できるGmail

できるGmail

¥1,280+税

品種名
書籍
発売日
2012/3/26
ページ数
200P
サイズ
B5変型判
著者
渥美祐輔・畑岡大作&できるシリーズ編集部
ISBN
9784844331865

基本操作はもちろん、「メールの振り分け」や「送信取り消し」など、知っておくと役立つ機能もくまなく紹介!

「これからGmailを始めたい」「もっとGmailを使いこなしたい!」という方に最適なGmailの入門書。Googleアカウントの取得方法から、基本的な操作方法を丁寧に紹介しているので、無理なく学べる! メールの振り分けやラベル、優先トレイなど、メールを整理するコツも網羅。そのほかに、デザインやフォントの変更、新着メールの通知、送信取り消しなど、Gmailを使いやすくする機能もくまなく紹介! 巻末の用語集では、「ラベル」「アーカイブ」「スター」などのGmail独自機能を分かりやすく解説。AndroidやiPhoneなどのスマートフォンでGmailを操作する方法も付録で解説。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

■ページイメージ



■著者プロフィール
渥美祐輔(あつみ ゆうすけ)
アユダンテ株式会社、SEOコンサルタント。
ファームウェアのエンジニアを経て、2006年よりアユダンテ株式会社に入社。大規模Webサイトから小規模WebサイトまでBtoB、BtoC問わず幅広いジャンルでのSEOコンサルティングに携わる。また、生ログやGoogle Analyticsを使用してのアクセス分析を多数手がける。『できるポケット グーグルGoogleの便利ワザ 160』(共著)『できるポケット Google スマートに使いこなす 基本&活用ワザ 180[グーグルの便利ワザ160 改訂新版]』(インプレスジャパン)などを執筆。
畑岡大作(はたおか だいさく)
アユダンテ株式会社、マークアップエンジニア。
モバイルサイトの運営アシスタントからパソコン向けWebサイトの運営・制作までを経て、2008年よりアユダンテ株式会社に入社。現在はHTML+CSSのマークアップエンジニアとして、SEOコンサルティングの一環であるHTMLテンプレート作成、および自社サイトの運営から制作まで携わる。著書に『できるポケット グーグルGoogleの便利ワザ 160』(共著:インプレスジャパン)がある。

目次

まえがき
できるシリーズの読み方
目次
パソコンの基本操作

第1章Gmailを始めよう
レッスン1Webメールを知ろう<Gmail>
レッスン2Gmailの特徴を理解しよう<Gmailの特徴>
レッスン3Gmail以外のGoogleのサービスを知ろう<Googleのサービス>
レッスン4Googleアカウントを作成するには<Googleアカウント>
テクニックプロフィルの公開情報を設定する
レッスン5Gmailにログイン/ログアウトするには<ログイン/ログアウト>

第2章 メールを効率よく作成しよう
レッスン6メールを作成/下書きするには<作成/下書き>
レッスン7あて先にCc/Bccを追加するには<Cc/Bcc>
テクニックBccにメールを送信すると、受信した相手はどう見えるの?
レッスン8メールにファイルを添付するには
テクニック複数のファイルを添付する
レッスン9メールに署名を付けるには<署名>
レッスン10メールを装飾するには<リッチテキスト>
テクニックメールに絵文字を挿入する
レッスン11メールを送信するには<送信>
テクニック送信済みのメールを確認する
レッスン12メールの送信を取り消すには<送信の取り消し>
この章のまとめ

第3章 受信したメールを読もう
レッスン13受信したメールを読むには<受信>
テクニックメールの詳細情報を確認できる
レッスン14メールに添付されたファイルをダウンロードするには<ダウンロード>
テクニックGoogleドキュメントでファイルを編集できる
レッスン15メールを既読にするには<既読>
テクニックショートカットキーでスマートに操作できる
レッスン16読み終わったメールをアーカイブに移動するには<アーカイブ>
レッスン17受信したメールを印刷するには<印刷>
テクニックスレッドをすべて印刷する
この章のまとめ

第4章メールを返信しよう
レッスン18メールを返信するには<返信>
テクニック受信したメールを全員に返信する
レッスン19メールを転送するには<転送>
テクニック「返信」と「転送」の違い
テクニックキーボードショートカットキーを確認する
レッスン20メールのやりとりを表示するには<スレッド>
レッスン21メールを検索するには<検索>
レッスン22定型文を作成するには<定型文>
この章のまとめ

第5章連絡先を効率よく使おう
レッスン23連絡先を追加するには<連絡先の追加>
レッスン24連絡先のデータを取り込むには<インポート>
テクニックOutlook Expressで連絡先のデータを出力する
レッスン25連絡先を編集するには<連絡先の編集>
テクニック削除してしまった連絡先を復元する
レッスン26連絡先に写真を登録するには<画像を追加>
レッスン27自分のメールアドレスに写真を登録するには<画像>
テクニック「○○さんからGoogle画像が届いています」が届いたときは
テクニック自分の画像はどこまで公開されるの?
テクニック特定の連絡先のメール一覧を表示する
レッスン28連絡先を使ってメールを送るには<連絡先からの送信>
テクニック連絡先を登録しておくと、連絡先候補が表示される
レッスン29グループを作成して連絡先を分類するには<グループ>
この章のまとめ

第6章メールを整理しよう
レッスン30メールにラベルを付けるには<ラベル>
テクニックラベルに好きな色を設定しよう
テクニック画面左のリスト項目の表示を変更できる
レッスン31ラベルの付いたメールを表示するには<ラベルの表示>
テクニックラベルをさらに絞り込んで検索する
レッスン32ラベルを階層化するには<ラベルの階層>
レッスン33メールに目印を付けるにはⅠ<重要マーク>
テクニック重要マークの精度を上げてGmailを使いやすくしよう
レッスン34メールに目印を付けるにはⅡ<スター>
レッスン35メールを自動で振り分けるには<フィルタ>
レッスン36迷惑メールの設定と解除を行うには<迷惑メール>
レッスン37メールを削除するには<削除>
この章のまとめ

第7章画面を見やすくしよう
レッスン38受信トレイを見やすくするには<優先トレイ>
テクニック重要なメールを上位に表示する
テクニック該当するメールがないときにセクションを非表示にする
レッスン39画面の見ためを変更するには<テーマ>
テクニック[ランダム]ってどんなテーマ?
テクニック地域や時間でテーマが変わる
レッスン40画面の文字を大きくするには<フォントサイズ>
テクニックGoogle Chromeのテーマを変更する
レッスン41メールの一覧から本文を非表示にするには<プレビュー>
レッスン42メールを開かずに読むには<プレビューパネル>
レッスン43自分あてのメールに印を付けるには<インジケータ>
レッスン44広告を非表示にするには<ウェブクリップ>
テクニックユーザーが関心のある広告を表示しないようにする
この章のまとめ

第8章便利な機能を使ってみよう
レッスン45Gmail以外のメールアドレスを追加するには<POP3メールアカウントの追加>
レッスン46Gmailのメールアドレスを追加するには<メールアドレスを追加>
テクニック1つのアカウントで別のメールアドレスを使える
レッスン47OutlookなどのメールソフトでGmailを受信するには<Outlook>
テクニックOutlook 2010でアカウントを設定し直す
レッスン48ほかのメールアドレスに自動的に転送するには<メール転送>
テクニック転送を中止するには
テクニックフィルタを利用してメールを転送する
レッスン49ToDoリストを作成するには<ToDoリスト>
レッスン50自分の状況を表示するには<ステータス>
レッスン51メールの受信を通知するには<デスクトップ通知>
テクニックメールが通知されないときは
レッスン52オフラインでGmailを確認するには<オフライン>
テクニック不在であることを相手に伝える
レッスン53Gmailでチャットするには<チャット/ビデオチャット>
レッスン54不在通知を送信するには<不在通知>
レッスン55Googleカレンダーに登録した予定をメールで知らせるには<Googleカレンダー>
レッスン56メールで招待されたイベントに参加するには<招待>
テクニック招待状を送って予定を共有する
この章のまとめ

付録1スマートフォンでGmailを使いこなす
付録2Google Chromeをインストールするには
付録3お気に入りをブックマークに登録するには

用語集
索引
本書を読み終えた方へ
読者アンケートのお願い

関連書籍

近日発売

できるfit Slack&Zoom&Trello テレワーク基本+活用ワザ

3つのツールで在宅勤務を快適に! 入門書の決定版

好評発売中

できるポケット Outlook 2019基本&活用マスターブック Office 2019/Office 365両対応

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム