Kubernetes CI/CDパイプラインの実装

Kubernetes CI/CDパイプラインの実装

3,960円(本体 3,600円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2021/10/19
ページ数
400
サイズ
B5変形判
著者
北⼭ 晋吾 著
ISBN
9784295012757

KubernetesにおけるCI/CD実装ガイド

本書は、Kubernetesを活用したアプリケーション開発やそのリリースサイクルを自動化するためのノウハウについて解説しています。1冊全体を通してKubernetes 環境におけるアプリケーションライフサイクルの構築を順を追って体験します。継続的インテグレーションと継続的デリバリによって、「いかに少ない労力で開発プロセスを運用し続けるか」という課題に取り組みます。従来の開発プロセスからクラウドネイティブな開発プロセスへの変化を理解し、実践することにより、運用負担の軽減や迅速なサービス展開が可能となります。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

EC事業のインフラ運用やベンダーでのシステムインテグレーション業務を経て、現在はレッドハット株式会社に勤務。エンタープライズ向けのKubernetes管理ツールであるRed Hat OpenShiftのソリューションアーキテクトとして、ソリューション戦略企画やコンサルティングを行っている。また、仕事の傍らMBAを取得し、ユーザー/ベンダーの業務経験と経営の視点を活かしながら業務に邁進している。
なお、オープンソース界隈を中心とするコミュニティ活動を趣味としており、業務か否かを問わずOpenShift User Groupを始めとするコミュニティ運営や登壇を生きがいに楽しんでいる。本書の他にも、『Ansible実践ガイド』『GitLab実践ガイド』(インプレス)を始めとする書籍なども執筆。
エンタープライズの世界にも、オープンソースへの取り組みが普及することを夢に、日々情報発信できるよう努めている。

目次

第1章 開発プロセスの運用変化
第2章 クラウドネイティブ開発に向けた環境準備
第3章 Tekton Pipelinesの概要
第4章 継続的インテグレーションのパイプライン
第5章 イベント駆動のパイプライン実行
第6章 Argo CDの概要
第7章 継続的デリバリのデプロイメント
第8章 継続的デリバリのリリース

関連書籍

好評発売中

Dockerコンテナ開発・環境構築の基本

コンテナで変わる開発環境とライフサイクル

好評発売中

軽量Alpine LinuxによるDockerコンテナ構築術

コンテナ向けの定番Alpine Linuxを実践解説

好評発売中

いちばんやさしいアジャイル開発の教本 人気講師が教えるDXを支える開発手法

好評発売中

マイクロサービスパターン 実践的システムデザインのためのコード解説

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム