できるUiPath 実践RPA

できるUiPath 実践RPA

¥2,000+税

品種名
書籍
発売日
2019/2/7
ページ数
192
サイズ
B5変形判
著者
清水 理史 著/できるシリーズ編集部 著
ISBN
9784295005674

導入から操作まで、RPAのすべてがわかる

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を理解するならこの一冊! ビジネス業務を大幅に効率できる「RPA」、本書ではその概念だけなく、実際にUiPathのRPAサービスを使用し、ダウンロードからインストール、RPA化の実例まで、実際に操作を試しながら学ぶことができます。ExcelやWebアプリを使った連携はもちろん、日時や日付の処理、実際のRPA化の際に役立つテクニックなどを満載。請求書の作成や受注管理、経費精算など、各種業務をRPA化する際に最適な解説書です。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

清水理史(しみず まさし)
1971年東京都出身のフリーライター。雑誌やWeb媒体を中心にOSやネットワーク、ブロードバンド関連の記事を数多く執筆。「INTERNET Watch」にて「イニシャルB」を連載中。主な著書に『できるパソコンのお引っ越し Windows 7からWindows 10に乗り換えるために読む本』『できるポケット スッキリ解決 仕事に差がつく パソコン最速テクニック』『できるWindows 10 改訂4版』『できるWindows 10 活用編』『できるゼロからはじめるAndroidスマートフォン超入門 改訂3版』(インプレス)などがある。

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

第1章 UiPath RPAの基本を学ぼう
第2章 RPAをもっと使いこなそう
第3章 Excelと連携しよう
第4章 メールやWebサイトと連携しよう
第5章 より高度なテクニックを使おう

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 51ページ HINT! ここで扱うワークフロー
    • [誤]
      ここでは、価格が500円以下
    • [正]
      ここでは、価格が500円以上
    • 【 第8刷にて修正 】
  • 64ページ テクニック 人が判断して分岐するには
    • [誤]
      自動化する業務によっては、処理の分岐に、人の判断を介在させることもできます。例えば、このレッスンのメッセージボックスをさらに条件分岐で囲んでから(条件分岐の中に条件分岐を設置し、内部の条件武器の[Then]にメッセージボックスを配置した状態)、プロパティで[はい][いいえ]のボタンを表示するように変更します。これにより、例えば、金額が10万円を超えたのに、責任者の決裁を受けていない場合([いいえ]を選択した場合)に、業務アプリの[破棄]や[キャンセル]などをクリックして、処理を中断させることもできます。なお、[Ok][OkCancel][YesNoCancel][YesNo]など、表示できるボタンも変更できます。
    • [正]
      業務によっては、処理の分岐に、人の判断を介在させることもできます。例えば、このレッスンのメッセージボックスのプロパティで[はい][いいえ]のボタンを表示するように変更してから、メッセージボックスの後にもうひとつ条件分岐を配置することで(条件分岐の[Then」の中にさらに条件分岐がある状態)、選択されたボタンによって処理を分岐できます。これにより、例えば、金額が10万円を超えたのに、責任者の決裁を受けていない場合([いいえ]を選択時)に、業務アプリの[破棄]や[キャンセル]などをクリックすることもできます。なお、[Ok][OkCancel][YesNoCancel][YesNo]など、表示できるボタンも変更できます。
    • 【 第8刷にて修正 】
  • 141ページ テクニック 操作5
    • [誤]
      赤1 [条件]に[OCRでテキストの有無を確認]を追加
      青 [画面上で指定]をクリックして、セルA1を指定する
      赤2 「"5"」と入力
    • [正]
      <正>
      赤1 [条件]に[OCRでテキストの有無を確認]を追加
      赤2 [画面上で指定]をクリックして、セルA1の値をドラッグして囲む
      赤3 「"5"」と入力
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 168ページ 操作3
    • [誤]
      青 「社会・人口統計体系」から「東京都千代田区」の人口データを選択し、[統計表表示]の画面を表示しておく
    • [正]
      青 「社会・人口統計体系」から「東京都千代田区」の人口データを選択し、[統計表表示]の画面を表示しておく。画面上は特定年度のデータしか表示されないが年度を絞り込まずにAPIを取得する
    • 【 第6刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム