Unreal Engine 4の歩き方

Unreal Engine 4の歩き方

¥1,500+税

品種名
電子書籍
発売日
2015/4/17
ページ数
126
サイズ
62MB
著者
出村 成和 著
ISBN
978-4-8443-3810-9

Unreal Engine 4を手に入れて今すぐゲーム開発に飛びこもう!

GDC 2015で事実上の無料化が宣言された話題のゲームエンジン「Unreal Engine 4」。100ページちょっとで手軽にサクッと読める一冊です。インプレス直販の限定特典として、解説内容のバージョンアップ保証を実施。追加機能や画面デザインの変更が発生しても安心して開発できます!(保証期間はメジャーバージョンアップ2回分を予定)

※ この商品はオンデマンド印刷版があります。Amazon PODからお買い求めいただけます。

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

直販電子版アップデート情報(2015/6/19更新)

2015/9/29:UE4.9対応

UE4.9では、モバイルの対応強化をはじめに、各種シェーディング、パーティクル、VR 機器、ブループリント、サウンドなど幅広くの機能追加や強化が行われています。

※ バージョンアップは直販電子版限定のサービスです

著者プロフィール

出村 成和

フリーランスプログラマー。主にC、C++、アセンブラがメインでいろいろと活動中。PS1、PS2を中心にゲーム開発に携わっていた時期がある。Oculus RiftなどのVR環境を使ってソフトを作ろうかと画策中。

目次

はじめに

第1章 Unreal Engine 4とは
 1.1 Unreal Engine 4ってどんなソフト?
 1.2 得意なジャンル、不得意なジャンル
 1.3 契約について

第2章 ゲーム開発の流れが変化する
 2.1 誕生した背景
 2.2 業種間の壁
 2.3 制作プラットフォームとしてのUE4

第3章 機能一覧
 3.1 機能概要
 3.2 プログラミング
 3.3 できないこと
 3.4 物理ベースレンダリング

第4章 レベル設計
 4.1 レベルの作成
 4.2 指定可能な機能
 4.3 ポストプロセスエフェクト
 4.4 スタティックメッシュ

第5章 マテリアル
 5.1 マテリアルとは
 5.2 基本パラメータ
 5.3 シェーディング

第6章 キャラクター
 6.1 必要なデータ
 6.2 アニメーション
 6.3 キャラクターデータをインポートする
 6.4 豊富なアニメーション制御

第7章 コリジョン
 7.1 コリジョンの形状設定
 7.2 コリジョン反応
 7.3 イベント

第8章 プログラミング
 8.1 実装済みの処理
 8.2 2つのプログラミング環境
 8.3 ブループリントとC++の使い分け
 8.4 ソースコード管理
 8.5 カメラ

第9章 パーティクル
 9.1 パーティクルの用途
 9.2 作成・編集方法

第10章 サウンド
 10.1 BGMを再生する
 10.2 SEを再生する
 10.3 臨場感を高める

第11章 PhAT
 11.1 3Dモデルに沿ったコリジョン
 11.2 編集方法

第12章 GUI
 12.1 UMGでできること
 12.2 その他の便利な機能

第13章 その他の機能
 13.1 マチネ
 13.2 ビヘイビアツリー
 13.3 プラグイン
 13.4 マーケット
 13.5 ソースコード公開

第14章 学習方法
 14.1 チュートリアルビデオを観る
 14.2 サンプルプロジェクトを実行する
 14.3 困った時は

関連書籍

好評発売中

Unity 5 ゲーム開発はじめの一歩(Think IT Books)

ゲームを開発しながらUnity 5の基本操作と機能がわかる!

好評発売中

Game Programming Patterns ソフトウェア開発の問題解決メニュー

開発経験に基づくパターン実践の極意!

好評発売中

ユニティちゃんではじめるUnityゲーム開発(Think IT Books)

ユニティちゃんと一緒にゲーム開発を体験しよう!

好評発売中

Kinect v2 プログラミング入門(Think IT Books)

Visual Basicで構築するセンサーアプリ集Unity連携でモーションキャプチャも実現できる!

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

現在のところ、本製品に正誤情報はありません。

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム