徹底攻略Java SE 8 Gold問題集[1Z0-809]対応

徹底攻略Java SE 8 Gold問題集[1Z0-809]対応

¥3,600+税

品種名
書籍
発売日
2016/10/14
ページ数
464
サイズ
A5判
著者
米山 学 著/株式会社ソキウス・ジャパン 編
ISBN
9784295000037

教科書を超えた解説!1Z0-809に完全対応!

全369問収録!!Javaプログラマ試験対策書では鉄板の問題集【徹底攻略・黒本】が、SE 8 Gold(1Z0-809)に対応して登場!教科書・テキストを凌駕する【超詳細解説】で、本書1冊で合格のための学習がしっかりできます。本番の試験と同じ構成・問題数で作られた【総仕上げ問題】も2回分を収録!(※紙面×1回/Webダウンロード(PDF)×1回)Goldを目指す人は必携です!

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

【先着順】JavaプログラマGold試験対策無料セミナーを開催します!

徹底攻略 問題集の著者が1Z0-809 Gold試験のポイントを徹底解説!
日本オラクル社の岡田大輔氏(試験監修者)からもお話が聞けます!

[日時・場所]2016年12月10日(土)13:30~ 都内にて(日本オラクル本社内)
[参加申し込み]https://atnd.org/events/83575

著者プロフィール

◎ 米山 学(よねやま・まなぶ)

20代半ばに独学でプログラミングやデータベースなどのIT技術を習得し、建築関係の仕事から転身。プログラマ、SEとしてさまざまなシステム開発に携わった後、システム開発と技術教育を専門とする会社を立ち上げ、当時まだ始まったばかりのLPIC資格試験の普及にも努める。その後会社を離れ、現在はフリーランスとして企業研修の講師と書籍の執筆をメインに活動中。
専門はJavaやC#などを中心としたプログラミングとオブジェクト指向分析・設計、Webアプリケーション開発など。10種類以上のプログラミング言語を使いこなすことができ、データベースからネットワーク、サーバー構築、最近では仮想化やクラウド技術、ビッグデータ処理やNoSQL DB、機械学習までありとあらゆるIT技術を対象にLinuxサーバーに接続して実際にコマンドを打ったり、プログラムを書いて動かしたりすることで「体で覚える」実践的なワークショップ形式の研修を実施している。
仕事以外では音楽、読書、映画、玉撞き、登山、トレランなど多趣味、現在はフリークライミングに専念し、数年前から年間の約3分の1は海外クライミングに遠征している。

目次

第1章 Javaクラスの設計
第2章 コレクションとジェネリクス
第3章 ラムダ組み込み関数型インタフェース
第4章 Stream API
第5章 例外とアサーション
第6章 日付/時刻API
第7章 Java I/O
第8章 並行性
第9章 JDBCによるデータベース・アプリケーションの作成
第10章 ローカライズ
第11章 総仕上げ問題

関連書籍

好評発売中

徹底攻略 Java SE 8 Silver問題集[1Z0-808]対応

Java SE 8 Silver取得を目指すなら必携の1冊!

好評発売中

徹底攻略 ORACLE MASTER Bronze DBA 12c 問題集  [1Z0-065]対応

しっかり知識が身に付く“学べる問題集”。

好評発売中

徹底攻略 Java SE 7/8 Bronze 問題集 [1Z0-814]対応

最新のJava SE 7/8 Bronze試験に完全対応!

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 42ページ 解答8:p42の1つ目のソースコード:行番号11のコメント
    • [誤]
      //trueの場合
    • [正]
      //xとyの比較結果がtrueの場合
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 42ページ 解答8:p42の1つ目のソースコード:行番号16のコメント
    • [誤]
      //trueの場合
    • [正]
      //xとyの比較結果がfalseの場合
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 49ページ 「参考」の下から2行目
    • [誤]
      staticメンバーからインスタンス変数を……
    • [正]
      インスタンス変数からstaticメンバーを……
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 51ページ 解答11:【例】「forNameメソッドでクラスを明示的にロード」
    • [誤]
      1行目に「正」欄の内容を追加し、以降の行番号を2~16とします。
    • [正]
      1. package q11;
      2.
      3. public class ClassLoadExample {
      以下省略
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 75ページ 解答25:【例】「利用側」の行番号12
    • [誤]
      System.out.println(size); // -> 5
    • [正]
      System.out.println(size.getValue()); // -> 5
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 75ページ 解答25:【例】「利用側のコード」(ページ下部):行番号12
    • [誤]
      System.out.println(size); // -> 0
    • [正]
      System.out.println(size.getValue()); // -> 0
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 118ページ 問題3:選択肢D
    • [誤]
       
      interface Foo {
      static void x()
      void y();
      }
       
    • [正]
       
      interface Foo {
      static void x(){}
      void y();
      }
       
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 171ページ 解答21:メソッド定義の下の段落の2〜5行目
    • [誤]
      ・・・が、キーがMapオブジェクト内に存在する場合には、このBiFunctionオブジェクトは使用されません。しかし、キーがMapオブジェクト内に存在しないか、もしくは存在していたとしてもnullの場合には、このBiFunctionオブジェクトの戻り値をそのキーの値としてセットします。
       
    • [正]
      ・・・が、キーがMapオブジェクト内に存在しないか、もしくは存在していたとしても値がnullの場合には、このBiFunctionオブジェクトは使用されません。しかしキーがMapオブジェクト内に存在し、かつ値がnullでない場合には、このBiFunctionオブジェクトの戻り値をそのキーの値としてセットします。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 222ページ 問題12:2番目のソースコード
    • [誤]
      下図を参照。
    • [正]
      行番号11~18、行番号20~27をそれぞれ1つのプログラムとします。【誤】の20行目以降は、19行目以前とは別のプログラムとなり、行番号が11からに変わります。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 247ページ 解答11:【例】のキャプション
    • [誤]
      ファイルへのオブジェクトの読み取り(Desealize:復元)
    • [正]
      ファイルからのオブジェクトの読み取り(Desealize:復元)
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 364ページ 問題12:2番目のソースコード:行番号12
    • [誤]
      doIt();
    • [正]
      doIt(1);
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 377ページ 問題26:選択肢D
    • [誤]
       
      Monitoring...
      Unable to monitor.
      Filter closed.
      Monitor closed.
       
    • [正]
       
      Monitoring...
      Filter closed.
      Monitor closed.
      Unable to monitor.
       
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 382ページ 問題32:1番目のソースコード:行番号11
    • [誤]
      return id + ":" + qty;
    • [正]
      return "Sales[id:" + id + ", qty:" + qty + "]";
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 382ページ 問題32:選択肢D
    • [誤]
      Sales[id:4:, qty:40]
    • [正]
      Sales[id:4, qty:40]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 402ページ 問題65のソースコード
    • [誤]
      ※下図を参照。
    • [正]
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 409ページ 問題74:3番目のソースコードの12行目と15行目
    • [誤]
       
      【12行目】
      Optional<Mobile> m = Optional.ofNullable(mobile);
      【15行目】
      String mNumber = person.getMobile()
        .isPresent() ? m.get().getNumber() : "Mobile not available";
       
    • [正]
       
      【12行目】
      Optional<Mobile> m = Optional.ofNullable(mobile); // line n1
      【15行目】
      String mNumber = person.getMobile()
        .isPresent() ? m.get().getNumber() : "Mobile not available"; // line n2
       
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 425ページ 解答8:第4段落の2行目
    • [誤]
      ・・・結果として「6 9」が表示されます。
    • [正]
      ・・・結果として「6 9」が表示されます(ただし、表示順序は保証されません)。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 434ページ 解答26:第1段落の4行目
    • [誤]
      ・・・「Unable to monitor.」が表示されます。
    • [正]
      ・・・「Unable to monitor.」が表示されます(最後に表示されます)。
    • 【 第2刷にて修正 】
  • 436ページ 解答32:【例】「実行結果」の次の段落:1行目
    • [誤]
      ……Sales[id:4, qty:30]オブジェクトが
    • [正]
      ……Sales[id:4, qty:40]オブジェクトが
    • 【 第2刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム