Azureネットワーク設計・構築入門 基礎知識から利用シナリオ、設計・運用ベストプラクティスまで

Azureネットワーク設計・構築入門 基礎知識から利用シナリオ、設計・運用ベストプラクティスまで

3,520円(本体 3,200円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2024/9/4
ページ数
416
サイズ
B5変形判
著者
山本 学 著/山田 浩也 著/山口 順也 著
ISBN
9784295020103

ネットワーク構築に必要な知識を総ざらい

●Azureによるネットワーク設計・構築に必要な知識を総ざらい  本書は、Microsoft Azureでネットワークを設計・構築するうえで必要な知識とノウハウを、基礎から応用まで体系的にまとめた一冊です。Azureでネットワークを構築・設計する際に最低限必要なネットワークの基礎知識、既存のオンプレミスネットワークとの考え方の違い、Azureのネットワークサービスとその使い方を、ハマりがちな“落とし穴”も交えながら、Azureの技術支援を担当するスペシャリスト/アーキテクトの視点から解説します。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

●山本 学(やまもと まなぶ)
日本マイクロソフト株式会社 インフラテクノロジー スペシャリスト。大学卒業後、大手通信キャリアへ入社。ネットワークエンジニアとして日本国内の次世代ネットワークの構築・運用や東日本大震災の復興工事などに従事。その後、プロジェクトマネージャーとして自治体向け基幹システム導入を経験後、2019年1月に日本マイクロソフトへ入社。現在はAzureのインフラ領域における技術支援を担当。

●山田 浩也(やまだ ひろなり)
日本マイクロソフト株式会社 インフラテクノロジー スペシャリスト。大学卒業後、某通信キャリアに入社し、ネットワークエンジニアとして従事。国内製造業、小売業のWANやDC LANの提案、設計、運用に従事する。その後、運用保守のアウトソースサービスの企画、開発に携わり、運用監視のサーバーなどの設計、構築を行なう。その中でコンテナと出会い、パブリッククラウドのコンテナサービスに関した仕事をしたくなり、縁があって日本マイクロソフトへ入社。

●山口 順也(やまぐち じゅんや)
日本マイクロソフト株式会社 クラウドソリューションアーキテクト。大学院卒業後、日本マイクロソフト株式会社に技術サポートエンジニアとして新卒入社、エンタープライズ向けのAzureネットワーク製品サポートに従事する。2022年に社内異動し、Azureインフラ部門のクラウドソリューションアーキテクトとして活動を開始。ネットワークアーキテクチャ設計や仮想デスクトップ基盤の支援等を担当する。著書に『Azure定番システム設計・実装・運用ガイド 改訂新版』(日経BP社)。

目次

第1章 クラウドとネットワーク
1-1 企業ネットワークの変遷
1-2 クラウドコンピューティングの特性
1-3 クラウド活用に求められるネットワークの要件
第2章 IPネットワークの基礎知識
2-1 OSI参照モデル
2-2 ネットワークプロトコル
2-3 ネットワークアドレス
2-4 ルーティング
第3章 ネットワークの通信制御
3-1 トランスポート層プロトコル
3-2 NAT(ネットワークアドレス変換)
3-3 Webアプリケーションを支える技術
3-4 DNS(ドメインネームシステム)
第4章 Azureネットワークを支える技術
4-1 Azureのインフラストラクチャ
4-2 仮想ネットワークの基礎
4-3 さらに進化するネットワークインフラ
第5章 Azureネットワークサービス
5-1 企業ネットワークの変遷
5-2 アプリケーション保護サービス
5-3 アプリケーション配信サービス
5-4 ネットワークの監視
5-5 パブリックIP
第6章 シナリオ別ユースケース――Azureネットワークサービスの基本的な使い方
6-1 オンプレミス To Azure
6-2 Azure To Azure
6-3 Azure To インターネット
第7章 発展的なユースケース
7-1 パフォーマンス最適化
7-2 ルーティング、負荷分散
7-3 ネットワークのセキュリティ
7-4 PaaSとの連携
第8章 Azureを使ったエンタープライズネットワークのベストプラクティス
8-1 クラウド活用のためのフレームワークや考え方
8-2 Azureの権限管理Microsoft Entra IDとサブスクリプション
8-3 Azureランディングゾーン(ALZ)の全体像
8-4 ALZの実装例
8-5 Well-Architected Frameworkから見たALZの利点
第9章 ALZを使ったユースケース
9-1 Azure Migrateを使った移行
9-2 App ServiceなどPaasとの結合
9-3 Azure Kubernates Serviceとの接続
9-4 Azure Virtual Desktopのデプロイ
9-5 BCDR戦略
第10章 運用と監視
10-1 ネットワーク・システムの運用項目
10-2 監視データの種類と取得方法
10-3 監視ツール

関連書籍

好評発売中

コンテナセキュリティ コンテナ化されたアプリケーションを保護する要素技術

好評発売中

AWSネットワーク入門 第2版

AWSに取り組もうとするI T技術者に最適!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム