徹底攻略Cisco CCNP SWITCH問題集[642-813J]対応

徹底攻略Cisco CCNP SWITCH問題集[642-813J]対応

¥4,200+税

品種名
書籍
発売日
2011/5/19
ページ数
480P
サイズ
A5判
著者
株式会社ソキウス・ジャパン 編著
ISBN
9784844330288

書き下ろしなのでわかりやすい! 新試験「SWITCH(642-813J)」に完全対応

大好評の『徹底攻略CCNP問題集』シリーズから、新試験「SWITCH(642-813J)」に完全対応した対策問題集が登場です!全て著者による書き下ろしなのでわかりやすい!一問一問ていねいに解説しているほか、体系的に学習できるよう問題を構成。解き進めるうちに、自然と合格以上の実力が身に付きます。巻末には試験1回分を想定した総仕上げ問題を掲載。試験を体験しながら最後の力試しを行うことができます。また、なかなか対策が難しい「シミュレーション問題」も多数掲載しているので、試験本番で迷いません。SWITCH受験者必携の一冊です。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

関連書籍

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 60ページ 【VTPドメイン内のスイッチの動作】の表
    • [誤]
      表を削除し、以下の文章に差し替えてください。
    • [正]
      ・サーバモード: VLANの作成・変更・削除を行い、ドメイン内のほかのスイッチへアドバタイズメントを送信し、VLAN設定を同期させる。ドメイン全体へのプルーニングの設定も行う
      ・クライアントモード:ドメイン内のVLAN設定に同期する。VLANの作成・変更・削除は行えない
      ・トランスペアレントモード:アドバタイズメントを転送するが、ドメイン内のVLAN設定には同期しない。ローカルに使用するVLANの作成・変更・削除を行う
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 89ページ 図の下1行目
    • [誤]
      Per VLAN Spanning Tree
    • [正]
      Per VLAN Spanning-Tree Plus
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 89ページ 図の下3行目
    • [誤]
      Per VLAN Rapid Spanning Tree
    • [正]
      Per VLAN Rapid Spanning-Tree Plus
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 95ページ 解答9 解説の下から6行目
    • [誤]
      スイッチBのGi0/1ポート
    • [正]
      スイッチBのFa0/1ポート
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 119ページ 問7 選択肢C 2行目
    • [誤]
      swithcport trunk nativ vlan 99
    • [正]
      ※以下の通り訂正させていただきます。
    • 備考:

       switchport trunk nativ vlan 99

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 125ページ 問20の図
    • [誤]
      VLAN2
    • [正]
      VLAN20
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 134ページ 下から3行目
    • [誤]
      (config-if)#switchport trunk native <vlan-id>
    • [正]
      (config-if)#switchport trunk native vlan <vlan-id>
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 145ページ 解答20の図
    • [誤]
      VLAN2
    • [正]
      VLAN20
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 173ページ 解答17 【Catalyst 4500/6500】の図の下、7行目
    • [誤]
      プロセッサ上のハードウェ
    • [正]
      プロセッサ上のハードウェア
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 185ページ 3つめの見出し
    • [誤]
      ■MIB(Message Information Base)
    • [正]
      ■MIB(Management Information Base)
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 209ページ 【SW2の設定】の下から3行目
    • [誤]
      glbp 1 authentication md5 keystring 123456
    • [正]
      ※以下の通り訂正させていただきます。
    • 備考:

       glbp 1 authentication md5 key-string 123456

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 236ページ  「●オブジェクトトラッキングの有効化」の2行目
    • [誤]
      {lineprotocol | ip routing}
    • [正]
      ※以下の通り訂正させていただきます。
    • 備考:

        {line-protocol | ip routing}

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 239ページ 【HSRPとVRRPの比較】の表の3行3列目
    • [誤]
      1アクティブ、その他すべて…
    • [正]
      1マスター、その他すべて…
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 243ページ 【SW2の設定】の下から3行目
    • [誤]
      glbp 1 authentication md5 keystring 123456
    • [正]
      ※以下の通り訂正させていただきます。
    • 備考:

       glbp 1 authentication md5 key-string 123456

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 243ページ 最終行
    • [誤]
      トラック20のインターフェイス…
    • [正]
      トラック11のインターフェイス…
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 245ページ 解答40、表の6行1列目の項目
    • [誤]
      トランク対象
    • [正]
      トラック対象
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 253ページ 問16 選択肢E
    • [誤]
      インターフェイスFa0/1ではautoモードであるため、すべてのトラフィックがRADIUSサーバで認証され、成功したトラフィックのみ転送される
    • [正]
      インターフェイスFa0/1ではautoモードであるため、すべての認証試行トラフィックがRADIUSサーバで認証され、成功した場合はデータ転送される
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 257ページ 問25、出力の5行目
    • [誤]
      interfacce
    • [正]
      interface
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 272ページ 下から5行目
    • [誤]
      inactive
    • [正]
      inactivity
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 274ページ 解答9の出力 「SecurityViolation」の下
    • [誤]
      z(Count)
    • [正]
      (Count)
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 275ページ 【ポートセキュリティスティッキー設定】の下から3行目
    • [誤]
      restric
    • [正]
      restrict
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 281ページ 解答16 下から2行目
    • [誤]
      すべてのトラフィックがRADIUSサーバで認証され、成功したトラフィックのみ転送されます(D、E)。
    • [正]
      すべての認証試行トラフィックがRADIUSサーバで認証され、認証に成功した場合はデータ転送が可能になります(D、E)。
      この際、ポートのステータスは「authorized」となり、以降認証済みホストからのデータは再度認証されることなく転送が許可されます。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 285ページ 「(2)VACLを作成し、VLANに対する転送条件を指定」の引数の説明1行目
    • [誤]
      VLAN内の行番号。
    • [正]
      VACL内の行番号。
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 289ページ 解説25、【DHCPスヌーピング設定】の出力の4行目
    • [誤]
      DHCP要求を50%にレート制限
    • [正]
      DHCP要求を50ppsにレート制限
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 290ページ 5行目
    • [誤]
      DHCP要求を50%にレート制限していることがわかります
    • [正]
      DHCP要求を50ppsにレート制限していることがわかります
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 330ページ 解答18、下から4行目
    • [誤]
      IEEE 802.1q CoS
    • [正]
      ※以下の通り訂正させていただきます。
    • 備考:

       IEEE 802.1p CoS

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 363ページ 問3の出力
    • [誤]
      SW1#show interfaces Fa0/21 switchport
      Name: Fa0/21
      Switchport: Enabled
      Administrative Mode: dynamic desirable
      Operational Mode: static access
      Administrative Trunking Encapsulation: dot1q Operational Trunking
      Encapsulation: native Negotiation of Trunking: On Access Mode VLAN: 1
      (default) Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
    • [正]
      SW1#show interfaces Fa0/21 switchport
      Name: Fa0/21
      Switchport: Enabled
      Administrative Mode: dynamic desirable
      Operational Mode: static access
      Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
      Operational Trunking Encapsulation: native
      Negotiation of Trunking: On
      Access Mode VLAN: 1 (default)
      Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
    • 備考:

       下から3行の改行の位置が不適切でした。改行位置以外に変更はありません。

    • 【 第2刷にて修正 】
  • 372ページ 【VLAN作成(作業2)の確認】の出力、下から8行目
    • [誤]
      Marketig
    • [正]
      Marketing
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 392ページ 解答4「検証」のSW1とSW2の検証コマンド
    • [誤]
      show ip interfaces brief
    • [正]
      show ip interface brief
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 394ページ 解答4の解説「検証」の1行目
    • [誤]
      show ip interfaces brief
    • [正]
      show ip interface brief
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 398ページ 解答5「検証」の1行目
    • [誤]
      lshow dot1x allまたは…
    • [正]
      show dot1x allまたは…
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 404ページ (1)および(3)のプリエンプトの設定
    • [誤]
      (構文は386ページを参照)
    • [正]
      (構文は394ページを参照)
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 404ページ (2)インターフェイストラックの設定「※2」の1行目
    • [誤]
      SW1(config-if)#
    • [正]
      (config-if)#
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 458ページ 解答37
    • [誤]
      (5)B
    • [正]
      (3)B
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 460ページ 【HSRP/VRRP/GLBPの特徴】の表のGLBPのグループ構成
    • [誤]
      (AG兼AVF可)
    • [正]
      (AVG兼AVF可)
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 461ページ 下から3行目
    • [誤]
      社内WEBサーバへの通信
    • [正]
      社内業務用サーバへの通信
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 467ページ 下から3行目
    • [誤]
      Fa0/12がトランクに
    • [正]
      Fa0/1がトランクに
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 468ページ  「(3)トランクポートの設定」の2行目
    • [誤]
      SwitchA(config-if)#switchport encapsulation dot1q
    • [正]
      SwitchA(config-if)#switchport trunk encapsulation dot1q
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 470ページ 出力のPortの下(4箇所)
    • [誤]
      Fa0/12
    • [正]
      Fa0/1
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 471ページ 2行目
    • [誤]
      show ip interfaces brief
    • [正]
      show ip interface brief
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 471ページ 【ルーティング設定(作業7)の確認】の出力の8行目
    • [誤]
      Gateway of last resort is not set
    • [正]
      Gateway of last resort is 172.17.1.1 to network 0.0.0.0
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 471ページ 【ルーティング設定(作業7)の確認】の出力の最終行
    • [誤]
      ※最終行の後に以下を追加訂正させていただきます。
    • [正]
      D*EX 0.0.0.0/0 [170/41024000] via 172.16.1.2, 00:13:41, FastEthernet0/12
    • 【 第3刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム