写真のことが全部わかる本 完全版

写真のことが全部わかる本 完全版

1,980円(本体 1,800円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2023/3/23
ページ数
160
サイズ
B5変形判
著者
中原一雄 著
ISBN
9784295016243

ワークショップ感覚で身に付ける写真の全部

2018年に発売して高評価を集めた書籍『写真のことが全部わかる本』を最新のカメラ・写真事情に合わせてリニューアルしました。豊富なイラストや図解も交えながら「何を意識すれば、写真がどう変わるか」をわかりやすく丁寧に解説していきます。カメラやレンズの基礎知識から光や色、構図などの撮影テクニックまで写真を始める上で欠かせない知識を網羅。さらに写真の仕上げに欠かせないRAW現像作法を新たに新章を追加して詳しく解説! 写真をはじめる人が覚えておきたいことをひと通り全部解説する写真入門の決定版となる1冊です。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

著者紹介

中原一雄 
1982年北海道生まれ。化学メーカー勤務を経て写真の道へ。バンタンデザイン研究所フォトグラフィ専攻卒業。広告写真撮影の傍ら写真ワークショップやセミナー講師として活動。写真情報サイトstudio9(すたじお・きゅー)を主宰。ライフワークは写真をより楽しむための情報を発信すること。2021年より北海道に移住して活動中。

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

初級編 
自分だけの視点を持って目の前の世界を切り取ろう! 
1 とにかくシャッターを切ってみよう 
2 構図の意識で写真が見違える 
3 ズームレンズの両端を使いこなそう 
4 視点を変えると見える世界 
COLUMN カメラとレンズのメンテナンス 
 
中級編 
カメラとレンズの仕組みを知ればもっと楽しくうまくなる! 
1 写真の露出って何だ!? 
2 プログラムAEでカメラに指示を出そう 
3 写真の印象を決めるのが露出補正 
4 写真のイメージは色で伝えよう 
5 チャンスを逃さずピントを合わせよう 
6 ボケとシャープを使い分けよう 
7 玉ボケで描く幻想的な風景 
8 光条を加えたキラリと輝く風景 
9 シャッター速度で表現する静と動 
10 レンズ交換に挑戦しよう 
11 広角レンズで表現する遠近感 
12 望遠レンズで狙う密度の高い写真 
13 大口径レンズで表現力を拡張する 
14 仕上がり設定という写真の味付けレシピ 
15 ホワイトバランスでフィルター効果 
16 ドラマチックに変わる光の捉え方 
COLUMN 見直しておきたいカメラ設定 
 
上級編 
プラスワンのアイデアであなたの写真はさらに輝く! 
1 マクロレンズで小さな世界をのぞいてみよう 
2 魚眼レンズで写す広くて不思議な世界 
3 三脚を使わないと撮れない写真がある 
4 フィルターを使って表現の幅を広げよう 
5 NDフィルターを使ったスローシャッター表現 
6 PLフィルターで光の反射をコントロール 
7 フラッシュを使って光をコントロールしよう 
8 光を重ねて作るイメージ写真 
9 豊かな着眼点で日常を切り取る 
10 光と色にこだわった風景写真を撮ろう 
11 夜だけの特別な光で写真を描く 
12 動体の躍動感をカメラで捉える 
13 子どもとの記憶を写真に残そう 
COLUMN データ管理とバックアップ 
 
RAW現像編 
仕上がりが見違える撮影後のワークフロー 
1 RAW現像ソフトの使い方を学ぼう 
2 4つのポイントで目標を決めてからはじめよう 
3 明るさとコントラストで調子を決める 
4 色味と鮮やかさで色調をコントロール 
5 輪郭線の見え方で写真の硬さが変わる 
6 特定の色だけをイメージ通りに調整する 
7 明暗別に色を乗せて写真を演出する 
8 画面の一部だけを指定して調整する 
9 ベース設定や細かな調整でクオリティーアップ 
10 現像作業の順番を考えてみよう

関連書籍

好評発売中

超・鉄道風景撮影ガイド

鉄道風景撮影のパーフェクトガイド

好評発売中

写真で何かを伝えたいすべての人たちへ

写真で表現することの意味を解き明かす

好評発売中

よくばり撮影地ガイド

カメラ持ってゴー! 週末は写真旅

好評発売中

写真がもっと好きになる。改訂版

写真を撮りたいと思う気持ちがいちばん大切

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 21ページ ハイアングルの解説文
    • [誤]
      奥行きをやすいアングル
    • [正]
      奥行きを表現しやすいアングル

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム