PowerPointで何でも作る! 神業パワポ

PowerPointで何でも作る! 神業パワポ

1,980円(本体 1,800円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2021/10/20
ページ数
240
サイズ
B5変形判
著者
PPDTP 著
ISBN
9784295012740

想像を超えたパワポの素材作成テクニック

ビジネスの定番ツールの1つであるPowerPoint(パワポ)は、同じOfficeのExcelやWordに比べてレイアウトの自由度が高いのが特徴です。そのためプレゼン資料はもちろん、POPやパンフレット、グラフィックデザインもパワポでこなすという人は多いのではないでしょうか。本書は、それらのパワポ資料を彩るための、かわいくてかっこいい素敵なグラフィック素材の作り方を多数紹介しています。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

PowerPointの革命的な作成テクニックをお届けするサイト。2019年より開設し、アクセス数が累計250万PV(2021年8月現在)に到達。
PPDTPでは、初級者から上級者までを対象に「素材の作り方」「テキストの扱い方」「画像加工テクニック」など、Microsoftも想定外の使い方で手順を解説。
さぁ、パワポの未知なるパワーを体験しましょう!

Twitter:@ppdtp

目次

Chapter0 操作効率を上げる基本設定
01 作成を効率よく進めよう!

Chapter1 オブジェクトの神業
01 半円・1/4 円を作る
02 くびれた水滴を作る
03 歯車を作る
04 キラキラ・角丸キラキラを作る
05 桜の花びらを作る
06 雪の結晶を作る
07 後光が差す放射状オブジェクトを作る
08 漫画風集中線を作る
09 マンガ肉を作る
10 線幅と効果を図形と一緒に拡大縮小する
11 図形・枠線・直線を手 描き風にする
12 アイコンを手描き風イラストにする

Chapter2 パターン&テクスチャの神業
01 方眼紙を作る
02 水玉模様を作る
03 縦・斜めストライプを作る
04 ギンガム・シェパードチェックを作る
05 アーガイルパターンを作る
06 生成り生地テクスチャを作る
07 ハーフトーンを作る
08 虹色グラデーションを作る
09 鉛筆テクスチャでスケッチ風文字を作る
10 グランジ加工用テクスチャを作る
パワポの困ったを解決!(1)スライドがA4サイズにならない件

Chapter3 吹き出し&フレームの神業
01 まんまる吹き出しを作る
02 なみなみ円フレームを作る
03 クッキー型フレームを作る
04 バクダンフレームを作る
05 エアメール風フレームを作る
06 抜け感フレームを作る
07 くるりんフレームを作る
08 開いた本型フレームを作る
09 ページカール付きフレームを作る
10 下線吹き出しを作る
11 ふんわり吹き出しを作る
12 モコモコ吹き出しを作る
パワポの困ったを解決!(2)効果の影が印刷されない件

Chapter4 装飾の神業
01 シンプルリボンを作る
02 めくれた付箋を作る
03 切り口が不揃いなマスキングテープを作る
04 ジグザグ線を作る
05 波線・省略線を作る
06 三角フラッグガーランドを作る
07 なびく三角旗を作る
08 ゆらめく紙吹雪を作る
09 アーチ状リボンを作る
10 波形リボンを作る
パワポの困ったを解決!(3)フォントのBoldが表示されない件

Chapter5 文字入力&加工の神業
01 文字を長体・平体・斜体にする
02 文字をアーチ状・波形・円形にする
03 四角や丸の囲み文字を作る
04 文字に追従する囲み枠を作る
05 テキストを1文字ずつバラバラにする
06 ジグザグ文字を作る
07 油性ペン風文字を作る
08 立体文字を3-D効果で作る
09 文字に追従する万能マーカーを作る
パワポの困ったを解決!(4)均等割り付けができない件

Chapter6 画像加工の神業
01 画像のサイズを一括で揃えてトリミングする
02 画像の一部の縁をぼかす
03 画像をシルエット化する
04 画像をカットアウト効果でイラスト化する
05 電子印鑑を手持ちの印鑑から作る
06 画像をヴィンテージ風加工する

爆速ショートカットキー

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム