スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング 増補改訂版

スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング 増補改訂版

2,178円(本体 1,980円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2021/7/26
ページ数
208
サイズ
B5変形判
著者
リブロワークス 著/株式会社ビープラウド 監修
ISBN
9784295011743

プログラムが「読めない」を解決する入門書

本のサイズを大きくして読みやすく、内容を充実させて改訂しました。「プログラムの読み方をすべて載せる(ふりがなをふる)」という手法で究極のやさしさを目指した、まったく新しいPythonの入門書です。プログラムの1行1行が何を意味しているのかが理解できるため、「自分がいま何をしているのかわからない」といった入門者が途中で挫折してしまう原因を解決。さらに増補改訂版では、データ分析への初めの一歩を踏み出すための章を追加。統計情報とグラフ、2つの観点からPythonによるデータ分析の一端を体験できます。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

1120101181_001.jpg

■Python入門書の新定番がパワーアップして登場!!

SNSで話題になった「スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング」が、サイズを大きくして読みやすく、データ分析の章を加えてパワーアップした増補改訂版として登場しました!

著者紹介

リブロワークス
書籍の企画、編集、デザインを手がけるプロダクション。手がける書籍はスマートフォン、Webサービス、プログラミング、WebデザインなどIT系を中心に幅広い。著書に『やさしくわかるPythonの教室』(技術評論社)、『解きながら学ぶ Pythonつみあげトレーニングブック』(マイナビ出版)、『みんなが欲しかった! ITパスポートの教科書&問題集2021年度』(TAC出版)など。

株式会社ビープラウド
ビープラウドは、2008年よりPythonを主言語として採用、Pythonを中核にインターネットプラットフォームを活用したシステムの自社開発・受託開発を行う。優秀なPythonエンジニアがより力を発揮できる環境作りに努め、Python特化のオンライン学習サービス「PyQ(パイキュー)」などを通してそのノウハウを発信。IT勉強会支援プラットフォーム「connpass(コンパス)」の開発・運営や勉強会「BPStudy」の主催など、技術コミュニティ活動にも積極的に取り組む。

目次

Chapter 1 Python最初の一歩
Chapter 2 条件によって分かれる文を学ぼう
Chapter 3 繰り返し文を学ぼう
Chapter 4 関数を作ろう
Chapter 5 標準ライブラリを使ってみよう
Chapter 6 データ分析に挑戦してみよう

関連書籍

好評発売中

生成AI推し技大全 ChatGPT+主要AI 活用アイデア100選

おもわずオススメしたくなる生成AI活用術!

好評発売中

エンジニアのためのChatGPT活用入門 AIで作業負担を減らすためのアイデア集

好評発売中

全容解説GPT テキスト生成AIプロダクト構築への第一歩

GPT技術・製品の基礎知識を幅広く解説!

ダウンロード

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 62ページ chap2_3_2.pyの1行目
    • [誤]
      text = input('入力せよ')
    • [正]
      text = input('数字を入力せよ')
  • 113ページ 「リスト内包表記でリストを作る」のコードと図
    • [誤]
      [cnt ^ 2 for cnt in range(1, 10)]
    • [正]
      [cnt ** 2 for cnt in range(1, 10)]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 150ページ chap4_6_2.pyの3~4行目のふりがな
    • [誤]
      3行目:数値5000
      4行目:数値7000
    • [正]
      3行目:数値40000
      4行目:数値25000
  • 198ページ 読み下し文の8行目、10行目
    • [誤]
      08 変数col_point_mの名前に文字列「male」を入れろ
      10 変数col_point_fの名前に文字列「female」を入れろ
    • [正]
      08 変数describe_mの名前に文字列「male」を入れろ
      10 変数describe_fの名前に文字列「female」を入れろ

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム