Pythonで学ぶ音源分離(機械学習実践シリーズ)

Pythonで学ぶ音源分離(機械学習実践シリーズ)

¥3,500+税

品種名
書籍
発売日
2020/8/24
ページ数
352
サイズ
B5変形判
著者
戸上真人 著
ISBN
9784295009849

音源分離の基礎から実装までを一冊に凝縮

近年、AIスピーカをはじめとした音声認識システムがさまざまな場面で使われています。一般的に音声認識システムは1人の声を聞き取ることを想定しており、それ以外の音があると聞きたい声を正確に聞き取ることが難しくなります。「音源分離」とはさまざまな音が混ざった中から欲しい音だけを抽出する技術です。音源分離の基礎からPythonを用いた実装までを詳しく解説しています。本書は中級者以上に向けた、特定の技術分野のアルゴリズムの紹介と、それを実装したコードを解説する、より技術的・実践的な「機械学習実践シリーズ」です。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

戸上真人(とがみ・まさひと)
2017年1月~2018年5月、スタンフォード大学のStanford Data Science Initiative (SDSI) Visiting Scholar。2018年6月にLINE株式会社入社。現在、同社のAI研究組織であるData LabsのSpeech TeamのManager兼Principal Researcher。(一社)人工知能学会理事。16年以上に渡り、音声処理の研究開発に従事。東京大学工学系研究科より2011年に博士(工学)授与。登録特許20件以上、査読あり論文9件、査読あり国際会議での採択論文数60件以上。IEEE Senior Member。

目次

序章
第1章 音源分離とは?
第2章 音声処理の基礎
第3章 音源分離で用いる数学的知識の基礎(線形代数、ベクトル・行列の微分)
第4章 「最適化」に関する技法を理解する
第5章 シミュレーターで音を作ってみる
第6章 古典的な音源分離方法~ビームフォーミング~
第7章 音源方向推定に基づく音源分離
第8章 現代的な統計的モデルに基づく音源分離法
第9章 響きのある音を響きのない音に変える残響除去法
第10章 音源分離と残響除去を統合的に実行する
第11章 音源分離関連のライブラリ紹介・その他のトピック・参考文献

関連書籍

近日発売

できる 仕事がはかどるPython&Excel自動処理 全部入り。

ExcelのルーチンをPythonで自動化しよう!

好評発売中

つなげば動く! Pythonふりがなプログラミング パターン文例80

文例を「組み合わせ」てプログラムを作ろう

好評発売中

1週間でPythonの基礎が学べる本

Pythonが1週間で何となく使えるようになる!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム