しただし、送信者と価値の現在の値は変わらない実行停止、削除マーク
    • [正]
      ジ呼び出し。ただし、送信者と価値の現在の値は変わらない。実行を停止し、削除マークをつける
  • 120ページ 本文の下から2行目(電子版は訂正済み)
    • [誤]
      次のURLににアクセスして
    • [正]
      次のURLにアクセスして
  • 137ページ コード内のコメント1行目(電子版は訂正済み)
    • [誤]
      再度コールたら、
    • [正]
      再度コールしたら、
  • 148ページ 4.12.4項の本文2行目(電子版は訂正済み)
    • [誤]
      次のURLににアクセスしてほしい。
    • [正]
      次のURLにアクセスしてほしい。
  • 179ページ 本文の下から8行目(電子版は訂正済み)
    • [誤]
      URLにアクセスしとほしい。
    • [正]
      URLにアクセスしてほしい。
  • 179ページ 本文の下から2行目(電子版は訂正済み)
    • [誤]
      次ににリンクが掲載されている。
    • [正]
      次にリンクが掲載されている。
  • 180ページ 5.8節の本文9行目(電子版は訂正済み)
    • [誤]
       https://github.com/ethcore/contractst
    • [正]
       https://github.com/ethcore/contracts
    • 備考:

      ※ なお、このURLの内容は2019年3月時点で公開されていません。

  • 224ページ 6.14節の本文の3行目(電子版は訂正済み)
    • [誤]
      ここにに用意されている。
    • [正]
      ここに用意されている。
  • 269ページ 脚注※1の2行目の下記を削除。重複のため(電子版は訂正済み)
    • [誤]
      https://en.wikipedia.org/wiki/Hypertext_Transfer_Protocol、
    • [正]

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム