新標準HTML5&CSS3辞典

新標準HTML5&CSS3辞典

2,420円(本体 2,200円+税10%)

品種名
書籍
発売日
2012/3/22
ページ数
464P
サイズ
A5判
著者
大月宇美、古籏一浩 著/株式会社ミツエーリンクス 協力
ISBN
9784844331759

ウェブデザインに役立つ実用の一冊! 学習にも最適なHTML5&CSS3辞典

Webコンテンツの基盤技術である「HTML」や「CSS」。本書では、規格の策定が続く「HTML5」と「CSS3」の最新情報を盛り込みつつ、要素や属性、プロパティや設定値などを詳細に解説。従来規格から追加・改訂された部分も可能な限り網羅しています。また、パソコン用とスマートフォン用のWebブラウザ7種10バージョンで動作を検証し、対処方法などにも言及することで、Webコンテンツのクロスブラウザ対応に欠かせない情報も収録。こうした技術を使いこなす必要のあるWebデザイナーやプログラマーにとって、まさに必携の1冊となっています。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

目次

はじめに
本書の読み方
HTML5 とCSS3 とは
 ニーズとともに広がるWeb ブラウザの役割
  コンテンツビューワとしてのWeb ブラウザ
  文書の論理構造を表現するものとして生まれた「HTML」
  装飾の定義を行う「CSS」の誕生
  メディア拡張の要求
HTML の基礎知識
 1 HTML の基本
  要素とタグ
  属性
  文書型宣言
  コメントの記述
 2 要素について
  空要素とタグの省略
  親要素と子要素
  コンテンツによる要素の分類
  本書での要素の分類
  文字参照
  空白や改行の扱い
 3 属性について
  論理属性
  グローバル属性
  イベント属性
  言語タグの指定
  MIME タイプ
  HTML 構文とXHTML 構文
HTML 要素
 基本要素
  1 HTMLドキュメントを表す
  2 ドキュメントについての情報を記述する
  3 ドキュメントのタイトルを示す
  4 ドキュメント内の基準URL を示す
  5 別のドキュメントとのリンクについて設定する
  6 ドキュメント全体の各種情報を表す
  7 ドキュメント内にスタイル情報を含める
  8 スクリプトやデータブロックを記述する
  9 スクリプト非対応でも利用できるようにする
 セクション
  1 ドキュメントのコンテンツ本体を示す
  2 ドキュメントのセクションを示す
  3 リンクを含むコンテンツの集まりを示す
  4 ドキュメントの構成部を示す
  5 補足的な情報のセクションを示す
  6 各セクション内での見出しを示す
  7 セクションの見出しグループを示す
  8 ドキュメントのヘッダー部分を指定する
  9 ドキュメントのフッター部分を指定する
  10 メールやWeb での問い合わせ先情報を示す
 グループ化
  1 段落を示す
  2 段落間の区切りを示す
  3 空白や改行をそのまま表示する
  4 別の情報源からの引用箇所を示す
  5 順序付きリストを作る
  6 箇条書きを指定する
  7 リスト内の各項目を指定する
  8 用語集などの説明リストを作る
  9 説明リスト内で用語や名前とその説明を示す
  10 図や写真コンテンツのグループを示す
  11 複数の要素をまとめて扱う
 テキスト指定
  1 リンクを指定する
  2 強調したい箇所を示す
  3 内容的に重要な箇所を示す
  4 細則や免責事項など注釈的な箇所を示す
  5 すでに正確ではなくなった情報を示す
  6 作品のタイトルを示す
  7 引用や発言を示す
  8 定義の対象としての用語を示す
  9 略語や頭字語を示す
  10 日付や時刻を示す
  11 プログラムのコードや出力例を示す
  12 上付き文字や下付き文字を示す
  13 太字や斜体などで周囲と区別したい箇所を示す
  14 マーカーなどで注目させたい箇所を示す
  15 ふりがな(ルビ)を設定する
  16 文字表記の方向について指定する
  17 複数箇所のテキストなどをまとめて扱う
  18 改行する
  19 単語の途中などで改行可能な位置を示す
  20 あとから挿入や削除した箇所を示す
 埋め込み型
  1 画像を示す
  2 インラインフレームを作成する
  3 外部アプリケーションを指定する
  4 外部リソースを埋め込む
  5 プラグインを設定する
  6 ビデオや映像データを指定する
  7 音声データを埋め込む
  8 複数の再生形式を指定可能にする
  9 映像や音声への文字情報の追加を指定する
  10 スクリプトでキャンバスに図を描く
  11 イメージマップを定義する
  12 イメージマップ内の各領域を示す
 表組み
  1 表を定義する
  2 表のタイトルや説明を示す
  3 表の列をグループ化する
  4 グループ化された列内での列範囲を示す
  5 表のデータ行の範囲を示す
  6 表の見出し行/フッター行の範囲を示す
  7 表の行を示す
  8 表のデータセルを示す
  9 表の項目の見出しセルを示す
 フォーム
  1 フォームを構成する
  2 フォームの項目をグループ化する
  3 フォームの項目にラベルを付ける
  4 フォームに入力用の項目を作る
  5 ボタンを作る
  6 選択用のメニューを作る
  7 メニューの選択肢項目を示す
  8 メニューの項目をグループ化する
  9 選択肢のリストを示す
  10 テキスト入力欄を作る
  11 暗号化の鍵ペアを生成する
  12 計算結果を示す
  13 タスクの進捗度を示す
  14 範囲内での測定値を表す
 インタラクティブ
  1 操作について追加情報や手段を与える
  2 ユーザーが実行可能なコマンドを示す
  3 メニューコマンドの一覧を示す
CSS の基礎知識
 1 CSS の基本
  CSS の記述方法
  プロパティと値
  コメントの記述

 2 CSS の適用方法
  ① CSS ファイルとして保存し、HTML ドキュメントから参照する
  ② HTML ドキュメントのstyle 要素内に記述する
  ③ HTML ドキュメント内で要素のstyle 属性を使って指定する
  CSS ファイル内に、別のCSS ファイルを読み込む(@import ルール)
  スタイルが適用される優先順位
  スタイルの適用先について
 3 セレクタの種類
  単体セレクタとセレクタの組み合わせ
  疑似クラス
  構造的疑似クラス
  疑似要素
 4 本書でのプロパティの分類
  ベンダープレフィックスについて
 5 値の指定
  初期値
  継承
  指定できる値
  キーワード
  長さのサイズ値(サイズの指定)
  パーセント値
  数値
  角度
  時間
  URL
CSS プロパティ
 色と背景・囲み線
  1 色や透明度を指定する
  2 背景について指定する
  3 囲み線(罫線)を指定する
  4 囲み線の角丸を指定する
  5 画像で飾り罫線を指定する
  6 影付きのボックスを指定する
 ボックス
  1 要素ボックスの表示形式を指定する
  2 パディング(周囲の空き)を指定する
  3 マージン(余白)を指定する
  4 幅や高さを指定する
  5 幅や高さの境界値を指定する
  6 回り込みを設定する
  7 内容のあふれ部分について指定する
  8 要素のボックスを表示しない
 フォント
  1 フォントの種類や見た目を指定する
  2 Web フォントを利用する
  3 フォント特有の機能を利用する
 テキスト
  1 文字を大文字/小文字、全角へ変更する
  2 空白や禁則処理、折り返しについて指定する
  3 行内の配置について指定する
  4 単語や文字の間隔を広げる
  5 字下げなどのインデントを指定する
  6 文字の飾り線について指定する
  7 文字飾りの影を付ける
 段組みとフレキシブルボックス
  1 段組みを指定する
  2 段の間隔や境界線について指定する
  3 段の区切りや結合を指定する
  4 フレキシブルボックスを利用する
  5 フレキシブルボックス内での配置や順序を指定する
 変形・遷移・アニメーション
  1 要素を2D 変形する
  2 要素を3D 変形する
  3 要素変化(遷移)のアニメーションを指定する
  4 要素のアニメーションを設定する
 その他
  1 箇条書き(リスト)のスタイルを設定する
  2 グラデーションを設定する
付録
 付録1 HTML5 で廃止された要素と追加された要素一覧
  HTML5 で廃止された要素の一覧
  HTML5 で追加された要素一覧
 付録2 HTML5 のコンテンツ分類一覧
  コンテンツ分類一覧
  各コンテンツ分類に含まれる要素一覧
 付録3 HTML5 およびCSS3 の各仕様のWeb サイト一覧
  仕様のWeb サイト一覧
インデックス
 HTML5 要素
 HTML5 属性
 CSS3 プロパティ
 用語

関連書籍

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム