かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成29年度

かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成29年度

¥1,280+税

品種名
書籍
発売日
2016/11/17
ページ数
432
サイズ
A5判
著者
五十嵐 順子 著/ラーニング編集部 著
ISBN
9784295000174

はじめての受験でも安心の教科書。

「基本情報技術者試験をはじめて受験するのだけど…短い時間で、最小の努力で、なんとか合格したい!!」という受験初心者の声を受けて作りました!難しい単語はやさしい言葉に置き換えて、出題頻度の高いものに絞って覚えやすく解説。ITが苦手な人でも最後まであきらめずに学習できます。スマホやタブレットでも読める【全文電子版(PDF)】と、電車の中などでも気軽に勉強できる【スマホ単語帳アプリ「でる語句200」】も無料でダウンロードできます!
スマホアプリが新しくなりました!
このページの【 ★ 特典 】ボタンから利用できます。
利用方法など詳しくは コチラ

「読者アンケートに答える」「読者プレゼントに応募」の場合もこちらをご利用ください。

アンケートに答える

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

学校・法人一括購入に関するお問い合わせはこちらへ。

一括購入窓口

詳細

著者プロフィール

五十嵐 順子(いがらし・じゅんこ)
兵庫県生まれ。神戸大学国際文化学部卒業後、NTT コムウェアに入社。落ちこぼれの新人時代を経て、女性では珍しいIT インフラ系技術者として活躍。多数のPJ 経験後、異業種のベンチャー企業へ転職しシステム部門トップを務める。現在は独立し、企業研修を中心に若手エンジニアの人材育成に携わる。1万人以上を指導し、年間登壇数は150を超える。著書に、『いちばんやさしいネットワークの本』(技術評論社刊)がある。
著者Webページ http://igajun.com

ページイメージ

クリックすると大きい画像でご覧いただけます

目次

巻頭特集 基本情報技術者攻略ガイド
第1章 ハードウェア
第2章 ソフトウェア
第3章 コンピュータで扱うデータ
第4章 アルゴリズムとデータ構造
第5章 システム開発
第6章 コンピュータシステム
第7章 ネットワーク
第8章 データベース
第9章 セキュリティ
第10章 マネジメント
第11章 情報化と経営

関連書籍

好評発売中

徹底攻略 データベーススペシャリスト教科書 平成30年度

圧倒的な詳しさ!DB対策テキストの決定版!

好評発売中

徹底攻略 情報処理安全確保支援士教科書

新試験セキスペを徹底分析して書き下ろし!

好評発売中

徹底攻略 情報セキュリティマネジメント過去問題集 平成29年度秋期

ベテラン講師が過去+模擬計6回分を全問解説

好評発売中

かんたん合格 ITパスポート過去問題集 平成29年度秋期 CBT対応

売上No.1、iパス過去問題集の決定版!

特典

本製品にはご購読の読者様がご利用できる「特典」サービスがついています。お手元に本製品を用意し、「特典を利用する」ボタンから画面の指示に従ってお進みください。

特典を利用する

ダウンロード

本製品の読者さまを対象としたダウンロード情報はありません。

お詫びと訂正

誤記のためにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

  • 35ページ 「●ライトスルー方式」の説明の2行目
    • [誤]
      書込みは高速化できませんが、読出しは速くなります。
    • [正]
      書込みは高速化できませんが、キャッシュメモリと主記憶の内容が常に一致します。
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 35ページ 「●ライトバック方式」の説明の3行目
    • [誤]
      データの書込みは高速化できますが、読出しに時間がかかることがあります。
    • [正]
      データの書込みは高速化できますが、キャッシュメモリと主記憶の内容が一時的に不一致になります。
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 46ページ 上段の【試験にチャレンジ】内、「解説」の5行目
    • [誤]
      9,000÷4,000=2.5
    • [正]
      9,000÷4,000=2.25
      ※補足:「2.25」を切り上げても「3」となるため、設問の解答自体に変更はありません。
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 100ページ 本文の下から6行目
    • [誤]
      仮数部の有効桁数が4桁ならば、
    • [正]
      そのビット数が(指数部の設定により、仮数部では)小数点以下4桁まで表せるならば、
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 103ページ 「●桁あふれ」の説明の2行目
    • [誤]
      ビット数の最大値を上回る桁あふれをオーバフロー、最小値を下回る桁あふれをアンダフローといいます。
    • [正]
      ビット数の最大値を上回る桁あふれをオーバフロー、小数を表すときに絶対値が0に近すぎて細かい部分を正しく表現できなくなることをアンダフローといいます。
    • 【 第3刷にて修正 】
  • 298ページ 本文の下から3行目
    • [誤]
      推移的関係従属
    • [正]
      推移的関数従属
    • 備考:

       ※「係」→「数」に訂正致します。

    • 【 第3刷にて修正 】
  • 341ページ 本文の上から2行目
    • [誤]
      通信相手からの申請に基づいて
    • [正]
      本人からの申請に基づいて
    • 【 第3刷にて修正 】

お問い合わせ

書籍の内容に関するお問い合わせはこちら。お答えできるのは本書に記載の内容に関することに限ります。

お問い合わせフォーム