DOS/V POWER REPORT 2021年夏号

DOS/V POWER REPORT 2021年夏号

1,980円(本体 1,800円+税10%)

品種名
雑誌
発売日
2021/6/29
ページ数
216
サイズ
A4変形判
著者
DOS/V POWER REPORT編集部 編

唯一にして最強のPC自作専門誌

第1特集は「最新CPU 7番勝負」。第11世代Core発売で、迎え撃つRyzenとの力関係はどう変わったのか、注目すべきポイントとは。自作PCの“旬”のテーマを掘り下げます。第2特集「最強電源決定戦」では、性能向上とともに消費電力を増やしつつあるハイエンドCPU/GPUを支える電源を12台集めて徹底比較! 第3特集「酷暑に備える“冷却重視”PCケース 6選」とあわせてお楽しみください。巻頭企画としてGeForce RTX 3080 Ti/3070 Tiの検証・カタログもご用意。また今号から「パーツの基礎知識」企画も開始! PC自作はパワレポにお任せ!

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

【第1特集】は第11世代Coreシリーズ発売で気になる「最新CPU 7番勝負」。Ryzenとの力関係はどう変わったのか、注目ポイントは何か。CPUを軸に自作PCの“旬”のテーマを掘り下げます。

【第2特集】は「最強電源決定戦」。CPUとGPUを支える750W&1,000W電源を計12台徹底比較しました、

【第3特集】は「“冷却重視”PCケース 6選」。冷却重視タイプのATXケースをレビュー&ランキング付け。

【巻頭企画】ではGeForce RTX 3080 Ti/3070 Tiの検証を、【特別企画】ではそんな「ビデオカード」をイチから解説!


【第1特集】
Ryzen vs. Core
最新CPU 7番勝負

●新たな格付けはこうなった! Intel vs. AMD CPU全面対決
●ビデオカード高騰中の今だから気になる 内蔵GPU対決
●旧PCのパーツは使える? 最新プラットフォームの拡張性をチェック
●CPUを支えるマザーボード、最新モデルの実力拝見
●OC向け新機能満載の第11世代Coreはこう使いこなせ!
●Rocket LakeでゲーミングPCの頂点を狙え!
●白パーツ+LEDで自作の楽しみを追求


【第2特集】
11900Kも3080 Tiもドンと来い!
最強電源決定戦

●2021年型PCの出力選び、電源選び
●750Wクラスの電源を徹底比較!
●ヘビー用途向けの1,000W電源6モデル
●ニプロン東京開発拠点訪問


【第3特集】
酷暑に備える“冷却重視”PCケース 6選


【巻頭企画】
GeForce RTX 30シリーズに待望の“新”Tiが登場!


【特別企画1】
「ビデオカード」の基礎知識

【特別企画2】
暑い夏でもしっかり冷却!最新CPUクーラー 55選


<PCパーツにフォーカスした連載揃い踏み>

■最新自作計画
性能と価格のバランスを重視 第11世代CoreシリーズのスタンダードPC

■マザーボード完全攻略ガイド
GIGA-BYTE Z590I VISION D

■VIDEO CARD LABORATORY
MSI Radeon RX 6700 XT GAMING X 12G

■竹内亮介のオレにPCケースを使わせろ!
Thermaltake  The Tower 100

■CPUクーラーマニアックス
ASUSTeK ROG STRIX LC Ⅱ 280 ARGB

■高橋敏也の改造バカ一台

■わがままDIY
ほか

関連書籍

好評発売中

DOS/V POWER REPORT 2021年春号

唯一にして最強のPC自作専門誌

好評発売中

DOS/V POWER REPORT 2021年冬号

唯一にして最強のPC自作専門誌

好評発売中

DOS/V POWER REPORT 2020年秋号

唯一にして最強のPC自作専門誌

好評発売中

DOS/V POWER REPORT 2020年夏号

唯一にして最強のPC自作専門誌

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム