カメラとレンズのしくみがわかる 光学入門

カメラとレンズのしくみがわかる 光学入門

¥1,600+税

品種名
書籍
発売日
2019/7/5
ページ数
160
サイズ
A5判
著者
安藤 幸司 著
ISBN
9784295006572

今さら人には聞けないカメラの基礎を解説!

デジタルカメラマガジンの人気連載「いまさら人には聞けない大人の光学入門」待望の書籍化! 2年間の連載を再構成し、連載誌面では語りきれなかった詳しい説明を加筆しました。中学理科・高校物理で学ぶような光の性質を見直し、どんな風にカメラとレンズに生かされているのを説明しています。カメラの系譜をたどることで、フィルムカメラからデジタルカメラへの変遷、デジタルカメラが現在の形になった経緯が分かります。光学という学問の観点から見ると、なんとなくしか分からなかったカメラのことが、より深く理解できるでしょう。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

安藤幸司
1956年愛知県豊田市生まれ。1978年名古屋工業大学機械工学科卒業。1978年(株)ナック入社。2000年(株)日本ローパー入社。2001年アンフィ(有)設立。画像(計測カメラ)を用いた計測システムの開発に従事。Webサイト「AnfoWorld」運営。専門は光学、電子工学、機械工学。著書に「光と光の記録」(産業開発機構)、「らくらく図解 CCD/CMOSカメラの原理と実践」「らくらく図解 LED 発光ダイオードのしくみ」(オーム社)、「電気の基礎が一番わかる」「半導体レーザが一番わかる」(技術評論社)など

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

第1章 カメラがわかる光のはなし
・光の色のはなし
・光の性質のはなし
・光源のはなし
・光の単位のはなし

第2章 カメラのしくみと歴史

第3章 レンズのはなし
・レンズの働きのはなし
・レンズとピントのはなし
・レンズの種類のはなし
・レンズの性能のはなし
・光学ガラスのはなし
・レンズコーティングのはなし

第4章
・撮像素子のはなし
・露光とシャッターのはなし
・ファインダーのはなし
・オートフォーカスのはなし
・画像処理エンジンのはなし

第5章 画像のはなし
・像の記録のはなし
・画像のはなし
・画像処理のはなし

関連書籍

好評発売中

色と構図で風景写真をアートに変える 四季の風景写真術

人気のフォトグラファーが、SNSで流行中の多彩な色合いの風景写真の撮り方を解説!

好評発売中

写真を紡ぐキーワード 123 写真史から学ぶ撮影表現

写真の歴史から探る、新たな表現の手がかり

好評発売中

物語と画作りで人を魅了する 最高の一枚を写し出す写真術

SNSで話題のフォトグラファーによる、自分だけの最高の一枚にたどり着くための道のりとノウハウを公開!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 8ページ ページ左下イラスト
    • [誤]
      可視光線の順番:赤・橙・黄・緑・青・紫・藍
    • [正]
      可視光線の順番:赤・橙・黄・緑・青・藍・紫
  • 99ページ ページ下計算式の3行目
    • [誤]
      P blue=(9・R6+3・R8+3・R14+R16)/16
    • [正]
      P blue=(9・B6+3・B8+3・B14+B16)/16

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム