集中演習 SQL入門 Google BigQueryではじめるビジネスデータ分析(できるDigital Camp)

集中演習 SQL入門 Google BigQueryではじめるビジネスデータ分析(できるDigital Camp)

3,080円(本体 2,800円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2021/2/19
ページ数
480
サイズ
A5判
著者
木田 和廣 著
ISBN
9784295010746

データ分析のためのSQLが最速で身につく!

昨今では、ノンエンジニアのビジネスパーソンでも、CRMの顧客情報、EC・実店舗の注文ログ、Webサイトの行動ログなどの大量のデータを入手し分析する機会が増えました。その結果、Excelだけでは集計・分析が困難になるケースも生まれています。本書は、データの抽出・整形に用いられる言語「SQL」について、プログラミング未経験でも取り組める入門書です。Googleアカウントがあればすぐに利用でき、実務にもそのまま使える「BigQuery」をSQLの学習・実行環境として解説しています。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

木田 和廣(きだ かずひろ)
株式会社プリンシプル 取締役副社長

早稲田大学政治経済学部卒業。商社の海外駐在員などを経て、2004年にWeb解析業界でのキャリアをスタートする。2009年からGoogleアナリティクスに基づく解析コンサルティングに従事し、2015年には公式コミュニティで日本初の「トップコントリビューター」に認定される。同年にGoogleアナリティクス解説書のベストセラー『できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ 240』を執筆、2017年にはその『増補改訂2版』を発刊。
BIツールのTableauにも習熟し、2016年に日本初の入門書『できる100の新法則 Tableau ビジュアルWeb分析』を上梓。2017年には上級資格「Tableau Desktop Certified Professional」を取得する。アナリティクスアソシエーション(a2i)や個別企業でのセミナー登壇、トレーニング講師実績も多数。統計検定2級保有。

目次

CHAPTER 1 はじめてのSQL
CHAPTER 2 BigQueryの利用開始
CHAPTER 3 SQLの基本構文
CHAPTER 4 グループ化とデータの集計
CHAPTER 5 複数テーブルの結合と集合演算
CHAPTER 6 サブクエリ
CHAPTER 7 さまざまな関数
CHAPTER 8 ウィンドウ関数
PRACTICE 演習ドリル

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 276ページ 図表6-2-11
    • [誤]
      [item]と[revenue]の一部の値に誤りがありました。正しくは下記画像の通りとなります。
    • [正]
  • 455ページ 問題146
    • [誤]
      (末尾に下記を追加)
    • [正]
      結果テーブルは、yyyy-Qの形式で表記した四半期(register_quarter)と、販売金額合計(sum_rev)の2カラムとしてください。
  • 471ページ 問題222
    • [誤]
      結果テーブルは、年月(yyyy-MM)、
    • [正]
      結果テーブルは、yyyy-MM形式で表記した年月(year_month)、
  • 473ページ 問題229
    • [誤]
      結果テーブルは、ランディングページ(landing_page)、セッション中の2ページ目(second_page)、セッション(session)の3カラムとし、[session]の多い順にトップ5を表示してください。
    • [正]
      結果テーブルは、ランディングページ(landing_page)、セッション中の2ページ目(second_page)、セッション中の3ページ目(third_page)、セッション(session)の4カラムとし、[session]の多い順にトップ5を表示してください。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム